【特別コラム】大和 回想の刻

シリーズ名
MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜 (毎週月曜日更新)
話数
第100回
著者
大和
※2017/2018年の年末年始特別企画ということで全ライター共通テーマで書いています


●誕生〜小学生時代


東京都新宿区生まれ。当時は今と違って、近所でも評判のカワイイ子としてチヤホヤされてました。

この頃、近所で石原軍団がテレビか何かの撮影をしており、舘ひろしに抱っこしてもらったのが当時の唯一の自慢。でも、「小さい頃に舘ひろしに抱かれた」って口走ったせいで、ライターになる前から「そっち系なのか」という疑惑をかけられましたよ。

この頃は髪もフサフサですね。当たり前か(笑)。



●中学生時代


住んでいた場所がとにかく子供が少ない地域(西新宿)だったので、小学校を卒業する時の1学年の人数が男子9人、女子19人の計28人。中学は隣の小学校からも来るので人数は増えましたが、それでも1学年40人程度と本当に少なかったです。

そのせいか、卒業した4年後にはどちらも廃校となってしまいましたよ…。

でも、人数が少ない&新宿という地域柄か、その時の同級生の誰かしらとは今でも2ヶ月に1度くらいは飲んだりしてますね。

この頃もまだ髪はフサフサでした。



●高校生時代


小・中学生時代とは異なり、高校は5クラスもあり大勢の友達と仲良くしていましたね。

でも、その頃付き合ってた彼女と別れたことがきっかけで、元彼女だけではなく周りの友達とも疎遠になってしまいました。今では一部の人と会うのみに。

パチスロライターになった時期に、当時の彼女の結婚をSNSで知り、結構センチメンタルな気分になりましたね…。

なお、この頃から髪の毛が薄くなることが気になりだして、育毛剤(サク●ス)を使用してました。



●大学生時代


大学時代は学校にも行かずバイトばかりしているダメ人間でした。バイト先は今は無きお台場のテーマパークだったのですが、200人ほどスタッフがいたこともあり、バイト帰りなどに毎日のように飲み会をしてました。

パチンコ・パチスロを本格的に覚えたのも、ここの同僚にホールに連れて行かれてからでしたね。

ちなみに、バイト先はSNKが親会社だったのですが、数年後にアルゼ(現在のユニバーサル)に買収されるというパチスロとちょっとだけ縁のあるエピソードもあります(笑)。

なお、あまり行ってなかった大学ですが5年通って何とか卒業。実はほんの少しの期間ではありますが、嵐さんと同級生だったんですよ。

この頃は髪もロン毛でまったくケアをしてなかったような気がします。



●24〜25歳


ギリギリまで大学を卒業できるかわからなかったので、就活をしていませんでした。なので、卒業後しばらくはフリーター生活を送っていましたね。

この頃からパチスロに関わる仕事がしたいな…と思っていて、某メーカーの販売前の新台を打ってバグがないかをチェックするアルバイトをしていました。

ビタ押しができれば設定1でも機械割が105%あるっていう機種を担当していたのですが、「この機種が導入されたらパチスロだけして生活しようかな?」なんて目論んでいたんですよね。当時は今よりも目押しに自信があったんで。

もっとも、物凄く大きなバグが見つかって販売されなかったんですけどね…。

この頃も髪の毛はフサフサで我ながら羨ましいです。



●26〜27歳


当時のパチスロ仲間が、ほぼ同時期にお金がなくなったらしく、「一緒に仕事を探して欲しい」と言われて仕事を探すことに。

その結果、「未経験でも大丈夫!」という謳い文句で求人が出ていたコールセンターの仕事の面接を受けることに。

自分は他にやりたいことがあったんで、この仕事に就く必要はなかったんですが、仲間が頑張りたいって言っていたので、1年くらいは付き合って働いてみようかなと。

で、仕事の面接を受けて採用となったのですが…他の仲間がまさかの不合格。

本来の目的はどこへやら…といった感じですが、結局1人で2年ほどお世話になりました。

ちなみにその職場は、ホールの特定日や新装など、好きな時に月の半分くらいは休める、という好待遇だったんですよね。

この頃もロン毛なんですが…自分はどこを目指してたんでしょうね?



●28〜30歳


本格的にパチスロライターという仕事に就きたい…と思い、28歳から2年ほどパチスロで生計を立てつつ、必勝本に履歴書を送ったりしてました。

その結果、30歳になった直後に面接の連絡が入り、無事にパチスロライターとしてデビューすることができました。

これは後で聞いた話なのですが、30歳以上の人はライターに採用しない…なんて話もあったそうです。なので僕が編集部に入った時には「おじさんが入ってきた…」と囁かれていたとか。

写真を見る限り、髪に元気こそなくなってる感はありますが、まだまだ健在ですね。



●31〜33歳

※「パチスロ必勝本」2013年4月号より

この頃は「ビジネスオカマ」という謎のキャラでちょっとだけ話題になり、程よく仕事をさせてもらってました。しかし、不規則な生活も祟ってか、徐々に髪が薄くなっていきましたね。

ビジネスオカマというキャラにも無理があったし、薄毛も徐々に進行。当時は育毛剤の広告とにらめっこする毎日でした。

でも、結局どれを試しても効果が見られず絶望したのを覚えています…。

写真は嵐さんが滝行を行なうという企画になぜか連れて行かれた時のものですね。ああ… 毛根が…。


●現在


ちょうどこのコラムが公開される頃には、パチスロライターになって丸7年となります。

細く長く頑張っていきたいという目標でやってきた7年間でしたが、何とか今の時点ではこの業界に踏み止まれてるのかなと思います。

まだまだ未熟ですし、100点満点には程遠いかもしれません。それでも仕事は楽しいですし、ステキな仲間にも出会えたりと、本当に充実した7年間を過ごさせてもらえてるなって思ってます。

ステキな出会いといえば… シンガポールから輸入している育毛剤も。昨年から飲み始めたんですが、その効果で髪もそこそこフサフサになってきました。ロン毛の頃とまでは言わないまでも、もう少し増えてくれたら尚良しですな!



●未来


現状は必勝本の便利屋として様々な仕事に従事させてもらい、本当に充実した毎日を過ごせています。

ただ、自分もアラフォーなんで、いつまでこれを続けていけるのかっていうのは完全に未知数。

できることなら、読者さんや視聴者さんの記憶に残るような仕事ができればいいな…っていう風に思っているので、これからも、少しだけでもご贔屓にしてもらえると嬉しいです。

あと、上の合成写真のようにはならないようにがんばります(苦笑)。ホント悪意があるよなぁ… このコラムの担当さんは…(苦笑)。