日頃発揮できないヒキを出してるのに噛み合わず、世の中そんなうまいこと行けへんでという見本のような展開

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第86回
著者
たいがー山本
確率の悪戯

まいど! たいがーです。

前回、MRI検査を受けたことをお知らせしましたが、結果は「思ってたより、もっと悪いやんか」でした(泣)。

診断名は「腰椎狭窄症と胸椎狭窄症」とのこと。俺的にはたぶんヘルニアなんやろなと思っていただけにまさかの結果に動揺し、まだドクターの説明が終わってないにも関わらず思わず質問を。

「えっ腰だけやないんですか!?」

ちょっと不安そうな表情をする俺に、ドクターはこう言ってきました。

「昔、なんかスポーツとか肉体労働してました? 腰以外に胸の部分も飛び出てるなあ」

俺、そんな過酷なスポーツや仕事はしていないはずなんですけどね。不思議に思いながらもそのことを告げ、今後の対応について伺いました。

「手術とか必要なんですか? 治療はどういうふうになるんですか?」

すると、俺的にはこれまた思ってもいない返答が。

「手術するほどでもないし、これといった治療もないな。唯一、1番のクスリは減量や。それとまあ、辛い時は安静にすることやな」

…なんか腑に落ちない。しかも1番効くのが体重を落とせだと? それくらいわかってるわい!! …とも言えず、素直に只今減量に取り組んでいる次第です。

でも、グルメライター的な活動は絶対やめないですからね。意地でも続けてやる! と心に誓い、今日も元気に家を飛び出しました!


2017年09月04日(月)

今日はいつもの梅田巡回からスタート。そして、先週の鬱憤を晴らすかのように、豪華ランチをいただきました!


えへへ。何が減量やねんって感じでしょ? でも、いつもならご飯3杯食べるところを、1回しかおかわりしませんでしたよ(笑)。


『さあ、美味いもん食ったし、今日もじゃんじゃんバリバリ稼ぎますか!』

己に喝を入れるかのごとく改めて気合を入れ直し、そしていつものホールに入店。すぐさま目指した先は先週と同じ「CR ANOTHER牙狼 炎の刻印」です。

この台、ほぼ毎日触るようになりましたが、1日打ち続けるというスタイルではなく、北斗の夢幻闘乱と同じような「単なる運試し的な感覚」で触っています。詳しくいうと、「通常確率分母の回転まで試行して当たらなかったらヤメ。仮に当たったとしても、それが単発なら運がなかったときっぱり諦める」という立ち回り。

まあ理由は単純に「ボーダーギリギリやから」なんですけど、もう1つ。2機種とも確変に突入すれば大きい一撃が見込めることもあり、少し夢を見てもいいんじゃないかという感覚からそういう打ち方をしています。

ちなみに、運よく思惑通りに当たって連チャンしたとしてもそのまま打ち続けることはせず、その出玉を持ってお手打ち台のアイマリンに移動が基本。追いかけたとしても持玉が消滅するまでにしています。


そんな運試し的な感覚のまま、お世話になっている台のヘソを何気なく見てみると、予想外の若干の開けを確認。

『でもなあ、この台のステージは仕事せんからなあ。まあ、千円で25回あれば文句言わずに打ったるで』

そんな気持ちで打ってみたら、最初の千円でなんと28回も試行出来ました(笑)。恐らく…いや確実にこれは上ムラやとわかっていながらも、心のどこかでは少し期待を持って、肩から流れてくる玉がヘソ周辺でどのような動きになっているかに注目します。

するとその時、いきなりこの演出が凄まじいサウンドと共に発生したのです。


これ、なんという演出名?? よく分からないですが(汗)、いきなり大きな効果音と共に、炎に包まれた牙狼が出てきてSPリーチに発展。今までも何度か発生し、1回だけしかハズしたことがないので、期待度的にはかなり高いと思います。

『おっ、やっぱ当たりやったか!』

投資1.5Kの35回転目に当たりました。が、残念ながら単発で時短は10回で終了。これの獲得した出玉で次の大当たりをと願いますが、それは叶わず、いつもより状況がいいのでもう少し様子を見ようと追加投資。1Kをいれたところで次の大当たりが来ましたが、また単発の時短10回で終了でした。

