【鬼若弁慶】逆押しで3連弁慶停止がたまらない!さらに自動停止という機能が意外と面白い!?

シリーズ名
MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜 (毎週月曜日更新)
話数
第109回
著者
大和
前回のコラムでも告知させていただきましたが、先日やっとのことでプレゼント抽選会を行なわせていただきました。

当選者は以下の方々です。

【8月分当選者】
ペンネーム「アーンドレー」さん
ペンネーム「U」さん
ペンネーム「赤どんちゃん」さん

【12月分当選者】
ペンネーム「ひめや」さん
ペンネーム「愛知の兄弟(兄)」さん
ペンネーム「万年養分」さん

お待たせして申し訳ありませんでした。

それから、抽選会のツイキャス中に告知したプレゼントの抽選も行なわせていただきました。

当選者は…


ペンネーム「ゆうき1015」さん!

おめでとございます!

賞品は順次発送させていただきますが、ツイキャスでも話した通り時間を要するモノもありますので、そこら辺はどうかご了承ください!


さて、2回分のプレゼント代で「プレゼント貧乏」に陥りそうな大和が送る「MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜」ですが、なんと今回はボーナス回!

このコラムの担当編集さんに「プレゼントでの出費もあるので、今回はミッションを優しくして欲しい」「好きな機種を打たせて欲しい」と生まれたての子犬のような目で懇願したところ、珍しくOKが!

ということで、今回は自分が担当ライターを務めるノーマルタイプ「鬼若弁慶」で堅実にミッションクリアを目指します!


ミッションの内容は以下の通り。

【今回のミッション】
[1] 勝利する
[2] 自動停止→3連弁慶絵柄(顔目)停止を動画撮影
[3] 2000枚以上出す

そしてミッション達成報酬&ペナルティがこちら。

【達成報酬&ペナルティ】
ミッションコンプリート
└原稿料50%アップ
ミッション達成数2
└原稿料10%ダウン
ミッション達成数1
└原稿料20%ダウン
ミッション達成数0
└原稿料30%ダウン


いやぁ、今回のミッションは激甘ですね。ただ、「ミッション2の『自動停止→3連弁慶絵柄(顔目)停止』ってどういう意味?」って方もおられると思いますので、まずは鬼若弁慶の基本を説明します。

鬼若弁慶は完全告知のノーマルタイプで、BIG成立時は当該ゲームor次ゲームに発生するお祭りチャレンジで告知されます。

お祭りチャレンジを経由せずに告知が発生した場合は、基本的にはREGが成立しており、次ゲームのレバーONでリールが変則始動→REGが自動停止で揃う、という変わった機能を備えています。

(C)Border


自動停止でREGが揃うといっても、実際には「自動停止後に自分で止めた停止形(見た目上はバラケ目)」が本当のREGの入賞形なので、これはあくまで演出の一環。

ただ、この演出があるおかげで、「自動停止しなければBIG確定」だったり、ミッション2に指定された「自動停止でREGかと思いきや右リールに3連弁慶絵柄が停止してBIG」なんてことも起こるんです。

そこら辺を意識して打ってみると、この自動停止という機能が意外と面白いんですよ。

この話を担当編集さんにしたところ、「面白そうだから動画に撮って来い」という話になって、ミッションに選ばれたってわけです。

でも、その場では言わなかったんですが…この「自動停止→3連弁慶絵柄(顔目)停止を動画撮影」というミッション、はっきり言ってこのコラム史上トップクラスでクリア難易度が低いと思われます(笑)。ショールームで設定6を打った時なんて、相当な回数見ましたからね。

昨年はこのコラムの実戦で25万円近く負けてますし、今年もボロボロ。たまにはいいじゃないですか、こんな簡単なミッションがあっても(笑)。

ということで、今回こそはミッション全クリ目指して頑張ろうと思います!!


