パチンコ彼岸島を打つ時はいつも師匠ルート。少ない投資で16Rを引ければ、ほぼ負けることはない⁉

シリーズ名
さくらんぼdiary (毎週月曜日更新)
話数
第10回
著者
なるみん
おばんです〜、なるみんです☆


先日、ここ1年くらいで急激に増えた北海道での実戦取材に行ってきました。

北海道での実戦取材に行き始めた頃は、前に書いたこともあるげど空港でソフトクリームを食べまくったり、すすきのの交差点を見るだけで興奮したりしてました。



しかし、「慣れ」というのは何事においてもつきもので(笑)、最近では北海道にいる感動が、前に比べて薄れてきてしまいました。

行くたびに「北海道に行けていいな〜」とかコメントなどで結構言われるのですが、正直な話、往復の移動がしんどいんですよね…。

北海道に行くとなれば必ず前乗りなので、1泊分の荷物を持たなきゃいけません。そんな大荷物を持って1時間ぐらいかけて自宅から羽田空港まで向かい、そこから飛行機に乗って新千歳空港へ。やっと空港に着いたと思ったら、今度は札幌まで電車で40分ぐらいかかるし(苦笑)。どこでもドアがあればいいのに…と何億回思ったことでしょう。


しかし、そんなハードな移動があっても「また行きたい」と思えるのは、北海道での来店取材に来てくださる皆さんのおかげです。

土日だけでなく、平日でもたくさんのお客様が話しかけてくださるんです。ご年配の方から若い方まで、そして夫婦の方も…それが素直に嬉しい!! 最近は頻繁に北海道さ行ってるのに、毎回たくさんの方が来てくださるので、ウチにとって頑張る糧になってます。

だからかは分からないげど、いつも負けまくりのウチが北海道での実戦取材だと勝率がいいんですよね(笑)。

この日も1万円使わないうちに天龍で当たりが引けて勝てたし!


ということで、1粒目!!



1粒目・実戦編



当たっているんだけど、天龍って写真で見ると当たってるのか当たってないのか全く分かりませんね(笑)。


そしてこの日は2店舗での来店取材実戦。2店舗での来店取材だと、1店舗あたりの実戦時間が短いので、思うように好きな台を打てないがら、スペックも考えなきゃいけません。


そんな時は、彼岸島。


(C)松本光司/講談社 (C)2016年「彼岸島」製作委員会


皆さんお分かりの通り、通常時に左打ちするか右打ちするかでスペックが変わるという、かなり斬新かつ画期的なシステムの台です。

大当たり確率は左打ちと右打ちともに1/256で、左打ちの明ルートだと継続率65%のV-STタイプ、右打ちの師匠ルートだと4or16R大当たりのみのノーマルタイプ。気分や好みに応じて打てる台です!!


彼岸島を打つ時はウチはいつも師匠ルート。当たった後は即ヤメできるし、16Rが引ければ2000発以上の出玉を獲得できるがらです。

そして、なにより師匠ルートは玉持ちがいい!! 等価のボーダーは1000円あたり約45回転なので、実際打った人なら分かると思うげど、めっちゃ回るんです!!

回るということは投資が抑えられるがら、短時間での実戦で大負けしにくいし、少ない投資で16Rを引くことができれば、ほぼ負けることはない!!

この台は、2店舗の来店取材時には超絶向いてると実感しました。



(C)松本光司/講談社 (C)2016年「彼岸島」製作委員会


この日も低投資で実戦終了間際に16Rを引いて勝てたしね!!


そして、この日は2店舗とも勝利というかなりレアな結果で終わることができました♪


また来週、北海道での来店取材があるので、再び勝てるように頑張ってきます。そして、勝利の美酒を味わいたい!!


うまい美酒…ということで、2粒目!!



2粒目・美酒編



もう、サッポロクラシックがうますぎて〜♪

ちなみにウチの好きなビールメーカーはキリン(笑)。しかも、普段はビールをあまり飲みません。

だげど、サッポロクラシックやオリオンビールとか、その土地のビールは好きみたいです〜。




去年、観光で沖縄に行った時もオリオンビールを飲んでました(笑)。

今年も沖縄に行きたいなぁ〜。

お仕事でいろんなところに行ってますが、現地では観光はほぼできないがらね…(泣)。


はぁ〜観光したい!! 旅行した〜いっ!!


ってことで、旅立ちます(笑)。その旅行の模様は、今度報告しますね☆


んだらまた来週〜♪