撤去前に打つべき5.5号機はコレ!久しぶりに打ったらガラッと印象が変わったパチスロもある

シリーズ名
町民プールで鮪釣り (毎週火曜日更新)
話数
第91回
著者
ラッシー
5.9号機の新台が続々とリリースされていますね。俺もプライベートや仕事で5.9号機を打つことが増えました。

ART機は有利区間上限(1500G消化で終了)があるので、出玉性能はやはり落ちたなと言わざるを得ない。それでもなかなか景気の良い出方をしている台は見ますが。一撃はないものの、二撃、三撃で大量出玉を獲得しているのでしょう。

ノーマルタイプは5.5号機までの従来機と変わらない印象ですね。実際に仕組みもほとんど変わってないので「これが5.9号機か!」という衝撃は皆無。普通にこれまで通り楽しめています。

ただし、2種BBのボーナス(主にREG)には、適当打ちで最大枚数の獲得はNGというルールがあるので、どこかに取りこぼしや獲得枚数ダウンのバッドポイントが設けられている可能性アリ。

台間ポップやネットで「全リール適当打ちでOK」と書いてあっても、実際は取りこぼす恐れがあります。最適消化手順は機種ごとに違うので、これからは正確な情報入手が重要になりますね。


前置きが長くなりましたが、今回は5.9号機の感想や仕組みについて語りたいわけじゃないんです。消えゆく5.5号機の中で、打っておくべき機種を紹介したいのです。とはいえ、あくまで個人的な「打っておくべき機種」ですが。

5.5号機時代が到来した当初は、正直に言うとかなりネガティブな印象だった。通常時のベースが高くなり遊びやすくなったぶん、ART初当たりが重い。ARTに入っても出玉増加スピードが遅く、なかなか大量出玉に繋がらない。でもメーカー各社が工夫を凝らし、名機もたくさん生まれました。では、まず1機種目から。



【1】SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜III

「いや〜、ないわ〜」って声が聞こえそうだけど、ちょっと待たれよ! かく言う俺も、バジ3は全く好きじゃなかった。実は俺はこの機種の担当ライターでして、導入当初はどうにか面白いところを見つけ出そうと奮闘したのです。が、当時はまだ5.5号機に移行したばかり。それまでの5号機とのギャップに耐えられず、どうしても好きになれませんでした。

そしてバジ3を打たなくなってしばらく経ち、先日久々に打ったんですよ。そこでガラッと印象が変わりました。


まずCZが面白い! みなさんはもうお忘れでしょうが、CZは3種類存在し、最も期待度が高い駿府城CZは突入時点でART確定。これはさておき、その下の甲賀CZと人別帖CZが面白い。

甲賀CZはリプレイやレア役を引けば、人別帖CZはベルやレア役を引けばランクアップ抽選が行なわれる。そして最終的なランクと最終ゲームの成立役を参照してART抽選が行なわれます。このシステムがジワジワくるんですわ!

甲賀CZならまず陽炎ランクまでのアップを目指し、そこに辿り着いたらさらにアツい豹馬ランクを目指す。豹馬ランクまで上がればARTの期待大で、あとはART確定の弦之介ランクを目指す…。人別帖CZも似たような感じですね。

俺はART中よりも、このCZ中が好きなんですわ。初当たりまでの経緯が面白い! ART中は…正直好みではナイかな。理不尽なこともたくさん起きるし。


導入当初は受け入れられなかったバジ3も、たくさんの5.5号機を打ってきた今なら十分楽しめます。もちろん高設定じゃないとCZが当たりにくいので、低設定では楽しめないかもしれないけれど。

最近は再導入も多いので、高設定が入りそうなチャンスがあれば打ってみてください。



【2】パチスロ「トータル・イクリプス」

はい、もはや説明不要ですね。当コラムでも何度か扱ってきたボーナス+ART機です。

この機種の好きなところは「潔さ」。通常時のCZ抽選システムもシンプルだし、特化ゾーン突入システムも呆れるほど単純。だからこそ、だからこそアツい!!

そして5.5号機とは思えない出玉性能も素晴らしい。特化ゾーン「帝都燃ゆ」に入ったら擬似ボーナスの大量ストックが期待できるし、入らなくても十分ウン千枚の出玉を叩き出す可能性がある。

通常時については…。とにかくART中がアツいんですわ!

詳しい解説は長くなるので省きますが、簡単に言えばパチンコのSTに近いART継続システム。ARTは1セット30Gで、その間に本物ボーナスか擬似ボーナスを引けば継続確定。その擬似ボーナス当選時の煽り、前兆がアツいんですよ! レア役成立後、押し順ナビ背景の敵の倒し方が派手になったり、強めの小役ナビが頻発したり。

ART中のボーナス当選時の告知パターンも堪らない! レバーONで急に下パネルが消え、BGMが止まったりするんですよ! ほんとに下パネル消灯がアツいんですわ!!

擬似ボーナスの最終ゲームもまたアツい。特化ゾーン突入ルートは基本的にココだけで、チェリーを引けばややアツ。チャンス目なら激アツですわ!

この擬似ボーナス最終ゲームで押し順ナビが出ないだけで、思わず「アツい!」と声が出てしまう。チャンス目なら椅子から転げ落ちるくらい興奮しますね。


トータル・イクリプスで高設定を打った記憶はありません。実際は打っていた可能性もあるけど、もう設定がどうのこうの言う機種じゃないんですよ。結局はヤレるか、ヤレないか。

STの継続率を上げたり特化ゾーンに入れられなければ、たとえ高設定でも勝つことは難しいと思います。逆に言えば、それらさえクリアすれば低設定でも夢があるんですよ!

ARTのイケイケ感は5.5号機の中でも屈指だと思います。5スロや10スロでも十分ヒリつけますので、打ったことがない方はぜひ体験してみてください!



あと撤去前にジックリ打ちたいのが「麻雀物語3〜役満乱舞の究極大戦〜」。ART初当たりはホントに重いけど、出玉スピードは従来機と変わらないし、特化ゾーンの上乗せ性能もバツグン! そして麻雀ボーナス中のBGMが素晴らしい! すでに設置が少なくなってますがね。


他にも大好きな某ART機があるんですが、また別の機会に書かせて頂きます!

これから、5.9号機がどんどん登場するので、自分の大好きな機種がいつハズされるか分かりません。悔いが残らないよう、思い入れの強い機種や、俺のオススメ機種を楽しんでください!