【さらばみなし機】5年ぶりの「めぞん一刻」で無限ART突入!これが◯◯で◯◯なので◯◯に……!?

シリーズ名
MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜 (毎週月曜日更新)
話数
第103回
著者
大和
5年ぶり! あなたに会えて良かった!?(前編)

自分がパチスロを初めて打ってから約20年が経とうとしています。

20年前といえばまだ4号機時代。CT機といった特殊な機種も一部ありましたが、基本的にはノーマルタイプが主流で、リールフラッシュや出目、ドット演出などでボーナスを察知するといったゲーム性の機種がほとんどでした。

RT機やAT機、ART機なんてものも存在していませんでしたし、ましてや液晶付きの機種なんて皆無。今でこそ当たり前ですが、初めて液晶付きのパチスロ「ゲゲゲの鬼太郎」が発表された時なんて、「パチスロにTVがついたぞ!」って友人とキャッキャしたのを今でも良く覚えてます。


それから20年、現在に至るまで数々の名機が登場しました。

一昔前は過去の名機、いわゆるレトロ台を大切に扱うホールさんが結構多く、3号機以前の機種を設置しているホールもありましたが、2006年にみなし機撤去が実施され、検定から3年間経っている機種(みなし機)はホールから姿を消していきました。

そして、過去の名機はスロゲーセンや家スロでしか見なくなってしまったんですよね。

3号機以前の機種はほとんど打ったことがありませんが、演出面だけで言えば、過去の機種より現行機種の方が何倍も完成度は高いと思います。

でも、打ち手の数だけドラマがあるのがパチスロです。皆さん、その時代ごとに思い入れのある機種がありますよね。パチスロ好きが居酒屋に集まれば、思い出の機種の話で盛り上がったりもしますし。


さて、来たる1月31日を以って、過去の名機が一斉に撤去されようとしています。当コラムで扱った機種も多数含まれているので、これら名機への思い入れも人一倍です。


そこで、今回の大和が送る「MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜」は、「さらばみなし機」と題した特別編を、カイザーさん&F山科さんと3人で行ないます。

舞台は過去の名機を多数設置している茨城県つくばのホール「ACT」さん。

打つ機種は自由に決めていいとのことだったのですが…設置機種がとにかく凄いんです。「マジカルハロウィン2」に「スカイラブ3」に「シスタークエスト3」、さらには「パチスロ ハードボイルド〜グリフォンの幻影〜」まであるとなると、「どれもこれも打ちたい!」って話になっちゃいます。

そして、そんな中から泣く泣く絞った1台がこちら!


「めぞん一刻〜夏色の風と〜」です。

めぞん一刻シリーズの3作目となるこの台。個人的に好きなタイトルということもあって、新シリーズが出る度に結構な頻度で打つのですが、この台もかなり打ち込んだ機種の1つです。

そして、約5年3ヶ月前の2012年に当コラムで実戦し、ミッションクリアに失敗した機種でもあるんですよね。

ということで、今回のミッションは当時と全く同じ。6年ぶりに改めてミッションクリアを目指してみようと思います!


ミッションの内容はこちら。

【今回のミッション】
[1] 勝利する
[2] エピソード全クリア(エンディング)
[3] 響子ルーレットで200or300を出す

そしてこちらがミッション報酬&ペナルティ。

【達成報酬&ペナルティ】
ミッションコンプリート
└原稿料50%アップ
ミッション達成数2
└原稿料10%ダウン
ミッション達成数1
└原稿料20%ダウン
ミッション達成数0
└原稿料30%ダウン


かれこれ5年以上前に行なったミッションなので伝わりづらいかもしれませんが…当時からこんな無茶なミッションを課せられていたんですね。「響子ルーレットで200or300を出す」なんて激ムズですよ…。

もうこのコラムを始めて6年も経つんだから、そろそろ自分にも少しくらい優しくしてくれてもいいと思うのですが…と、まぁ愚痴はさておき、早速打ち始めていくことに。


まず、「めぞん夏色」のゲーム性ですが、この台はボーナスとART「ドラマチックタイム」で出玉を増やすボーナス+ART機。ART当選契機はボーナス中の抽選・CZ中の抽選・規定ゲーム数到達など多岐に渡ります。