さて、それでは実戦に…と言いたいところなんですが、もう一つ説明を。前述の通り、この台は完全告知マシンで、かつ演出も少なめ。なので、今回は自分が普段行なっている逆押し手順を紹介してから実戦を進めて行きたいと思います。

まず逆押し手順を実行する際は、最初に3連弁慶絵柄を枠内に狙います。

(C)Border


そして3種類から選択できる演出モードを、自分のオススメである「ペイ提灯モード」に。

「ペイ提灯モード」は、液晶に停止した提灯に「最終的に表示された数字」が小役の払い出し枚数を示す、という独特な演出モード。数字が0ならハズレ、2なら通常チェリー(2枚の払い出し)といった具合に枚数で成立役を示唆します。

(C)Border


例えば、上記の数字(ちょっと見えづらいですが)は0or当なので、何かしらの小役が成立していればボーナス確定となります。

(C)Border


また、液晶下のランプが2色に点灯した場合は、その色で小役ナビが行なわれます。

対応役は、白=ハズレ、青=リプレイ、黄色=ベル、赤=チェリー、紫=扇、緑=ボーナスです。

色と対応役を見れば大体オーソドックスな組み合わせだなって思うのですが…一つだけ物凄く違和感を感じる組み合わせがありますよね?

そう、「緑=ボーナス」。普通、パチスロで緑と言ったらスイカだろ? いやいや、冷静になれ…この機種にはスイカは存在しない。そうか、7絵柄の色が緑なのか…ん? 7絵柄は赤だぞ!?

そんなやり取りを脳内でするかはさて置き、ボーナスの対応色を考えると頭の中が自動停止しそうなので、「緑=ボーナス」で、「白or緑ナビ」などは激アツってことだけ覚えておけばいいかと思います。

ペイ提灯モードで発生する大まかな演出は以上の通りです。


そして、もう一つ重要なポイントがあるんですが、実はこの機種のボーナス当選契機は小役との同時当選のみなんです。

チャンス目と確定チェリー(14枚役)は同時当選確定。扇と右上がりリプレイは同時当選のチャンス、リプレイやベルでも同時当選アリってことを覚えてもらえればバッチリです。

だいぶ説明が長くなっちゃいましたが、最後に停止型別の対応役を。

(C)Border


まず最初は右リール中段リプレイ停止。

この停止形はハズレ・リプレイ・チャンス目・確定チェリーとなります。

アツい予告が発生した場合には左リールにチェリーを狙いましょう。チェリーが停止すれば確定チェリーです!

(C)Border


上記写真は黄or赤(ベルorチェリー)のナビが出ているので1リール確定。

(C)Border


青or黄(リプレイorベル)がナビされて、期待せずにいると確定チェリーが出現! なんていうサプライズパターンが見られることもあります。

演出次第では意外とアツい停止パターンですね。


(C)Border


中段にベルが停止した場合はベルor右上がりリプレイとなるので、左・中リールは適当打ちでOK。

ベルでの同時当選は非常に薄いですが、右上がりリプレイは同時当選期待度が高いので出現したらワクワクできますよ。

ただ、今回の実戦に関しては1回しか成立しなかったうえに、ボーナスの匂いさえしませんでしたが…。


(C)Border


続きましてレア役確定となるのが中段に弁慶の目。通常チェリー(2枚)or扇なので、左リールにチェリーをフォロー。残念ながら通常チェリー(2枚)は同時当選の可能性がないので、扇成立を願いましょう。


(C)Border


そして、最後は3連弁慶停止。

これが見たくてこの逆押しをするといっても過言じゃないくらい、問答無用の1確目となります。

この目が停止すればいきなり祭囃子が鳴り響き、ボーナス成立をド派手に告知してくれるので、是非とも一度は味わってみてもらいたいものです。


さてさて、そろそろ皆さんお気づきですかね? 以上に説明が長いなって。

はい、白状します。今回説明した逆押しを実践しながら自信満々で打っていたんですけど…大きな見せ場もなくダラダラと投資が嵩み、気がつけば総投資が41000円。で、出玉ナシ。

それだけでもヒドいのに、最初に「このコラム史上トップクラスでクリア難易度が低い」と書いたミッション、それすらクリアできませんでした…。

珍しく優しくしてもらったのにこの体たらく…。収支や獲得枚数のミッションは仕方ないとしても、このミッションくらいはクリアしたかったです…。

■実戦データ
総ゲーム数:5278G
BIG:14回
REG:14回
投資:41000円
回収:0枚
換金:0円
収支:-41000

※1000円50枚貸し出し→56枚交換のホールで実戦


■ミッション
達成数0

原稿料30%ダウン…