【 めぞん一刻 約束】電サポ中の響子保留からすべては始まった……!これがめぞん一刻の本当のエンディング!?

シリーズ名
運留のふっといでぇ (毎週土曜日更新)
話数
第92回
著者
運留
「今日の飲み会は7時からっすよ〜!」

背中にH君の大声を受けながら編集部を出たのが夕方6時。

今週は仕事がバタついていたのであまりパチンコが打てなかった。パチンコが打てないと体調が悪くなるという、ほとんどビョーキの自分。飲み会の時間まであと1時間なのは分かっていたが、とにもかくにも打ちたい気分をおさえられずにパチンコ屋に飛び込んだのでした。


さて、打てる時間は小一時間ほど。何を打ったろかしらんと座ったのは「CRめぞん一刻〜約束〜」。1/256と当たりやすい確率が魅力の一台です。

過去何度か打っているのだが、当たりは引けるものの通常ばかり。通常当たりを引くと電サポは16回転で終わるので400発程しか出ない。しかも最近の機種には珍しく電サポ抜け後も潜伏確変の可能性があるので追憶モードを抜けるまでは一応打った方が良いわけだ。そして追憶モードを抜ける頃には出玉はほとんどなくなるので、今まで良い思いをしたことがない。


ただしこの「めぞん一刻」、編集部ではけっこうな連チャン話を耳にするので、一撃の爆発力はあるらしい。当たりやすい上に爆発力もあるなら短時間勝負にもってこい! 小一時間で1万発狙ったる!

つって、打ち始めてすぐに赤タイマーが2つ出現し、あれよあれよと大当たり。そうなのよ、ホント初当たりは軽いのよ。つまり肝心なのはここから。

16回転のドラマチックチャレンジで選択されたのは「恋に落ちて」。お、よく見れば歌詞が金色表示!? コレは初めて見たぞ〜! で、見事チャレンジ成功! 次回まで継続の確変、スーパードラマチックデイズに初めて突入したのでした。


さあ、電サポ中は16R確変が50%。出玉は少なめながら偏ってくれれば爆発できる! 小一時間でも大勝ちできる!

つって当たったのは青図柄の4R大当たり。あちゃ、一応内部確変の可能性はあるもののその割合は6回に1回程度。…だがしかし! この電サポ100回転から奇跡は始まったのでした!



70回転過ぎで保留に響子さんが表示された大チャンス保留がズバッと当たりを決めてくれて青図柄当たりを引き戻し。そこからもいっちょ引き戻したのが待望の15R確変。


さあ、もう連チャンは止まらない。今までの相性の悪さはなんだったのってくらい5連、10連、15連と続いてくれます。


で、途中途中でラウンド中にスペシャルエピソードが展開されていくのですが、ナントこのスペシャルエピソード、原作にはないオリジナルストーリーなんだって。


五代君と響子さんの結婚式の模様なんかが流れて、「響子(呼び捨てにすることろがミソ)とふたりで一生懸命生きていきます」なんてセリフに瞳がじんわりきちゃいます。おっさんになると涙もろくなるのよ。



そして20連を超えた所で流れ出したエピソードが「約束の向こう側」。2人の間に生まれたのであろう女の子が成長していく様が展開されていきます。

祭りにいったり、幼稚園の入園式だったりどんどん大人になっていく娘ちゃん。これだけでも泣けてくるのに、齢を重ねた五代君が持っているのが若かりし響子さんの写真。ん? どういうこっちゃ?

と思った次の瞬間画面、ホワイトアウトして出てきたセリフが


「ありがとう」。

響子さんの願いって確か…わたしよりも1日でも長く生きて欲しいってことだよね? てことは? ボロボロボロ〜、とホントに涙がこぼれ落ちそうになってしまいました。


結局連チャンは24回まで伸びてくれて大勝利。ひや〜、パチンコ打ってて泣きそうになったのは初めてだわ、と余韻にひたっていたら思い出したのは飲みの約束。

7時スタートだったはずだがもう9時やんか!? こりゃ、オゴリ確定やな〜。

めぞんって良い台ですね。