花の慶次 天を穿つ戦槍はハマリ台狙いとゾーン狙いの2本矢で攻める!終了画面にも注目!

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第77回
著者
クボンヌ/二星しょうた/編集S
ドラクエ11面白れぇ。

どうも、編集Sです。皆さん、ドラクエ11やってますか? 僕は「1日1時間」とルールを決めてプレイしております。

…ですが、ちょっとドラクエに言いたいことがありましてね。僕は8〜10以外をすべてクリアしているのですが、今作の仕様はあまりにも易しすぎるような気がするんですよ。

目的地や何をするべきなのかが液晶に表示されてるとか、長いダンジョンの途中でセーブポイントがあるとか、ボスが出現する前に回復アイテムがいっぱいもらえるとか…。おいおい、俺の知っているドラクエはそんなに甘くなかったぞ!

村人の話を全く聞かずにズンズン進んだ挙句、何をすればいいのか分からなくなったことがありました(自業自得)。7で石版が見つからずに5時間探索したり、ほぼ伏線なしで唐突に現れるブオーン(5のボス)やキラーマジンガ(6の初見殺し)にパーティーを全滅させられたり…。あの苦労は涙なしには語れませぬ。

でも、悪い所だけじゃありません。今回のドラクエ11は過去の作品をオマージュしている場面が結構ありましてね。それに気付くと思わずニヤリと笑みがこぼれてしまいますよ。それに3DS版は"過去の世界に行ける"という特典もありますしね。会社の先輩はドラクエ1の世界に戻って涙を流したとか。

で、いま僕は完全クリア目前なのですが、クリアしてしまうのが名残惜しい…。なので、メタル狩りをして経験値稼ぎに勤しむ毎日でございます。気付いたらレベル78になってました。





だからどうした。

自分の悪い癖でございます。パチスロに関係ない話を長々としてしまい、申し訳ありません。では、今回の結果報告に参りましょうか。ぱふ〜ん、ぱふ〜ん。


実戦結果
※注釈がない実戦データは50枚貸し出し→等価交換のホールで実戦

【獣王 王者の覚醒】
打ち始め…650G
ヤメ…30G
投資金額…9000円
流した枚数…162枚
換金額…3000円
収支… -6000円

【ツインエンジェルBREAK】
打ち始め…283G
ヤメ…335G
投資金額…2000円
流した枚数…47枚
換金額…500円
収支… -1500円

【機動戦士Zガンダム】
打ち始め…42G(ボーナス8スルー台)
ヤメ…1G
投資金額…3000円
流した枚数…319枚
換金額…1500円
収支… -1500円
※5スロ(等価交換)で実戦

【ガールフレンド(仮) 〜聖櫻学園メモリアル〜】
打ち始め…0G
ヤメ…72G
投資金額…12000円
流した枚数…113枚
換金額…2000円
収支… -10000円
※5連ガチャ狙いで実戦

【花の慶次〜天を穿つ戦槍〜】 ※PICK UP!
打ち始め…0G(2台実戦)
ヤメ…121G
投資金額…2000円
流した枚数…672枚
換金額…11000円
収支… +9000円
※50枚貸し出し→60枚交換のホールにてリセット狙い

【獣王 王者の覚醒】
打ち始め…0G
ヤメ…5G
投資金額…14000円
流した枚数…110枚
換金額…1500円
収支… -12500円
※50枚貸し出し→60枚交換のホールにてリセット狙い

【花の慶次〜天を穿つ戦槍〜】
打ち始め…282G
ヤメ…324G(スカ)
投資金額…1000円
流した枚数…0枚
収支… -1000円
※50枚貸し出し→60枚交換のホールにてゾーン狙い

【花の慶次〜天を穿つ戦槍〜】
打ち始め…0G(2台実戦)
ヤメ…121G
投資金額…4000円
流した枚数…0枚
収支… -4000円
※50枚貸し出し→60枚交換のホールにてリセット狙い

【獣王 王者の覚醒】
打ち始め…0G(2台実戦)
ヤメ…ART後12G
投資金額…11000円
流した枚数…354枚
換金額…5000円
収支… -6000円
※50枚貸し出し→60枚交換のホールにてリセット狙い


