ハーデスのハマリ台狙いは「900G」というのがそもそもの間違い⁉ ○○○G以上なら迷わず打て!

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第87回
著者
クボンヌ/二星しょうた/編集S
もう勘弁してくれよ…。


どうも、編集Sです。いきなりテンション低めで申し訳ない。

『ポケモンGO』で10月21日朝4時からハロウィンイベントが開催されまして。イベント期間限定の魔女帽子ピカチュウ出現、ゴーストタイプポケモンが大量出現、そして新たなポケモンが追加…と盛りだくさんな内容となっているんです。

これまでイベント中にできることは、大人の力(課金)でなんとかしてきたのですが、今回はお金ではどうしようもできない壁にぶち当たってしまいました。その壁とは…「色違いポケモン」の存在。

ポケモンGOはゲームのフィールド上にポケモンが出現すると、そのキャラをタップすることで捕獲できるようになります。で、その時の一部で色違いポケモンが出現するのですが…その確率は約1/400(※ネット情報)。パチンコのMAXタイプの大当たり確率とほぼ同じ数字なんです。ヒキがないと達成できないんです。

で、さらに困ったことに今回は色違いポケモンが5種類も実装されてしまいましてね。まぁ、図鑑登録に必要なのは3種類のみですけども。

【図鑑登録に必要な色違いポケモン】
カゲボウズ(水色)
ヨマワル(赤)
ヤミラミ(金色)

色違いヨマワルは運良く捕まえることができ、残るは2匹。カゲボウズは出現頻度が高いのできっと捕まってくれる…そう信じているのですが、問題なのはヤミラミ。そう、冒頭写真のエイリヤンみたいなヤツです。通常パターンは紫で、金色なら色違い=大当たり。

でも、コイツ…元々の出現率がカゲボウズとヨマワルに比べると抑えられているうえに、ほぼ夜にしか出現しないという特徴があるんです。なので、夜に探し回ったのですが…


403匹も見つけたのに、1回も色違いが出ないなんて…(泣)。まぁでも、パチンコのMAXタイプなら400回転ハマリなんてザラだしなぁ。

このコラムを書いているのは11月2日の朝で、イベントが終了するのは11月3日の朝5時…。よし、今日は仕事が終わったら徹夜で探しに行こう。うん、そうしよう! 結果は3週間後に報告しますね〜。

では、今回の実戦結果報告に参りましょうか。


実戦結果
※注釈がない実戦データは50枚貸し出し→等価交換のホールにて実戦

【北斗の拳 新伝説創造】
打ち始め…朝イチ0G(前日466G)
ヤメ…15G
投資金額…7000円
流した枚数…61枚
換金額…1000円
収支… -6000円
※変判でガックンなしを確認済み

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…朝イチ593G(前日58G)
ヤメ…30G
投資金額…18000円
流した枚数…1940枚
換金額…38500円
収支… +20500円

【アナザーゴッドハーデス】
打ち始め…910G
ヤメ…38G
投資金額…5000円
流した枚数…610枚
換金額…12000円
収支… +7000円

【アナザーゴッドハーデス】
打ち始め…799G
ヤメ…31G
投資金額…29000円
流した枚数…1089枚
換金額…21500円
収支… -7500円

【アナザーゴッドハーデス】 ※PICK UP!
打ち始め…839G
ヤメ…32G
投資金額…21000円
流した枚数…2153枚
換金額…43000円
収支… +22000円

【アナザーゴッドハーデス】
打ち始め…401G
ヤメ…425G(スカ)
投資金額…1000円
流した枚数…0枚
換金額…0円
収支… -1000円
※ゾーン狙いで実戦

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…朝イチ672G(前日112G)
ヤメ…27G
投資金額…10000円
流した枚数…197枚
換金額…3500円
収支… -6500円

