ぱちスロウルトラセブンの設定変更狙いや天井狙いは勝てる!? 朝一はCZの突入ゲーム数で変更を見抜く!

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第86回
著者
クボンヌ/二星しょうた/編集S

今年、パチスロ極で結成された"二星会"が凄いんです。何が凄いかって、それは実戦成績!!

これまで誌面上で様々なグループと対戦してきたのですが、その戦績は5戦5勝。そう、無敗なんです(笑)。誰かが負けても、他のメンバーが出してカバーするという抜群のチームワークで勝利を収めてきました。そして、その中でも"ヒキオバケ"と言われる1人の男の活躍を見逃すことはできません。

彼の通算成績は全勝(初戦で13500枚オーバー)、総収支は+22651枚と、とんでもない勢いで出しているのが…




会長の俺(笑)。

二星会の実戦になると、自分でもビックリするくらいヒキが強くなるんですよね。そんな二星会なのですが…なんと年末に発売されるDVDにて、漫画パチスロ7より放たれた刺客「苦愛メンバー」と完全差枚数バトルをすることになりました。


果たして、無敗神話は続くのか…乞うご期待!! それでは、今回の実戦結果に参りましょう!


実戦結果
※すべて47枚貸し出し・53枚交換のホールにて実戦

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…朝イチ288G
ヤメ…26G
投資金額…13000円
流した枚数…306枚
換金額…5500円
収支… -7500円
※リセット傾向を把握しているホールで実戦

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…朝イチ377G
ヤメ…28G
投資金額…9000円
流した枚数…200枚
換金額…3500円
収支… -5500円
※リセット傾向を把握しているホールで実戦

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…朝イチ256G
ヤメ…32G
投資金額…15000円
流した枚数…254枚
換金額…4500円
収支… -10500円
※リセット傾向を把握しているホールで実戦

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…680G
ヤメ…32G
投資金額…6000円
流した枚数…1977枚
換金額…37000円
収支… +31000円

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…721G
ヤメ…66G
投資金額…29000円
流した枚数…112枚
換金額…2000円
収支… -27000円

【ウルトラセブン】 ※PICK UP!
打ち始め…793G
ヤメ…41G
投資金額…1000円
流した枚数…2877枚
換金額…54000円
収支… +53000円

【ウルトラセブン】
打ち始め…716G
ヤメ…5G
投資金額…5000円
流した枚数…240枚
換金額…4500円
収支… -500円

【ウルトラセブン】
打ち始め…朝イチ344G(前日412G)
ヤメ…3G
投資金額…8000円
流した枚数…73枚
換金額…1000円
収支… -7000円

【ウルトラセブン】
打ち始め…朝イチ501G(前日223G)
ヤメ…4G
投資金額…6000円
流した枚数…861枚
換金額…16000円
収支… +10000円

【マジカルハロウィン5】
打ち始め…538G
ヤメ…33G
投資金額…4000円
流した枚数…0枚
換金額…0円
収支… -4000円


▼TOTAL収支
狙った台数…10台
総投資金額…96000円
総換金額…128000円
収支… +32000円


考察

今回の考察は、「ぱちスロ ウルトラセブン(以下、セブン)」について。最近の台の中では珍しく深い天井(1280G)を搭載しているセブンですが、「いま、ウルトラセブンが勝てる!」という話を編集部で聞いたんですよ。それは狙いドコロ最年少(痔ろう持ち)の二星が調査しなければいけない…とホールで実際に打ってきました。

おっちょこちょいな二星は、「勝てる」と言われている理由を聞くのを忘れていたのですが、実際に打ってみると「これが勝てる理由なのかな?」というポイントを3つ発見しました。


1つ目の理由は「規定ゲーム数」。

通常時は基本的に奇数ゾロ目ゲームに到達するとCZ抽選が行なわれ、当選時は最大12Gの前兆を経由して告知されます。

【規定ゲーム数到達時・CZ当選率】
111G…20.3%
333G…14.8%
555G…30.1%
777G…30.1%
999G…25.0%
1110G…25.0%
※設定1

CZ当選率を見ると、一見狙えそうな印象を受けますが、CZのART期待度(約33%)を考慮すると…あまりゾーン狙いはオススメできません。ただ、ハマリ台狙い時の保険にはなりますからね。


二星的にハマリ台狙いをする際、700G付近から打ち始めるのですが(ボーダー詳細は後述)、ここから打ち始めれば規定ゲーム数到達のたびに最低でも25.0%でCZに当選しますしね。


