シンデレラブレイド2はゾーン消化後、ビーチステージ移行ならCZ当選まで打つのもアリ!?

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第81回
著者
クボンヌ/二星しょうた/編集S
「新台の稼働ヤバくね…!?」

こういった状況は今に始まったことではありませんが、今月に導入された某機種の稼働具合を見て、なおの事そう感じてしまいました。これは相当ヤバいな…と。

どのホールも同じとは言えませんが、自分の地域のホールではその某機種でさえも新装2日目で稼働がまばらになっていましたからね。その光景はさすがに戦慄を覚えましたよ。

基本的に新台が見限られるのって、お客さんが一通り台に触れたあとに起こる現象だと思うんです。実際に打ってみて「この台はダメだな」と感じる客が多ければ、自然と稼働が減って空き台も増えていく、みたいな。

それが、新装2日目の時点で空き台だらけ…ということは、そもそも"打とうと思っていない"お客さんが多いのではないかと。新台だしちょっとだけ打ってみよう、といったお客さんが確実に少なくなっているのだと思います。


とは言ったものの、あの某機種までもが例に漏れず低稼働…とはさすがに予想していませんでした。個人的にそこまで酷な台ではないと思うのですが、なぜここまで敬遠されているのか。

だからといって、この場でもっと新台を打っていきましょう! とは言いにくいですけどね。ぶっちゃけ、新台以外を狙ったほうが勝ちやすいのは明白ですし(設定的な意味で)。

自分の立場上は、新しい台の魅力をユーザーに伝えていくことも仕事の一環ですが、今の状況を踏まえると新台を薦めにくいのも事実。面白い新台はいっぱいあるけど、それを打つ環境が整っていない…これでは率先してオススメするのは難しいです。

誰にも打たれない新台を目にするたびに、なんだか歯がゆい思いをしている…という近況報告でした。


実戦結果
※注釈がない実戦データは50枚貸し出し→等価交換のホールで実戦

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】
打ち始め…5スルー・168GG
ヤメ…AT後15G
投資金額…15000円
流した枚数…1148枚
換金額…22500円
収支… +7500円

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜II】
打ち始め…740G
ヤメ…15G
投資金額…4000円
流した枚数…1201枚
換金額…24000円
収支… +20000円

【結城友奈は勇者である】
打ち始め…417G
ヤメ…57G
投資金額…6000円
流した枚数…176枚
換金額…3500円
収支… -2500円

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…750G
ヤメ…32G
投資金額…12000円
流した枚数…1628枚
換金額…32500円
収支… +20500円

【花の慶次〜天を穿つ戦槍〜】
打ち始め…473G
ヤメ…612G(スカ)
投資金額…2000円
流した枚数…0枚
換金額…0円
収支… -2000円
※ゾーン狙いで実戦

【サラリーマン金太郎 出世回胴編】
打ち始め…朝イチ0G
ヤメ…18G
投資金額…4000円
流した枚数…438枚
換金額…8500円
収支… +4500円
※リセット狙いで実戦

【討鬼伝】
打ち始め…朝イチ274G
ヤメ…2G
投資金額…3000円
流した枚数…153枚
換金額…3000円
収支… 0円
※リセット天井狙いで実戦

【北斗の拳 新伝説創造】 ※PICK UP!
打ち始め…467G
ヤメ…11G
投資金額…6000円
流した枚数…4111枚
換金額…82000円
収支… +76000円

【戦国乙女2〜深淵に輝く気高き将星〜】
打ち始め…9050pt
ヤメ…5G
投資金額…5000円
流した枚数…205枚
換金額…4000円
収支… -1000円
※天下ポイント狙いで実戦

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】
打ち始め…5スルー・35G
ヤメ…2G
投資金額…4000円
流した枚数…120枚
換金額…2000円
収支… -2000円

【ケロロ軍曹】
打ち始め…548G
ヤメ…569G
投資金額…1000円
流した枚数…26枚
換金額…500円
収支… -500円
※ゾーン狙いで実戦

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…849G
ヤメ…23G
投資金額…1000円
流した枚数…1026枚
換金額…20500円
収支… +19500円


▼TOTAL収支
狙った台数…12台
総投資金額…63000円
総換金額…203000円
収支… +140000円


考察

今回の考察は、先日導入された新機種から狙い目になりそうな機種を何点かピックアップしてみます。

狙い目と言っても一般的な天井狙いではなく、天井とは別の狙いドコロを搭載している機種を選定してみました。


★「SLOT魁!!男塾-目指せ闘宴大武會-」のCBカウンタ狙い★

CBカウンタとはCZ当選契機の1つで、通常時はCBが5回成立するごとにCZ・ART抽選が行なわれます(CBは約1/20で成立し、上段にベル・リプレイ・リプレイ停止)。


カウンタは液晶の右下に表示され、この丸い点灯数が現在のCB成立回数を示しています。写真の状態ならCB2回成立となります。



CBカウンタが5個点灯すると、鬼ヒゲ演出(上の写真参照)が発生してCZ・ART抽選の当否が告知されます(鬼ヒゲが画面を割ることができればCZ以上に当選)。

この演出は数ゲーム継続するのですが、この間にレア役が成立すればCZorART確定となります。もちろんレア役非成立でも当選の可能性アリ。

また、カウンタの色は当選期待度を示唆していて、白<青<黄<緑<赤の順に期待度がアップします。さらに言うと、この色は途中で昇格することはあっても、5個貯まるまでは降格することがありません。


