前のめりな気持ちで打つよりも少し気を抜いたくらいがちょうど良い!誌面企画が弱いのはコレが原因か⁉

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第110回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

先回のコラムの最後にこう書いたことを、皆さんは覚えていますでしょうか。


これで来たる15日の誌面企画「パチンコいぶし銀倶楽部」では、良い結末を迎えることができそうです。…なんてポジティブなことを言いつつも、本当のところは今日の反動が来るんじゃないかとめちゃんこビビっているのです。15日の結果は次回のコラムで報告しますので、どうぞお楽しみに!


はい、その結果です!


(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOJ-111
(C)2010-2013 コーエーテクモゲームス (C)Sammy


がははは。今回も軽く千回オーバーの大ハマリを喰らいました! もうなんなんですかね? この誌面企画。ホールとの相性が悪いとか、そんな次元ではない気がします。

というのも、オリ法での誌面企画では負け越しているんですよね。これはたぶん、勝たなければいけないという気持ちが逆に作用しているんじゃないかと思います。

基本的に誌面企画はノリ打ちなのですが、「たいがーさんとは組みたくない」というライターまで出てくるのも、自分自身納得できます(爆)。

本番でも勝てるよう日々精進するしかないと、今日も元気に梅田の巡回からスタートします!


2018年02月19日(月)

先週のいぶし銀倶楽部での大負けの痛手から、この日は手堅く稼げる台を中心にチェックしました。その中心となる台が「CR花の慶次X 雲のかなたに N-K」です。

『どこのホールもキチキチやなぁ。それでもステージが仕事してくれたらそこそこ回るからなあ。でも、やっぱり梅田の中心部らしい状態やわ。日当ギリギリ程度の台しかない』

梅田はこのような感じですが、いつものホールでは、朝イチに台を押さえないと打てない状況が続いています。

そうして俺は、少しでも早く移動したほうが良いと思い、今回はランチ休憩をナシにして、いつものホールへ向かいました。

ホールに入るとタッチの差でお手打ち台をゲットです。


『なんか落ちてる気がするねんけど…』

さっきまで渋い台ばかり見てきたから、その悪いイメージが頭に残っていたのでしょう。実際に打ってみたら千円26回ペースだったので、気を良くして玉を弾きました。

すると…僅か67回転で大当たり! 見事にSTにも突入してくれ、こいつが二桁手前の9連。そして、すぐまた当たったものの、今度は単発で時短はスルーしました。

『ちょっと小休止するか。隣の人のタバコの煙が目に染みるし…』

隣に超ヘビースモーカーさんがいらしたので、ここで一旦ランチ休憩を取ることにしました。


ランチから戻ってみると、両サイドに誰もいないという実に快適な状況になっていたので、これは良かったと缶コーヒーを買い、一服しながら玉を弾き始めたら、なんか騒がしい演出が始まったのです。

『ん? Xゾーンに突入したんか? なんかよお分からんけど……七テンパイしとるやんけーっ!』

パチンコって得てしてこんなもんかな(笑)。前のめりな気持ちで打つよりも少し気を抜いたくらいがちょうどええのかもしれません。

この台の七テンパイは大当たり濃厚なのかどうかは把握していないのですが、発展したリーチを見て安心しました。


(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証YSD-338


これにて当たり&RUSH突入です!

再び二桁連チャンを目指すぜと気合いを入れたら、ものの見事に空回りしてしまいました。得意のトラ打ち効果など一切なく、保留変化もほとんどないまま、あっさりとSTの75回転を消化。

STで当たらんかったのに、残りの時短25回でなんて当たるわけないわと今度は気合いを入れず、めちゃんこ適当に打っていたら…


(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証YSD-338


残り4回転で大当たり。

ほほほ。やはり気合いの入れ過ぎは御法度のようです。というか、俺が誌面企画の本番で滅法弱いのは、この気合いの入れ過ぎが原因なのかとさえ思ってしまいます。


ここからは当ててやると気負わずに、ひたすら無駄玉を打たないということに専念しました。ちなみに過去のコラムで下アタッカーのショート開放は無視して玉を弾かないことを書きましたが、どうやらそれで正解だったようです。あの日以降、いろいろと試してみたのですが、あまり効果はありませんでしたので。

そしてRUSH時はひたすらトラ打ちを徹底します。すると、さっきのあっさりした流れから急変してやたらと賑やかな状態となり、終わってみれば…


(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証YSD-338


この台の自身の連チャン記録を更新してくれました。

『なんでこういう場面を誌面企画で見せられんかなあ。でも、今日は必勝本コラムの稼働日やから、これもいわば本番やで』

こう心の中でつぶやいたと同時に、あることを思い出しました。それは他誌の誌上プロに言われたこの一言です。

「たいがーさんって、カメラを向けられると弱いっすよね。というか、ギャラリーが多いと弱いんですかね。よくそれで誌面に出る決意をしましたね」

なんだかパチンコの大当たりって、打ってる人間の意識とリンクするんですかね。オカルトと言われるかもしれんけど、そういう気になってしまいます。


とりあえず今日はこの流れに感謝しておこうと、ここからまた丁寧に玉を弾きます。そしてこの後も順調に推移してくれ、この連チャンをもって、本日は終了としました。


(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証YSD-338


羽根デジのシマで余裕の万発超え。周囲の人らの視線を浴びまくっている状況なのに、今日の俺は強かった!

やはり、ギャラリーが多いのは関係ないみたいです(笑)。


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CR花の慶次X 雲のかなたに N-K】
大当たり…42回

稼働時間帯…11:00〜19:30
投資…3000円
回収…41000円(3.3円)
収支…+38000円