【花の慶次〜天を穿つ戦槍〜】
打ち始め…朝イチ0G
ヤメ…104G(スカ)
投資金額…2000円
流した枚数…0枚
換金額…0円
収支… -2000円
※6枚交換のホールにてリセット天国狙いで実戦

【花の慶次〜天を穿つ戦槍〜】
打ち始め…朝イチ0G
ヤメ…113G(スカ)
投資金額…2000円
流した枚数…0枚
換金額…0円
収支… -2000円
※6枚交換のホールにてリセット天国狙いで実戦

【花の慶次〜天を穿つ戦槍〜】
打ち始め…朝イチ0G
ヤメ…1G
投資金額…1000円
流した枚数…209枚
換金額…3000円
収支… +2000円
※6枚交換のホールにてリセット天国狙いで実戦

【獣王 王者の覚醒】
打ち始め…朝イチ0G
ヤメ…14G
投資金額…2000円
流した枚数…183枚
換金額…3000円
収支… +1000円
※6枚交換のホールにて設定変更台狙いで実戦

【獣王 王者の覚醒】
打ち始め…朝イチ0G
ヤメ…13G
投資金額…11000円
流した枚数…721枚
換金額…12000円
収支… +1000円
※6枚交換のホールにて設定変更台狙いで実戦

【押忍!番長3】
打ち始め…朝イチベル54回
ヤメ…46G
投資金額…12000円
流した枚数…30枚
換金額…500円
収支… -11500円
※6枚交換のホール・設定変更台で実戦


▼TOTAL収支
狙った台数…13台
総投資金額…121000円
総換金額…138000円
収支… +17000円


考察

去年ぐらいに少し話題になった(と記憶している)"旧基準機撤去されるかも問題"。どうやら実際は、これらの「高射幸心遊技機」の設置を2017年11月末日までに30%以下まで減らすという取り決めがあるだけらしく、その"30%"もホール1軒単位なのか、それともパチスロ市場全体なのか…何を基準にした割合なのかが明確になってないそうで。

いや〜。自分、知りませんでした。パチスロ業界で働いているにも関わらず、自分の無知っぷりが恥ずかしい今日この頃です。

市場全体における旧基準機の占有率が低くなるのはほぼ間違いありませんが、恐らく凱旋やハーデス、バジ絆、沖ドキはかなりの数が残ってくれることでしょう。仮に決められた割合で旧基準機を残すのだとしたら、ホールの稼動に貢献してくれる機種を残す…これは最善手だと思いますし。

個人的にはよくハマリ台狙いで打つ凱旋やハーデスがまだまだ現役でいてくれることが凄く嬉しい! これらの最大設置期限を個人的に調べてみたところ、ハーデスは2019年12月まで、凱旋は2020年11月くらいまで打てる可能性があるようです。

< と、長い前置きはここまでにして、今回の考察は…いまさらながらハーデス。以前、当コラムにて凱旋のハマリ台狙いを考察しましたが、ハーデスも同じくらいハマリ台狙いを実戦してたんですよ。

導入からだいぶ時間が経ち、実際にハマリ台狙いを続けた経験に基づいて自分の考えを述べたいと思います。


さてさて、読者の皆さん…ハーデスのハマリ台狙いはいくつなら打ちますか? これは交換率など他にも要素はありますが、おそらく考え方は2つに分かれると思います。

その1つが「900G以上なら打つ」というスタイル。このスタイルだと、仮に800G直前の台ならゾーン狙いで打ち、拭けたらヤメ…ということになりますね。それに900G以上から打ち始めれば等価交換〜5.6枚交換なら間違いなく期待収支はプラスになるでしょう。

実は、僕もハーデス導入から約1年間はこのボーダーラインで立ち回っていたのです。必勝本でも実戦で検証し、"900G以上がオススメ!"的なことが書いてありましたしね。

まぁ…900Gの台なんて、その当時もなかなか拾えなかったんですけどね! どちらかと言うと、400G・800G台のゾーン狙いばかりしてたのですが、これもなかなか当たらない…。そのおかげで全く勝てなかったんですよ。

