【パチスロ超GANTZ】超ガンツRUSH突入も345枚だったが、ART終了画面が高設定示唆!?

シリーズ名
MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜 (毎週月曜日更新)
話数
第110回
著者
大和
早いもので、1人暮らしを始めてから約半年が経ちました。37歳にもなってこんなことを書くのは恥ずかしいのですが、当初は洗濯機を回したこともなければお米の炊き方も知らない。トイレ掃除なんかしたこともなかったし、洗濯物をたたむことすら初めての経験という、世に解き放ってはいけないタイプの人間でした。

すぐにホームシックにもなり、最初の2週間くらいは結構な頻度で実家に帰ってましたねぇ…。実家のありがたみっていうのを、この歳になって痛いほど感じました。

ところが慣れっていうのは恐ろしいもので、そんな自分でも洗濯物を回して服をたたみ、お米を炊いでトイレ掃除まで綺麗にこなせるようになりました。半年前までは想像もできませんでしたよ…。

もっとも、今だに料理はからっきしで、普通の人から見たら家事もまだまだ雑。レベル0からレベル1に上がったくらいなものなんですけどね。

それでも、色々と覚えていくと、案外家事も楽しいんだなって思えてきました。

人生は何事も経験です。まだ実家から出たことがない方がいれば、是非ともチャレンジしてみるといいかもですね。まぁ、36年間も実家から出なかったお前が言うなって話ですが(汗)。


そんな成長スピードが一般人の1/2くらいの大和が送る「MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜」。

今回は5.9号機で初となる差枚数管理型ARTを搭載した「パチスロ 超GANTZ」にてミッションクリアを目指します!


ミッションの内容は以下の通り。

【今回のミッション】
[1] (超)ガンツRUSHで500枚以上の上乗せ
[2] 超GANTZ絵柄揃いを引く
[3] エンディング到達

そしてミッション達成報酬&ペナルティがこちら。

【達成報酬&ペナルティ】
ミッションコンプリート
└原稿料50%アップ
ミッション達成数2
└原稿料10%ダウン
ミッション達成数1
└原稿料20%ダウン
ミッション達成数0
└原稿料30%ダウン


「GANTZ」と言えば、言わずと知れた大人気漫画。「BOYS BE…」「ふたりエッチ」と並び、世の男子達を成長させた「3大教科書的漫画(あくまで大和調べ)」と言っても過言じゃありません。

そして、「GANTZ」は自分がパチスロを始めた頃に連載がスタートした漫画なんですよね。あの頃から比べたら、自分も成長したもんですよ。…まぁ、何が成長したのかはよくわかりませんが(苦笑)。


そんなこんなで(?)早速打っていくことにしましょう!

「パチスロ 超GANTZ」はARTが出玉増加のメイン契機となるので、まずはART当選を目指して打っていくことになります。ART当選ルートはCZクリア・転送モード中の抽選・直撃ART・確定役成立と複数のルートが存在。確定役、特に上位の上乗せ特化ゾーンが確定する超GANTZ絵柄揃い(1/7282)が引ければベストですが、ART突入のメインはCZクリアor転送モード中の抽選となります。

あわよくば確定役、特にミッションにもなっている超GANTZ絵柄揃いを! それは無理でも、何とか早めにARTに突入させたい! と気合を入れて打っていったところ…

(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社


最初のチャンスは200G過ぎに訪れたCZ。CZは背景の色でART期待度を示唆しているのですが、なんと最もアツい赤背景スタートというビッグチャンスが到来!

(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社


揃えばART確定となる奇数がテンパイして…

(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社


当然のごとく大当たり! 1絵柄が揃い、幸先の良いスタートを切ることができました。

いつもは序盤からヒィヒィ言わされてますからね。今日の自分はいつもと違う…そんな予感をビシバシと感じます。

ちなみにART初当たり時は「点数」が表示され、100点以下なら上乗せ特化ゾーン「ガンツRUSH」、100点なら上位の上乗せ特化ゾーン「超ガンツRUSH」からスタートします。後者なら平均400枚オーバーのスタートに期待できるのですが、その突入率は約30%とあっさり引けそうな数値。

特にいつもと違う(と思い込んでいる)今日の自分なら、当然この初当たりARTがあっさりと…

(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社


普通のガンツRUSHでした。うんうん、全くもって平常運行ですね。

(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社


本当いつもこうだよ…と愚痴りながらも何とか3桁の差枚数を獲得し、早速ARTへ。


ここからは差枚数上乗せを目指していくのですが、重要なのはART中のCZと、転送絵柄揃いで突入する「GANTZ:Oバトル」、そして「ぬらりひょんバトル」の3つ。これらに成功(勝利)すれば上乗せ特化ゾーンに突入し、大量上乗せ獲得のチャンスとなります。

また、レア役成立時は直乗せやCZの突入率に影響するモードアップ抽選が行なわれるので、ここら辺のヒキも重要になります。

初期差枚数が100枚と心もとない枚数だったので、とにかく早めに上乗せをゲットしたいと願いながら打っていると…

(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社


ART中最初のチャンスは「ぬらりひょんバトル」という形で訪れました。

液晶には「勝利すれば100点」との表記が。100点ってことは「超ガンツRUSH」確定なのかな? 初打ちなので疑問符だらけで消化していると…

(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社


これがまさかのあっさり勝利。特に強いレア役を引いたわけでもないのになんでだろう…? とは思ったのですが、勝利は勝利ですからね。

そしてこれが100点獲得ということで…

(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社


はい、超ガンツRUSHに突入してくれました。ちょっとドキドキしましたが、初当たりでもART中でも、100点=超ガンツRUSHみたいですね。

それはともかく、やっぱり今日の自分はいつもと違うような気がします!

さぁ、そしてミッション[1]の「(超)ガンツRUSHで500枚以上の上乗せ」クリアが賭かった大事な局面。平均上乗せが400枚なんで、500枚上乗せなんてどうってことないわっ!







(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社


はい、345枚。いつも通り、ほんのり波が立つくらいのヒキしか見せることができませんでした…。

(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠 総発売元/フィールズ株式会社


この後は超ガンツRUSHにこそ突入しなかったものの、ガンツRUSHでの枚数上乗せに成功し一撃1000枚オーバーを達成。しかも、ART終了画面は高設定期待度アップのバニー(1回出たくらいじゃ過信は禁物ですが…)だったので、まだまだやれそうな感はあります。

果たして、朝イチ感じた「いつもと違う」という予感はやっぱり気のせいだったのか? それとも、この後に劇的なドラマが待っているのか?

続きは来週の後半コラムにて!!