▼TOTAL収支
狙った台数…12台
総投資金額…58000円
総換金額…24500円
収支… -33500円


考察

今回の考察は「戦国パチスロ 花の慶次〜天を穿つ戦槍〜(以下、慶次戦槍)」。

前作の「戦極めし傾奇者の宴」はハマリ台を狙いやすい仕様だったので、よく打ってましたよ。夜7時に1000G上乗せ→そのままボーナスを引けずに駆け抜けて夜9時にART終了…で涙したあの日のことも、今では良い思い出。

さて、その後継機の慶次戦槍なのですが、今回もハマリ台狙いが非常に有効なのではないかと個人的に予想してまして。そして、朝イチはリセット恩恵もアリ…と、当コラムで取り扱うのにおあつらえ向きの機種なんですよ。では早速、慶次戦槍の狙いドコロについて、僕の考えを述べていきたいと思います。まずはハマリ台狙いについて。


慶次戦槍は「ART間1187Gハマリ」で天井到達となり、前兆(30〜40G?)を経由してARTが発動します。で、この天井を僕は何ゲームから狙うのかと言うと…等価交換ならば450G、5.6枚交換ならば520G。まだ、ハマリ台狙いを実戦できておりませんが、かなり強気なボーダー設定でも戦えると踏んでおります。その理由は2つ。


【壱.天井到達時の恩恵が強め】
天井到達時はART確定となるだけでなく、初当たりストックも1個獲得します。要は初当たり2回分の価値がある…ということ。最近は天井到達時の恩恵が「ART当選のみ」の機種が多いので、その中ではかなり優秀な部類に入ると思います。


【弐.規定ゲーム数到達時の抽選】
天井性能が優秀であることは先述した通りですが、ホールに出向いてデータを確認してみたところ、天井到達頻度はそこまで高くないようです。というより、その前に当たるケースのほうが多い。この理由は規定ゲーム数到達時の抽選にあります。

慶次戦槍は下2桁「87」のゲーム数に達すると、CZ抽選に影響する「状態」の移行抽選が行なわれ…


規定ゲーム数到達時の(超)高確移行率
ゲーム数 高確へ 超高確へ
87G 10% 0.1%
287G 33% 1%
387G 13% 1%
487G 33% 1%
587G 25% 10%
687G 33% 1%
上記以外 1% 0.1%


ご覧の通り、自分のボーダー付近である487Gから(超)高確移行率が優遇されています。低確中は強チェリー・チャンス目を引かないとCZ当選にあまり期待できませんが、(超)高確中なら弱チェリー・スイカでのCZ当選率が50倍以上に跳ね上がります。なので、450Gから打ち始めれば状態移行抽選…ひいてはCZ抽選を優位に進めることができるワケです。

また、規定ゲーム数到達時はART抽選も行なわれており、 287G・587G・887G の当選率が優遇されています(当選時は前兆を経由してART告知)。

特にホールでは920G付近でのART当選と思しき履歴が多く見受けられたので、887GでのART当選率が特に優遇されているような気がするんですよね。ここを仮天井のように認識してもよいかもしれません。

これら2つが「ハマリ台狙い時に浅いゲーム数から攻められるのでは?」という予想に至った理由であります。ただし、ハマリ台狙いに関しては未実戦につき、これから実戦をして感触を確かめたいと思いますので、続報をお待ちくださいませ。机上の空論だったら嫌だなぁ…。


続きましては「リセット狙い」。

慶次戦槍は設定変更すると、1/4で天国モードに移行。天国モードに滞在していれば最初の規定ゲーム数到達でART当選が確定します。朝イチが超狙い目であることは明白ですね。

ちなみに、天国モードへ移行した場合はART後なら87G消化時点で…


液晶に「花」の文字が浮かび、ここから前兆を経由してART告知に至ります。ただし、設定変更時の朝イチは挙動がちょっと異なります。こちらの写真をご覧ください。



朝イチのゲーム数表示は設定変更の有無を問わず「??G」となり、規定ゲーム数到達ではじめてゲーム数が表示されるのですが…。

え〜、ご覧の通り…データ表示器のゲーム数と液晶上のゲーム数がズレちゃってます。この写真は全台設定変更のホールで実戦中に撮ったものなのですが、軽くパニックになりましたよ。設定変更時はゲーム数がゼロにリセット→リセット狙い時は朝イチに87G回す必要がある…と思い込んでましたから。