そうこうしている凱旋がホールに導入。これをハマリ台狙いで打ってたら破竹の勢いで勝ち続けてしまい、この影響で自然とハーデスから離れていってしまったのです。しかし、ある先輩との会話が僕の考えを変えることになります。

ある日、僕は携帯サイト特別コラム「闇7」の実戦人であり、おそらくハーデスを編集部内で一番打ち込んでいるであろう先輩編集のオペル佐々木さんに、

「凱旋のハマリ台狙いが甘すぎる」

「勝ちすぎて、このままだと一財産築いてしまうかもしれない」

…と、妄言を吐いていたのですが、


オペル佐々木「俺はハーデスも甘いと思う。導入当初から等価交換のホールで700G以上のハマリ台を打ちまくってるんだけど、40万くらい勝ってるよ〜」

編集S「えぇ!? じゃあ、800Gのゾーンを抜けても続行している…ってことですか?」

オペル佐々木「うん、そういうこと。俺が通う店はゾーンを抜けるとヤメちゃう人が多いから、正直ウッハウハだよね!」


900Gをボーダーラインにしていた自分にとっては目から鱗。そして、話は天井到達時の平均投資額と期待獲得枚数に移ります。

【天井到達時の平均投資額】
凱旋(650G〜)…約33000円
ハーデス(700G〜)…約32000円
※カッコ内は打ち始めゲーム数。1000円50枚貸し出しで計算

【天井到達時・期待獲得枚数(概算)】
凱旋…約900枚(平均3セット)
ハーデス…約900枚(平均300G上乗せ)
※ストック・確定役などを考慮せず最低の条件でアバウトに計算

ご覧いただければ分かるとおり、ほぼ差がないんですよね。そして、上に挙げた期待獲得枚数にストックと確定役の分が増える…と。

なるほど…こりゃ、もしかしたらハーデスも凱旋と同じように勝てるかもしれないぞ、と。それに700Gのハマリ台ならこれまで死ぬほどスルーしてきたので、拾える頻度も多いハズ。なので、自分のこれまでの考えを改めて、攻めるボーダーラインを思いっきり下げてみたんですよ。700Gに。そうなると必然的にゾーン狙いの件数も下がることになりますね。

そして、結果は…

【編集S・ハーデス収支】
※ゾーン狙いとハマリ台狙いの合算値

『改善前』
TOTAL… -44767円

実戦件数…21件
勝率…28.6%
平均投資額…4714円
平均回収額…2582円

『改善後(オペル佐々木流)』
TOTAL… +772166円

実戦件数…100件
勝率…42.0%
平均投資額…11738円
平均回収額…19460円

改善前と後では収支が雲泥の差。見事、ハーデスの収支を立て直すことに成功しました。改善前は900G以上のハマリ台をなかなか拾えずにゾーン狙い主体だったため、勝率も低くなっておりますが、ボーダーを下げてみたらハマリ台を拾う頻度もアップ。そして、勝率もアップと言いこと尽くし。まさか、ここまで効果があるとは…。

確かに天井到達直前でケルベロス→GG50Gスタート…なんて悲劇が何度かありましたけども、勝率を見る限りではそこまでハイリスクではない印象です。

また、800GのHZ高確抜けでヤメてある台を打ってみるとHZ高確にまだ滞在していて、低投資でHZ→GG当選なんてケースも多々ありました。

これは800G時のほぼ大半で移行するHZ高確(高確ショートB)は、400G時の約90%で移行する高確ショートAよりも転落しづらい…この特徴に理由があるのかな、と考えています。ここをゾーンで狙う人はHZをスルーした場合にとにかくヤメたいハズなんですよ。しばらく様子を見てしまうと、自分で900Gのハマリ台まで育ててしまうことになりますからね。