ARTは継続率管理で、継続率はシナリオによって変化。最近だと、他メーカーですが戦コレシリーズなんかに近いゲーム性ですね。

また、次回ボーナス成立まで継続する無限ARTや、エンディングが確定するプレミアART「ウェディングモード」なども存在します。


まずは何よりもARTに当選させることが大事になってくるのですが、最初のチャンスは投資わずか2000円でのことでした。


早々に引いたBIGから「ガチャガチャンス」に発展し、CZ「ロマンスタイム」に突入。あとはこのCZをARTに繋げるだけとなります。

ちなみにこのCZ、全役でART抽選が行なわれており、レア役を引けばチャンスとなります。そして次ゲームでフリーズ「シルエットロマンス」が発生すればボーナス+ARTが確定で、響子さんに出会えればさらにBIGも確定。そのBIG中にエピソードをクリアすれば無限ARTに突入(期待度50%)…と、夢いっぱいのCZとなっています。

理想はここでBIGを引いて無限ARTを射止めることなのですが…


残念ながら、というと贅沢ですが、ここは普通にCZをクリアしてART当選となりました。

ARTは1セット40G以上で、残りゲーム数が0になるとエピソードに突入。エピソードクリアで次セット継続となります。

目標のエンディングまでは8セット(7セット継続でエンディング確定)と険しい道程ではありますが、ラストエピソードの「約束」目指してがんばります!


このART中にボーナスがポンポンと2連チャンしたのですが、残念ながらいずれもREG。ただ、REGは5G間で3択を当てるたびに10G以上のゲーム数上乗せ(全て失敗なら5G)を獲得できるので、ある意味重要な上乗せ契機なのですが…


2回とも全て3択失敗で5Gの上乗せのみ…と一筋縄ではいきません。ところが、REG当選契機の1回が中段チェリーだったからでしょうか?


残りゲーム数が0になったところで上乗せ特化ゾーンの「好きじゃあああチャレンジ」へ!

「好きじゃあああチャレンジ」は最大10G継続し、リプレイとフェイクハート揃い以外なら10G以上の上乗せが確定。さらに、上乗せ時の一部で、ミッションクリアのチャンスとなる「響子ルーレット」への格上げ抽選が行なわれます。

「響子ルーレット」へ格上げされれば50〜300Gの大量上乗せが約束されるので、ここは是が非でもモノにしたいところなのですが…


まぁ、そんなに上手く事が運ぶわけもなくあっさり終了。そしてARTも2セットで終了と、序盤としては悪くないけど、何とも微妙な感じで終了となりました。


とはいえ、まだ投資は2000円なんで、次のチャンスを掴めば問題もナシ。

…なのですが、ここからはCZまでの道程が遠く、これといったチャンスが訪れてくれません。

それでも、再び引いた中段チェリーからCZに当選。ちなみに、中段チェリーは約1/1985なんですが、恩恵が「CZ以上確定」のみなんです。ボーナス同時当選の可能性もありますが、期待度は約24%しかないんですよね。

中段チェリーと同時にBAR絵柄が揃えば確定チェリーとなるのですが、そこまでは上手く行かず。

ということで、中段チェリーはそこまで大騒ぎするほどのフラグではないのですが…この中段チェリーを契機に突入したCZで大騒ぎするような事態が起きました。


そうです…ついに待望の「シルエットロマンス」が発生したのです。そして湯けむりの先には…








バッチリ響子さんがいてBIG確定!!

こうなると、あとはBIG中のエピソード次第なのですが…








なんとこれも見事に成功!!

2人の恋の進展と共に、いよいよ待望の無限ART突入となりました!!


この無限ARTがどうなったのか気になるところでしょうが…前半はここまでとなります。

実はこの無限ARTが◯◯で◯◯なので◯◯…といった具合に、今回の実戦のカギを握る存在となるのですが(笑)、詳しい内容はまた後半でお届けしていこうと思います。


なお、つくばのACTさんでは、1月31日にかなりの数の名機たちが撤去されてしまいます。もし、打ち納めしたい機種がある…という方がいらっしゃいましたら、是非とも1月31日までにACTさんを訪れてみてはいかがでしょうか?

最後に名機とのステキな思い出を作っちゃいましょう!


それでは、続きはまた後半にて!!