今年は人生最大の負け越し額を更新……無茶な賭け方は皆に代わって私がするので、皆は堅実な立ち回りを心掛けてほしい

シリーズ名
回胴皇帝的必勝塾ドッカーン (毎週木曜日更新)
話数
第94回
著者
スロカイザー
先日『どうぶつの森』のスマホゲーム版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』がリリースされた。DS版ではまったりと長時間遊んでいたので、早速ダウンロード。

『どうぶつの森』を一度も遊んだことのない人のために、どんなゲームなのかということを簡単に説明すると、釣りをしたり、昆虫採集をしたり、家具を集めたりして、どうぶつたちとまったり過ごす…という、目的のはっきりしていないダラダラと遊ぶゲームだ。

ということで、スマホゲーム版でもまったりどうぶつたちと戯れている今日この頃。既にネット上では「効率よく○○する方法」的な攻略情報が出回っているけれど、正直、深いことは考えずにダラダラまったりと遊ぶ方がイイと思う。長時間やり込む…というゲームではないので、気合いを入れて集中的にガッツリとプレイすると飽きるのが早くなるかもしれないのでご用心。

ちなみに、一番好きなどうぶつは「やよい(ハニワみたいなウサギ)」なのだが、今作にも登場するのだろうか。


さて、そろそろ本題に戻そう。

このコラムで散々負けた話を書いたせいか、読者さんから「パチ・スロと競馬の収支を教えてください」といった質問を頂いた。なので今回のコラムでは、それらを惜しげもなく大公開しようと思う。

パチ・スロの収支はちょいちょいコラムのネタにしている通り、今年は人生最大の負け越し額を更新しており…

総投資額:533万4550円
総回収額:357万7980円
総収支額: -175万6570円

となっている。先月は約+13万5000円と今年初のプラス収支となって喜んでいたが、今月は既に10万円以上負けているのでそろそろ逆転の可能性がかなり低くなってきた。

ちなみに私のダブルミリオン負けを期待していた人もいると思うが、流石に今から25万円近く負けることはないと思うので、その期待には応えられそうにない。正直「ダブルミリオン負けした」という唯一無二(!?)の肩書に魅力を感じないこともないが、金銭的に死活問題過ぎるので少しでも負けを取り戻したいものだ。

万が一、ここから年間収支がプラスになったら、間違いなく何かの媒体で「スロカイザー大逆転の奇跡の軌跡」として紹介されるだろう。そうなったらラッシー氏もビックリする人生最大のドヤ顔を決めたいところだ。


次は競馬の戦績だ。大勝負したときは当コラムでネタにしていたが、実は誰にも告げず細かく馬券を購入した時もあった。

総投資額:100万1000円
総回収額:213万6950円
総収支額: +113万5950円

やはり、宝塚記念の結果が大きかった。というより、宝塚記念で超大勝ちしていなかったらヤバい結果になっていた。

ということで、今年のギャンブル収支を計算すると…

総収支額: -62万620円

となった。







…と言いたいところだが、私はパチ・スロと競馬以外にもギャンブルをしている。それは宝くじだ。以前、当コラムでも書いた記憶があるけれど、私は毎月原稿料が振り込まれるとロト7、ロト6などをまとめて購入している。まずはその総投資額。

総投資額:7万9500円

ちょっと計算してみて驚いた。想像していたより、めっちゃ使っていた(11月分、12月分はまだ購入していない)。あれだね、あれ。「所持しているビックリマンチョコのシールの枚数×30円」で計算したら、エラい金額になって本当にビックリしちゃうという感覚に似ている。

さあ、問題の宝くじの結果は…!? もちろん、説明するまでもなくロト7は1等に当選すれば“億”が手元に入ってくる可能性大。2等、3等でも数百万円のゲットに期待できるぞっ!!

総回収額:1万7000円
総収支額: -6万2500円

はい、1000円〜3000円ぐらいの当たりが何度かあっただけだった。ということで、改めて今年のギャンブル収支を計算すると…

総収支額: -68万3120円

となった。







…と言いたいところだが、私はこの他にもスクラッチくじをやっている。まずはその総投資額はっ!!

………。

えーと、んーと、スクラッチくじをどれぐらい購入したかはメモってないのでよくわからない。ただ、確かなことは1つある。それは今年1年、スクラッチくじでは200円と1000円しか当たっていないということだ。

はい、100%マイナスです。

ということで、今年(11月22日現在まで)のギャンブル戦績をまとめると…

総投資額:641万5050円+α
総回収額:573万1930円+α
総収支額: -68万3120円+α

こんな感じになった。ええ、総投資額を計算してみたら、もはやビックリどころではなく驚愕した。己の賭ケグルイっぷりに戦慄した。


うむ、皆は私のような生活を送ってはダメだぞ。無茶な賭け方は皆に代わって私がするので、堅実な立ち回りを心掛けてほしい。

以上、絵に描いたような反面教師「スロカイザー」でした。