インターネットで「今年最強のクソ台」と呼ばれる台を打ってきたが、インターネット上の噂は所詮噂でしかない

シリーズ名
回胴皇帝的必勝塾ドッカーン (毎週木曜日更新)
話数
第82回
著者
スロカイザー
私は数年前からネット通販に魅せられて、毎週のように邪悪な微笑みが描かれた段ボール箱が家に届くようになった。そんな私が、お急ぎ便が使いたい放題&割引価格になる某プライム会員に登録するのは必然だった。

"私ってば会員の特典を上手く活用している賢い主婦だわ"と自画自賛する日々を過ごしていたが、先日、それは大きな間違いだということに気付いてしまった。プライム会員の特典を全然活用できていないということを知ってしまったからだ。

「アニメ・ドラマ・映画が見放題!!」

こんな特典もあったのね、完全にスルーしていた。ということで、ガン×2見放題しまくっている今日この頃。うむ、次は『貞子VS伽椰子』かな。

私がPCと触れ合うようになったのは今から15年以上前なのだが、ここまでインターネットが便利になるとは…。当時は(エロ)画像を1つ見るだけでも数分の時間を要していたので、こんなに動画を見るのが当たり前の時代になるとは思わなかった。


こんな感じで発達しまくったインターネットだが、プラスな面だけではなくマイナスなところもある。その代表とも言えるのが"噂"だ。

某お笑いタレントが根も葉もない悪い噂を立てられて、長い間、いわれなき誹謗・中傷の被害を受けたのは記憶に新しい。もちろん、これは他人事ではなくパチスロ業界にも言えること。検索すると、パチスロライターに対する悪い噂は幾十、幾百も容易に見つけることができる。

自分はこの業界にいて、その噂の真実を確かめることができる場合もあるのだが、ほとんどがデマだった。「火のないところに煙は立たない」という言葉があるけれど、今は水しかなくても煙を立てようとする人が多いので、もはや、この言葉は時代遅れと言えるだろう。


さて、噂になるのはライターだけでなく機種も同じだ。ホールデビュー直後は新台の噂でインターネット上が賑わう。

先日、いつものように(エロ)画像を落としながらネットの海にダイヴしていると、「超絶クソ台」と悪い噂が立っている機種が目に入った。

いやいや、今年最強のクソ台はアレだ。アレを超える台はそうそう出ない。それに人の好みは千差万別。皆が皆、口を揃えてクソと言うハズがない…と思っていたが、その悪評コメントの数が多くて、真実味を感じる。

百聞は一見に如かず。それならば、実際に打ってみようと近場のホールに足を伸ばした。


打ち始めて10分。何が起きているのかが判らず、頭の中は「???」だらけ。

打ち始めて30分。ようやく当たったと思ったら、CZだった。

打ち始めて1時間。ようやくARTに入ったと思ったら速攻で駆け抜けた。

なるほど、噂通りのイマイチっぷりだ。

というか、ARTがロング継続するイメージが掴めない。それに苦戦しているのは私だけではなくシマ全体も同じだったので、悪評を下したくなる理由も理解できた。だが、私は「その機種の面白いところを理解するまで打ち続ける」というのが信条だ。こんな事では心は折れない。


打ち始めて3時間。私の台は投資が止まらなかったが、隣の台が噴き出した。明らかに大事故と思える大量上乗せをして、さらにそのARTゲーム数が減る気配を見せず"永久機関"という言葉が脳裏をよぎった。

そこで私は理解した。この機種はクソなのではなく、波が荒すぎるのだ。故に良い思いをした人が少なすぎて悪評が絶えないのだろう。

うむ、我ながら見事な推理だ。よし、全ての謎は解明できたので帰ろう。波に乗ればスゴいと思うが基本的にはイマイチ過ぎるので、もうヤメにするか。


…と思った瞬間、私の台にも動きが。隣の台と同じような当たり方をして、大量上乗せに成功。いや、隣の台以上の大量上乗せだ。

初打ちミラクル。長らくこの言葉を使っていなかったが、ついに来たか。時計を確認してみると、まだ夕方だ。このままARTが閉店まで続けば、余裕で万枚達成だ。相変わらず、隣の台は終わる気配はない。もしかすると、クソ台と言われた機種で万枚達成×2という奇跡に遭遇できるかもしれない。なんという僥倖、なんという豪運だ。

インターネット上の噂は所詮噂でしかない。ときどき、その機種を一度も打ったことがないのに噂を真に受けてディスる人がいるけれど、そういうのはヤメたほうが良い。そう、最終的に良いか悪いかの判断を下すのは自分自身なのだ。他人に意見に惑わされてはいけない。私は夕方ぐらいに帰宅して、改めてそう思った。

…はい、一撃1000枚程度でARTは終わった。隣の台も同じぐらいで終わった。全然、永久機関ではなかった。途中から大失速した。


後日、実戦した機種に詳しい人と会うことがあったので、この日の出来事を語って大量上乗せの写真を見せてみると「これ、全然大量上乗せじゃないです。むしろ、これだけでよく1000枚出ましたね」と衝撃の事実を告げられた。

いやいや、この上乗せを獲得するまでめっちゃ大変だったんだよ。ARTに何度も入ったけどほとんどが100枚以下だったんだよ、と私が食い下がると…

「ええ、それがこの台がクソ台と言われる所以です」

と、爽やかに返された。

うむ、噂はほとんどがデマだが、真実もあるから質が悪いな。ただ、私の中で今年一番のクソ台はアレであることには変わりない。もちろん、アレの機種名はご想像にお任せする。