嵐の誰得人生相談!「ハードボイルド」というより普通の人生相談になってきた……

シリーズ名
試みの高低線 —嵐のハードボイルド人生相談— (毎週水曜日更新)
話数
第5回
著者
編集メガネ(以下、メ) 「今週も沢山のお便りありがとうございます。誰得人生相談コラム、今週も始まりますよ〜!」



■PN『めんとす』さんのお悩み

「週1回はパチスロを打ちに行きたい」と嫁にハードボイルドに伝えたいのですが、どーすればいいですか?

■粗方先生のお答え

夫に息抜きは必要だ。だがすべからく、同じくらいに妻にも息抜きは必要だ。

お前が週1の楽しみを望むなら、妻にも週1の楽しみを贈ればいい。

1日家事を手伝うでもいい。妻が友達と遊ぶ時間を作ってやるのもいい。帰り際に何かお土産を買って帰るのもいいだろう。

妻が酒好きなら、普段は開けられないようないくぶん年代物のワインを。

負けた時には一輪の花を、勝ったときは抱えきれないほどの花束を。

そんなベタなプレゼントだっていいのだ。

とりあえず小僧、まずは相手を慈しんでやれ。

夫婦はあくまで対等な関係であって、どちらかが一方に依存したり、ましてや隷属するものであってはならない…と、俺は思う。

だから自分が何かして欲しいこと、認めて欲しいことがあったら、まずは相手がして欲しいこと、認めて欲しいことをしっかりと理解したうえで、それを先に満たしてやるのがいいだろう。

友達や仕事仲間に対して、一方的に我を通すことはしないだろう? 夫婦関係でもそれは同じことだ。

人間関係のなかで常にそれを心がけていくのは、時には億劫だったり、煩雑に感じることもあるかもしれない。

ましてやそれが、ついつい甘えが出てしまいがちな家族という親しき仲においては、なおさらだろう。

ただ、それでも甘えずに、そんな感情をおくびにも出さずに涼しい顔してこなしていくことも、1つのハードボイルドであると俺は考えている。



■PN『のぶナガ』さんのお悩み

私には妻と子供がいます。家族関係も良好なのですが、1年程前から恋心を抱く女性ができました。相手も私の立場や気持ちを理解した上で関わってくれています。

先日、「今度は最後までしたい」と言われたのですが、自分の中での踏ん切りがつきません。

悪いのは私なのですが、こんなクソ人間に何か助言をください。

■粗方先生のお答え

なぜ相手を好きになったのか。果たして本当に愛しているのか。

本当に愛していると思うのならば、なぜ愛する者同士が当然することを、すんなりと出来なかったのか。

そのことを踏まえたうえで、この先、自分は相手とどうしていきたいのか。

まずはそのことを自分にじっくりと問いかけて、返ってくる自分の内なる声にしっかりと耳を傾けてみろ。

俺はこの段に及んでコトの善悪や、一般常識やモラルを語るつもりはない。また、それを偉そうに語れるほどご立派な人間でもない。

だから小僧、俺がお前に言えることは1つだけだ。

焦らず、しっかりと、自分が後悔しない答えを見つけろ。

お前のこの先を決めるのは、これまでの人生を、歯を食いしばって生き抜いてきたお前にしかできないことだ。

だから最後までしっかりと自分で決めてみろ。

ただ、最後に俺の勝手で個人的な意見を1つだけ呟いておく。

———踏ん切りがつかなかった。

その事実がすでに答えを物語っている気がするのは、俺だけだろうか?



■PN『ぶりーず』さんのお悩み

嫁がもりもり太りだしました。結婚当初と比較するとたぶんプラス20kgくらい…。やんわりとダイエットを勧める方法はありますか?

■粗方先生のお答え

いまは空前の健康ブームだ。一家団欒の茶の間でテレビを付けておけば、健康を啓蒙する番組が目に飛び込んでくることは、犬も歩けば棒に当たるほどだ。

だから小僧、とりあえずその番組を嫁と一緒に観ろ。そしてそれを観ながら、こう切り出してみろ。

「最近、俺も成人病が気になってきたから、機を見て健康のためにウォーキングでも初めてみようかな…と思ってたんだけどさ、1人じゃ続かないかもしれないし、よかったらお前も一緒にどう?」

この一世一代の提案に対して、嫁がそれほど難色を示さなかったら、しめたもの。

早速、翌日に必要な用具を一式、一緒に買いに行って、とりあえず嫁が選んだウエアや靴を褒めて、褒めて、褒め千切れ。

「いいじゃん! 可愛いと思うし、凄く似合ってるよ!」

それで嫁が喜んでその商品をカゴに入れたら、ミッションは粗方コンプリートだ。

あとは自分が三日坊主にならないよう、ちゃんと計画を立てて、定期的に歩き出せ。

夫婦は常に二人三脚だ。そしてどんな言葉よりも、まずは行動で促すことが、最善の道。

だからその道を、2人で歩き出してみろ。

迷わず行けよ、行けば分かるさ。



■PN『アク●将軍』さんのお悩み

先生!! ボクは今コスモを感じています。どうしたらいいでしょうか?

■粗方先生のお答え

とりあえず小僧、風俗へ行け。



■PN『茶』さんのお悩み

よくある話だとは思いますが、コーヒーレディーに恋をしました。出てる時は必ずコーヒーを買うとか、ちょっとだけアプローチはしているんですが…。なにか上手く誘う方法はありますか?

■粗方先生のお答え

彼女はコーヒーを売るのが仕事なのだから、ただそのコーヒーを愚直に買い続けていても、1/8192くらいの確率でしか進展することはないだろう。

よく来る馴染みのお客さんだ…くらいにしか認識してもらえない可能性が高い。だからその恋が本物であるならば、素直に想いを伝えるしかない。

ただ、くれぐれも過度な期待はするな。

恋なんて、大概は砂糖もミルクも入っていないブラックコーヒーのようなもの。ほろ苦い思い出ばかりを残していくものだ。

ただそのほろ苦さこそが、いつの時代も男を成長させる。

だから小僧、とりあえず当たって砕けてみろ。

もちろん、砕けたらその女に会うのが気まずくなるかもしれない。

それが元で、そのホールに足を運びづらくもなるかもしれない。

でもそうしたら、少し気分転換に遠出をしてみるくらいの気持ちで、新しいホールを探し始めればいい。

もしかしたらこれまで通ってきたホールよりも良い状況のホールが見つかるかもしれないし、新たな出会いだって生まれるかもしれない。

人間万事塞翁が馬。

とりあえず小僧、変化を恐れるな。



「なんか今回は、ハードボイルドというより普通の人生相談になってるような気がするんやけど…」

「毎回、キャラを維持するのは大変なんですよ!!」

「アカンね、ソレは。しっかりキャラを守ってやってもらわんと。ただの人生相談を嵐さんに乗ってもらいたい…なんて変わった人はそうそうおらへんのやから」

「他人事だと思って…(泣)」





アナタの悩みを自称ハードボイルド「嵐」が親身になって解決に導いたり導かなかったりします!

夜10時からGODに突っ込むくらいの気持ちでドシドシお悩みを送ってください!

お悩みを投稿する