【特別コラム】二星しょうた 回想の刻

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第95回
著者
クボンヌ/二星しょうた/編集S
※2017/2018年の年末年始特別企画ということで全ライター共通テーマで書いています


●誕生〜小学生時代


"太く羽ばたく"という思いを込めて名付けられた「翔太」。よく聞かれるのですが、二星は芸名ではなく本名です。調べてみたら二星姓は全国に約770人いて、自分が生まれた兵庫県神戸市の岩岡という地域に多いようです。



●中学生時代


やんちゃな地域のやんちゃな中学校に入学。友達は悪いやつが多かったんですが、二星は真面目に生徒会執行部文化委員長をしていました。

…まぁ、不良の友達たちに勝手に応募されたんだけどね(笑)。でも、不良だって卒業式は涙流すんだよ、特攻服を着ながら…。



●高校生時代


初体験をし、バイトを始め、バイクにハマる日々。高校2年生の秋…喧嘩で停学処分に。

その時、仕事中にも関わらず、母ちゃんが学校に迎えに来てくれたんですよ。先生と話している最中に泣き出した母ちゃんの姿を見て、もう迷惑かけたらアカンと心から思い、落ち着きました。



●大学生時代


パチスロにハマり、単位ギリギリの日々が続いたな…。でも、この頃が間違いなく一番楽しかった。

すごく思い出に残っているのは、元カノとの記念日が7日で、7月7日に打ちに行けなかったことかな(笑)。


ちなみに、上の写真は成人式の時。ホストやんって感じですよね(笑)。今見ると恥ずかしくなるほどチャラいけど、この頃はモテてたな…今は全然モテないけど。



●上京を決意


大学に行かせてもらったのに、就職活動を一切せずに「パチスロライターになるために東京に行ってくる」と親父に話したら…

「若いときに夢があるってええことやん! 頑張って来い。ただ、何があっても母ちゃんにだけは迷惑かけるよな、何かあったら俺に連絡してこい」

と背中を押してくれました。この時の親父の言葉は一生忘れません。



●現在


大学卒業後、無事に面接を終えて…大好きだったパチスロ必勝本のライターとなることができました。ライターになった当初は「売れるためには目立たなければイケナイ!」という強い思いから、調子に乗った発言を繰り返してました(髪型は黒と金のツートンカラー)。

しかし、過激な発言(しかも、関西弁)が裏目となり、叩かれることが多かったです。ちなみに、今はボチボチ(笑)。

最初は、嫌われても目立てば良いと思っていて、本当に嫌われたとしても…

「嫌いが一周回れば好きになってくれる」

と自分に言い聞かせながら日々を過ごしてました。ただ…この頃を思い出すと1人寂しく晩御飯を食べていた記憶しかないなぁ…。



●未来


「スーパースターに俺はなる」

これは、ライターになった時からずっと言ってきたフレーズ。3年経った今でも、震えるほどスーパースター感がないのですが、ブレないことが大事だと自分は思うのでこれからもこのフレーズを言い続けたいと思います。

いつか本当のスーパースターになれる日を夢見て今年も突っ走って行くので、これからも応援して頂ければと思います。二星の活躍はTwitter(アカウントは「@777_Nib0」)でチェックしてくださいね。

あと最近、流行りに乗ってインスタも始めました(笑)。来年はたくさん投稿していく予定なので、ぜひチェックしてみてください(アカウントは「777_nib0」)。どちらも「二星しょうた」と検索すれば珍しい名字なのですぐに出てきます!!


最後に、2018年の抱負は「痔ろうのにならないこと」。再発率が2〜3%あるらしいので…なんかパチスロだったら、うっかり引いちゃいそうな数値ですもんね。しっかりとウォシュレットなどを使用して予防に努めたいと思います。