沖縄に来たらコレは欠かせない!そう、「トリプルクラウン」だ!

シリーズ名
回胴皇帝的必勝塾ドッカーン (毎週木曜日更新)
話数
第83回
著者
スロカイザー
トリプルめんそーれ

9月4日〜6日の間、人生初の沖縄旅行に行ってきた。

収録や来店などではなく完全プライベートな旅行で、旅の仲間は水瀬美香氏、大和氏、矢野キンタ氏、そして私、いわゆる水瀬会のメンバー。

同じ水瀬会のメンバーである、くり氏はスケジュールが合わなかったので、この4人での旅行となった。

ということで、今回は沖縄旅行を振り返ってみようと思う。



【初日】

昼頃に沖縄到着予定の便を予約したので、私は始発の電車に乗って羽田空港を目指す。途中、矢野氏からグループLINEで「みんな、起きてます?」というメッセージが来たので、それに答えたのだが、その既読数が一向に増えないので不安が過る。

水瀬氏は大丈夫だと思うが、問題は大和氏だ。知っている人は知っていると思うが、大和氏はパチスロ必勝本内で1、2を争うほどの遅刻魔。

年末に行った三重遠征でも見事に遅刻をやらかした常習犯。車で向かう場合なら多少遅刻しても大丈夫だが、今回は飛行機。遅刻が許されない。

大丈夫かな、大丈夫だよなとドキドキしながら(ある意味、沖ドキ)電車に揺られていると、大和氏からの返信が確認できたのでほっとひと安心。

「寝坊しました」

全然、安心できなかった。とりあえず、搭乗時間には間に合うので最悪の事態は避けられたが、嫌な汗をかいたのは言うまでもない。


全員無事集合して飛行機へGO。「あれっ、カイザーって乗り物に弱かったよね」と疑問を感じたら、あなたはカイザー検定2級に合格している。たしかに私は乗り物に弱いが飛行機なら大丈夫だ。それにお仕事で遠出する機会が増えているので流石に慣れてきた(まぁ、酔い止めの薬は必需品だが)。



空の散歩をすること約2時間、ついに沖縄に到着。あいにく晴天ではなかったが、天気予報の降水確率が高めだったので、曇り空でもラッキーだ。

そして真っ先に行なったのはレンタカーを借りること。沖縄での移動手段はほぼ車なので、レンタカーがないと話にならない。



南国気分ではしゃいでいる大和氏を黙殺して順番を待っていると、3日間の足となるマシンがご降臨。よし、車に乗ってまずは昼食だ。沖縄と言ったら何を食べるべきか。その答えは簡単だ。



沖縄そばだ。ズルズルと体内に取り込まれる、めんそーれパワー。美味しかったということもあるが、レンタカーを借りるまでに時間が掛かったので、皆、空腹で箸が止まらない。食欲を満たしたあとは買い物へ。そして、日が暮れた頃に水瀬氏おススメの店で夕食をとって沖縄の初日は終わった。



めっちゃ、美味しかった。





【2日目】

せっかく沖縄に来たのだからということで、今日は「美ら海水族館」へGO。ド平日の9月なのに道路が混み混み。どうしてなんだと疑問に感じていると、矢野氏が今は沖縄のお盆休みということを教えてくれた。なるほど、沖縄はお盆の日が違うのか。初めて知った。

スロカイザーのかしこさは1アップした。

朝出発して、水族館に到着したのは13時過ぎ。めっちゃ時間が掛かったけれど、館内に入ったら、その疲れは一気に吹き飛んだ。



ダブルジンベイザメ襲来で大興奮。そして、私よりも興奮していたのは矢野氏だった。何でも、水槽を見ているだけで1日を過ごせるとのこと。うむ、もしかしたら矢野氏は必勝本のおさかなクンになれるかもしれないな。

水族館からの帰りにアウトレットモールに寄って、必勝本の「オシャレ番長」である水瀬氏&矢野氏が、必勝本の「ダサイ舎弟」である私と大和氏の服をコーディネート。いつか何かでその服を着ると思うので、動画などで「あれ、いつもと違う服を着ているな」と思ったら、きっとこの日にゲットしたものだろう。

ホテルに帰ってきたら、もう日が暮れていたので…



ホテル内のBARで乾杯。もちろん、私はノンアルコーラーだ。ちなみに矢野氏は地元の友人との集まりがあったので、そちらで浴びるほどお酒を飲んだそうだ。



【最終日】

飛行機の関係上、あまり遊んでいる時間はなかったが、私が「どうしても打ちたい」と駄々をこねくり回したので、ホテルと空港の間のホールで実戦開始。打つことができる時間は1時間もなかったが、世は満足じゃ。で、打った機種は…



「ニュートリプルクラウン3-30」。やはり、沖縄に来たらトリプルクラウンを打たなければな。正直、勝つつもりのない想い出実戦だったが、運良くBIGが3連して一撃900枚弱。そしてボーナス後100Gぐらい回して実戦終了。短い時間だったが、トリプルクラウンを堪能できた。とりあえず…



この機種はバットが告知ランプになっているので、野球をモチーフにしていることは判ったが…



なぜトロフィー持っている人が狙撃されそうになっているのかが意味不明だった。いくらなんでも物騒すぎる世界観だ。あと、沖縄ということで解析値を超えたハマリと連チャンを繰り返す香ばしい仕様を期待していたが、コイン持ちがめっちゃ良かったのでどノーマルだったと思われる。


こんな感じで沖縄旅行は終了。疲れたけれど(一番疲れたのは車を運転していた矢野氏だが)、とても充実した3日間を過ごすことができた。

また、こういう旅行をしてみたいものだ。