そして、2つ目の理由は「設定変更の有無が分かりやすい」ということ。

設定変更時は内部的に消化ゲーム数が「503G」にセットされ、天井到達まで『残り777G』の状況からスタートする…という恩恵があります。

変更判別は「CZ前兆発生ゲーム」に注目すればOK。基本的に規定ゲーム数到達後は「キングジョー演出」が発生してCZ当選を煽るのですが、朝イチは設定変更の有無を問わず液晶ゲーム数が3桁ゾロ目ゲーム数に到達すると煽り演出が発生しやすいんです。この場合は実際に規定ゲーム数に到達したワケではないため、フェイク前兆確定。なので、無視して問題ナシ。

でも、内部的には本物のゲーム数が進行しています。据え置きなら前日のゲーム数から、設定変更なら503Gからカウント…といった具合に。

で、これが規定ゲーム数まで到達すればCZ抽選が行なわれるワケですが、"CZ当選時のみ煽り演出が発生する"という特徴があります(非当選時は煽り演出発生せず)。そのため、3桁ゾロ目ゲーム数以外で煽り演出が発生した場合はCZ当選確定となります。

そして、3桁ゾロ目ゲーム数以外でCZ当選に繋がった場合は、煽り演出の発生ゲームに注目。

【煽り演出発生→設定変更となるゲーム数】
52G付近(内部555G)
274G付近(内部777G)
496G付近(内部999G)
607G付近(内部1110G)

上記4種類のゲーム数なら設定変更濃厚となります。ちなみに、これらのゲーム数到達後は設定変更ならば25%以上(=CZ当選率)で煽り演出が発生します。

一方、これら以外のゲーム数から煽り演出がスタートした場合は据え置き濃厚。実際に打ってみると、設定変更時と据え置きの挙動は全く違うので、すぐに察知できると思いますよ。やはり、宵越しハマリ台を狙う際は据え置き濃厚の挙動があれば安心しますもんね。


そしてそして…3つ目の理由は、二星の伝家の宝刀である「両天秤狙い」が非常に有効であること! きっと担当編集が「またニボ痔の野郎が書いてきやがった!! ワンパターン過ぎるだろ!」と嘆いている姿が想像できますが、何度でも書きます(笑)。

設定変更台は0Gから打っても期待値がプラス(+52枚)なのですが、この甘さのせいで据え置きしているホールが多いような気がするんです。そのため、前日のゲーム数をしっかりと把握して、「基本的に据え置き」というスタンスで両天秤狙いに徹していれば結果も付いてくることでしょう。

ちなみに、二星的に設定変更確定台は等価交換なら200G、5.6枚交換なら250G回っていれば絶対に打ちます。また、単純にハマリ台狙いをする場合は等価交換なら700G、5.6枚交換なら750Gから狙います!


では、最後にヤメ時について。

ART終了後のステージが夕方だった場合は高確確定です。高確中はレア役成立時のART抽選が優遇されるため、夕方ステージから転落するまで回すべきでしょう。また、夜ならCZorARTストック確定となるので絶対にヤメてはいけません。これら以外は、即ヤメしても問題ないでしょう。


いつか訪れるかもしれない、「天井狙いで超降臨→ウルトラ上乗せ」を夢見て、今日も二星はホールを巡回するのだった…。


PICK UP

【ウルトラセブン】
打ち始め…793G
ヤメ…41G
投資金額…1000円
流した枚数…2877枚
換金額…54000円
収支… +53000円


いろいろな機種を打ってたら、ボッコボコにされて(7万負け)ホールを徘徊してたんです。"絶対に諦めない男"二星、ここからが真骨頂です。そしたら、ウルトラセブンでハマリ台狙いに打ってつけの台を発見!

意気揚々と打ち始めると、わずか70Gで…


えええええええぇぇぇぇぇぇぇ!!

通常時のみ突入する可能性がある1/4090.0の超光臨! したらば…



見よ!!!! 尋常ではない上乗せの鬼の力を!

最終的に…



2975枚ゲット!!

この後に「いや、ウルトラセブン凄いわ〜」と笑顔でトイレに行ったんですが…思い出した。

3時間前、凱旋のハマリ台狙いをやって天井単発→181枚しか出なかったことを。おしっこが途中で止まりました(笑)。


では、また見てくれるカナ…いいとも!!