最初は「前日の規定ゲーム数到達までのゲーム数は引き継ぐのかな?」と考えていたのですが、下見で確認した前日のヤメゲーム数(液晶表示)は「135」。

仮に引き継ぐと過程すると、135+40で「175」。うん、足りませんね。ていうか、引き継いでませんわ。なお、出目が前日と同じなので、店員さんが回したとは考えにくい。

…となると、正解は何なのか。個人的な予想ではありますが、僕は"設定変更すると消化ゲーム数がランダムでセットされる"のではないかと考えています。

つまり、設定変更後は数ゲーム回した状態からスタートするということ(例:ランダムセットで40Gが選択されると40G消化した状態からスタート)。あまり知られてないかもですが、「輪廻のラグランジェ」と同じ処理でしょうね。恐らく変判対策の一環なのでしょう。

この予想はほぼ間違いないとは思いますが、この件に関しては雑誌の続報に期待したいトコロであります。導入直後の朝イチだけでは真実に辿りつくことができませんでした…無念。

現状は「設定変更すると朝イチに前述した挙動をとることがある」ということを頭の片隅に覚えていただけると幸いでございます。僕みたいにキョドる人が増えませんように…。


最後はヤメ時についてお話しして今回の考察を締めたいと思います。

ハマリ台狙い・リセット狙いでARTに当選した場合は基本即ヤメで問題ないと思います。ホールでの挙動を見る限り、低設定は天国モードへの道がかなり険しいようなので。ただし…


ART終了時にPUSHボタンを押すと終了画面が切り替わり、ここで「キセル」終了画面が出現した場合は次回天国モード確定となるので、必ず続行しましょう。

また、「斬る! すべて斬る!」終了画面だった場合は次回天国準備or天国モード確定となるので、こちらも天国モードを否定するまで回すべきだと思います。ですが、天国モードを否定してしまった場合はその時点でヤメるべきでしょう。現状は天国準備がどのようなモードなのかが明らかになってませんからね。


ここ最近の機種の中ではダントツで面白い(気がする)慶次戦槍。読者の皆様も、狙ってみてはいかがでしょうか?


PICK UP

【花の慶次〜天を穿つ戦槍〜】
打ち始め…0G(2台実戦)
ヤメ…121G
投資金額…2000円
流した枚数…672枚
換金額…11000円
収支… +9000円
※50枚貸し出し→60枚交換のホールにてリセット狙い


2ヶ月だけで約30万近く勝った。「ヒキが強いだけだ!」や「エンペラータイムなんだろ!?」という方もいることでしょう。ただね…打っている本人はむしろヒキが弱かったと考えてるんですよ。噛み合わないというか。(7/1更新「僕はサイコパスではありません」より抜粋)。

な〜に言ってやがんだ、この

天狗野郎!!

謙虚なのはいいが、度が過ぎると嫌味に聞こえんぞ! お前はエンペラータイムだったんだよ! 調子に乗ってんじゃねーぞ、バーカ!!


…はい、調子に乗っていたのは僕です。すみません。エンペラータイム、終わりました。実戦結果を見ていただければ分かる通り、期間中は全く勝てなかったのですが、そんな自分でも輝いた瞬間がありましてね。

慶次戦槍のリセット狙いをしている時のこと。結果的に天国モードの台に座ることができ、投資2000円でARTに突入。その後もARTが順調に連チャンしていったのですが…


ん!? 何だ、コレは? 武将が4人集まったのだが…よく分からぬ(初打ちでした)。

その後は城門突破演出に発展し、牙〇剣…ではなく「朱槍を押し込め」と指示が発生。子供のように純粋かつ素直な編集Sは、これに従い…



きわめとっぱぁ!!!?

何じゃい、こいつは。訳も分からず次ゲームを消化すると…



「風雲繚乱の陣」突入。これは…分かる。私にも分かるぞ。20G以内に武将を集めて、最後にプレミア特化ゾーン抽選をやるヤツだろう!?

思えば、この1ヶ月はこのような特大チャンスが全くなかった。正直な話、あまりにも見せ場が無さすぎて、今回のPICK UPは何を書けばいいのか悩んでいたくらいだ。しかし、助かった。このことを書けばいい。本当に良かった…。



20G上乗せ乙。なんとなく分かっていたけれども…トホホ。

僕は間違いなくエンペラータイムとは別の境地「スレイヴタイム(奴隷時間)」にいる。抜け出す前に一体いくら負けるのやら…。あらやだ、本当に困っちゃうわん。