だから、HZスルー後にHZ高確示唆演出が頻発しないとヤメてしまうのでしょう。実際はHZ高確に滞在しているにも関わらず。これが判断を鈍らせる要因なのかもしれません。あくまでも予想ですけども。


では、そろそろ話をまとめます。

必勝本では「解析数値が全て揃ってない」とか「細かい抽選の処理が不明」などの理由でシミュレーター作成が出来ていない模様で、正確な期待収支を算出できていません。なので、あくまでも編集S独自の意見ではありますが、声を大にして言いましょう。

「ハーデスは700Gから打ち始めても十分勝てる!」と。

あ、ちなみに等価交換の場合ですけども。5.6枚交換の場合は800Gから打ち始めれば十分に戦えるじゃないかな、と予想しています。

自分のように、平日は仕事を終えてからパチスロを打つサラリーマンスタイルだと設定狙いは厳しい。夕方にフラっとホールに行って設定6が空いている可能性は極めて低いです。おそらく、そういった台は立ち回りが上手い人たちにすべて押さえられているでしょうしね。

でも、ハーデスと凱旋のハマリ台狙いは、そんなサラリーマンスタイルの人たちを救う存在だと思います。しかし、ボーダーを上げ過ぎて、実際は長い目で見れば勝てる台をスルーしてしまうのはあまりにも勿体無い!

ちなみに、恐らく今回のコラムを読んで「700〜800Gハマリから打てば勝てるのは知ってるわ、アホか!」と思った方もいることでしょう。ですが、ボーダーを高くしすぎている人がいることも事実。このような人が考えを改めてくれる良い機会になればいいな、と筆を取った次第であります。


僕はハーデス導入から1年間、800G直前の台をゾーン狙いで攻め、失敗したらポイポイ捨てていたこと…これを凄く後悔しています。タイムマシンがあったら過去の自分をバックドロップしてやりたいぐらいに。

ただ、冒頭でも触れた通り、ハーデスを打つ時間はまだあります。この失われた1年間を埋める勢いでハーデスのハマリ台狙いを続けたい…そう誓った編集Sなのでした。


PICK UP

【アナザーゴッドハーデス】
打ち始め…839G
ヤメ…32G
投資金額…21000円
流した枚数…2153枚
換金額…43000円
収支… +22000円


「この台に神はいねぇのか」

1420GのHZ(黄背景)でGGが当選してしまった。でもって、ケルベロス→GG60Gスタート。ハマリ台狙いで一番避けたいパターンであります。

凹みながらGGを消化し、上乗せナシでGG終了。一応、GG後はしばらく様子を見るか…とループストックに期待せず、ペシペシと打っていたのですが、


GG後15Gくらいでギロチン演出から紫7揃い。

うむ! 嬉しいぞ。でも、やっぱりワンちゃんだったけどな! チャンスを活かせないなぁ…と呆れ顔でGGを消化し始めると…



え!!!!???

前回のGG後、何も引いてないにも関わらず…まさかの5揃い。"GG開始1G目から前兆が始まるとジャッジメント確定"と、どこかで聞いたことがあるのだが…これは一体なんなのだろう。何で当たったのだろうか?

この疑問はGG消化後に答えが出ました。



そう、ループストック! 恐らく…というか、ほぼ間違いなくループストックの前兆中に紫7を引いたのでしょう。

ちなみに後日、オペル佐々木さんに聞いてみたところ、この挙動は「謎当たり前兆中の紫7揃い」か「ループストック前兆中の紫7」のいずれかじゃないか、とのこと。なるほど、なるほど。


そして、その後はループストックが4個出てきて…



見事2000枚オーバーで、大逆転! まぁ、ループストックは全てケルベロスだったんですけどね。それでも、嬉しい!


あと、冒頭の独り言なんですが…ハーデスって冥府の神様やんけ。とりあえず、この台に神(ハーデス)はいた。いるに決まっているじゃあないの、お馬鹿さん。