【狙い方】
白or青→4個点灯時のみ狙う
黄or緑→3個以上点灯時のみ狙う
赤→点灯数不問で狙う

赤はCZ以上の期待度が高いため、点灯数不問で狙い目になると思われます。白・青は期待度が高くないので、4個点灯時のみ狙う形が無難でしょうか。

なお、5個点灯時のCZ・ART抽選に非当選だった場合は、実戦上必ず3号生ステージ(高確示唆ステージ)に移行しています。CZ・ART抽選に非当選だった場合は状態アップ抽選が行なわれている可能性が高そうです。そのため、ヤメる際は少しだけ様子を見てもいいかもしれませんね。


★「シンデレラブレイド3」の状態移行テーブル狙い★

シンデレラブレイド3の状態移行抽選はゲーム数消化時に行なわれるのですが、そこに狙い目となるゾーンが存在します。

97〜128G
225〜256G

上記の区間は超高確滞在が確定するゲーム数で、超高確中はCZ当選の期待度が大幅にアップします。

なお、ゲーム数はデータ表示器ではなく、液晶のゲーム数を確認しましょう。データ表示器はボーナスでリセットされるため、正確なゲーム数ではないことが多いです(天井狙い時も同様)。


CZ当選時は即発動とはならずに前兆を経て告知され、ラズリステージ(上の写真参照)へ移行すればフェイク含む前兆が濃厚。先述したゾーン消化中または消化後にラズリステージへ移行したらヤメずに様子を見ましょう。

なお、CZ抽選は内部的なptを参照して行なわれるのですが、そのptが100ptに到達すればCZ当選となります。pt獲得抽選は小役成立時に行なわれ、超高確だとpt獲得率が優遇される=CZに当選しやすい…という仕組みになっています。ちなみに、ptは液晶上で表示されていないので、現状の累計ptは把握できません。


で、それらを踏まえて問題になるのが、先ほどのゾーン消化→CZ非当選確認後は即ヤメして大丈夫なのかどうか…。もしかしたら100ptに到達していないだけで、限りなく100ptに近い状況かもしれません。


そこで覚えておきたいのが上の写真の「ビーチステージ」で、このステージは"累計ptが多くなるほど移行しやすい"という特徴があります。なので、CZ非当選を確認した後、このステージへ移行したらCZ当選まで続けても良い…のかもしれません。

ただし、このステージの信頼度がどの程度のモノかは現状不明。実はあまりptが貯まっていない…という可能性を考えるとCZ当選まで続けるのはリスクをあります。ですが、超高確を消化している以上はある程度のptを獲得しているハズなので、CZ当選までとんでもなく引っ張られるケースは少ないと思います。


【狙い方】
97〜128G・225〜256Gのゾーン直前で空いている台を狙う(ゲーム数は必ず液晶を確認)

最適なヤメ時はケースバイケースになると思われますが、ゾーン消化後のステージがビーチステージであればCZ当選まで打ち、通常ステージのままならスパッとヤメてしまっても構わないと思います。

もしくは強レア役を連発してCZ非当選であれば、ptが貯まっていてもおかしくありません。この場合は続けたほうが得策でしょう。なお、CZ・ART終了後は通常時へ移行後、前兆にいなければヤメて問題ありません。


以上が新台の中から選定した狙いドコロになります。注意点として、これら2機種の狙いドコロはどちらもCZを狙い打つだけなので期待値的に微妙かもしれないということ。そのため、あくまでも"オマケ的な狙い方"に捉えていただけると幸いです。

冒頭では新台の稼働が良くない…という話をしましたが、最近の新台は高設定狙いで真っ向勝負するのではなく、このようなちょっとした狙いドコロをキッカケに打つのが最適だと思います。そうすれば負けもだいぶ抑えられますし、そこで面白いと感じることができれば、他の立ち回りを模索する気にもなるでしょうからね。

他の新台も解析が進めば別の狙いドコロが出て来るかもしれないので、そちらのほうも併せてチェックしてみて下さい。


PICK UP

【北斗の拳 新伝説創造】
打ち始め…467G
ヤメ…11G
投資金額…6000円
流した枚数…4111枚
換金額…82000円
収支… +76000円


今回のピックアップは北斗創造のハマリ台狙いから。

天井到達でようやく宿命の刻に当選し、そこで何とか激闘乱舞に突入させることができました。で、そのARTが盛大に事故ったというお話です。


キッカケとなったのが、黄7揃い成立で突入する激闘乱舞TURBO。ここでストックを7個も獲得できました。大量ストックはロング継続の特急券みたいなモノで、今作はストックのヒキが非常に重要です。ストックがうまく絡めば10連くらい簡単に狙えますからね。



結果的に激闘乱舞は47連で終了。10連どころの騒ぎではないくらい伸びましたね。


前半はストックによる継続が目立っていましたが、後半は継続率での抽選が多くなり、最終的に継続率とストックによる継続抽選は1:1くらいの割合。なので、継続率の抽選を20回近くはパスしていたということになります。さすがにそうなると66%継続ではないと思いますが、液晶には「L-1」の表示が…。

20連以降のART終了画面でPUSHボタンを押すとこの表示が出現するのですが、これはATレベルを表しています。示唆ではなくて確定表示なので、L-1ならATレベル1確定。ちなみに、この表示は途中でレベルが昇格した場合も反映されます。つまり、ここに表示される数字は初当たり時のレベルではなく、最終的なレベルとなります。

ATレベルの詳細は現状不明ですが、レベル1でも89%継続の可能性ってあるんですかね? いずれにせよ、レベル1の超絶うっすいところを引いて起きた事故なのは間違いありませんが(笑)。