『ん〜、回転レベルは千円24回くらいかな。微妙やなあ…どうしようかな』

とはいえ、単発2連続なんて普通にあり得るし、今のところ打てないレベルではないのでそのまま継続することにしました。


が、次の大当たりは124回転目。しかもまたも単発の時短10回。

『まあ、3連続なんてのも日常やし。それより、回転レベルが落ちてきてる。千円22回という感じになってきたぞ。もうブン投げるかな』

そんなことを考えていると、残り電チュー保留を全て消化して、ヘソ消化になった3個目で再び大当たりしました。

『なんで電サポで当たってくれんのよ。せっかく俺にしては珍しい早いヒキを展開してるのに!』

既に初当たり4回。確変突入率は50%やし、さすがに今度こそ確変やろ! と期待していたのに、まさかの4連単。時短は20回をもらいましたが、この電サポで当てることは出来ずでさすがに嫌気がしてきました。

『まあ、なんとも今日は裏目な日やね〜! もうええ。ブン投げる!』

結局、この台では5連続で単発を引く超裏目な展開でした。



その後、やっぱりここは落ち着いていつものアイマリンで手堅く稼ごうと移動。ところが、俺のお手打ち台には既に先客さんがご機嫌で大当たりを重ねているではないですか。なので仕方なく、二番手候補の桜ライトに向かい、そのシマで過去にもお世話になった一台に着席しました。

『あ〜、よお回るわ〜。最初っからこれにしとけば良かったかも〜』

牙狼での少量の出玉を打ち切り、再び現金投資になってから正確に千円あたりの回転数をチェックしたら、余裕のよっちゃんで26回をキープしてくれています。

しかも嬉しいことは続くもので、この台で2Kしか使っていない72回転目にウリンチャンスで早くも大当たりを射止めたのです。

『なんか今日はヒキが強い? 肝心なところで裏目を引いてるけど…』

なんだかちょっとイケそうな気持ちになってきました。この時点での俺の頭の中は、STでサクサク当たって大連チャン。そんなウハウハな場面をイメージしていたんですけどね。実際はそんな甘いものではなく、ST中にリーチはかかるものの、期待の魚群などは一切発生してくれません。

そして、あっさりと時短に移行してしまったので、この時点からほぼ諦めムードに突入です。

『通常確率で日頃発揮できないヒキを出してるのに…。ほんま、世の中そんなうまいこといけへんでという見本のような展開やな。しかし、これはこれで辛いわあ』


残りの時短もあと少し。また通常試行の修行が始まることを覚悟し、今日はいくらまで追い掛けるかを思案していました。

すると、時短89回転目にサメのシングルリーチが成立。どうせ泡やろ、と全く期待していなかったところが、なんと予想外の魚群が流れたのです。


めっちゃ嬉しい! しかも…


16R! これは助かりました!

そしてここから一気に連チャンといきたいのに、なかなか波に乗れず結局なんとも残念な2連で終了。


とはいえ、まだまだ通常時のヒキの強さは健在のようで、次は時短終了後の89回転でまた大当たり。今度こそ連チャンを! そう願って打ちますが、一向にSTで当たってくれません。しかも何が腹立つって、ST中に唯一発生した魚群がハズレるという演出に心はボッキボキに折れましたわ。

『もう! ええ加減にせえよ! なんやねん、今日のヒキはっ!』

この当たりではなんとか4連チャンさせることが出来ましたが、この4回の当たり…なんと全て時短中での引き戻し。嬉しいのは嬉しいのですが、引くべきところで引けない不甲斐なさに情けない気持ちになりました。


『こういうのって、ST時でそこそこ連チャンした上で、引き戻した時にやったぜって喜ぶ画面とちゃうのん?』


ここまで通常時の強いヒキを展開した後に懸念されるのはその反動。案の定、この大当たりを最後にもう二度と通常時に大当たりすることはなく、持玉を全てブチ込んで、本日は肩を落としての撤収となりました。

でも、今日は牙狼の若干のプラス調整を確認できたので、それだけは満足。今週は期待できそうです。


パチンコ台が確率の機械である限り、偏りが起こることは必然ですよね。たまには悪戯されることもあるけれど、とにかく開け調整の時は文句を言わずにただひたすらブン回すのみ! そう自分に言い聞かせて、コンビニでサラダを買って帰りました(一応、減量の意識はあるのです)。


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CR ANOTHER牙狼 炎の刻印 K-PP】
大当たり…5回

【CRスーパー海物語IN沖縄4 桜バージョン ライトSCA】
大当たり…6回

稼働時間…12:45〜20:00
投資…8500円
回収…0円(3.3円交換)
収支…-8500円