【ツインBREAK】準備中の64G目にAT突入した場合はストック3個の恩恵はあるのか!?

シリーズ名
F山科の自堕落な日々 (毎週金曜日更新)
話数
第77回
著者
F山科
今回のコラムは7/26に発売された「パチスロ7」で連載中の「鬼の居ぬ間に!?」でツインエンジェルBREAKを実戦した時のお話です。

実戦場所は自分の指定で秋葉原に。せめて中間設定が期待できるところで打たないと、ホントに爆死しかねないのでね…。と言うわけで平日に朝から並んで打ってまいりました。


打ち始めて投資7000円目、サブ液晶がパトルンルンチャンスに変化したので、周期が近い模様。そして数ゲーム消化した後にボタンがきかない…と思ったら…


ドカーンとエンジェルタイム(AT)が告知される。当選時はどこかのタイミングでフリーズが発生して告知されるのですが…これ、事前に知ってないと腰抜かしますよ。


設定変更されていて、これが2周期目扱いで当たったのかわからないが、仮に据え置きでの1周期目当選なら高設定の期待度が高くなる。

下記はパトルンルンチャンス中の1GごとのAT当選率。レア役などは一切関係なし。毎ゲーム成立役不問で抽選しています。

▼1周期目
設定1〜3以下…1/256
設定4・5…1/85.3
設定6…1/64

▼2周期目
設定3以下…1/32
設定4…1/28.4
設定5…1/25.6
設定6…1/21.3

1周期目で当選したら、設定4以上が期待できるかもしれませんね。


さて、唐突に始まったAT。メアリ→ビリー→メアリとボーナスや自力を絡めて撃破していき、4戦目でビリー登場だったのが…


レア役により昇格確定。ビリーからの昇格先は激アツのサロメとなる。まずはここで勝利してサロメモードへの挑戦権を手に入れる必要がある。

気合いを入れて消化し始めると…


残り13Gで押し順チャンスリプレイ高確率状態のブースト中に、めぐるカットインからサロメ一行を撃破することに成功。さらに、残りゲーム数が多い時に突入する可能性がある「超いきぬきタイム」にも突入し、3つの特殊アイテムを獲得。

最終ゲームのNEXTルーレットでは…リプレイでサロメ。通常の選択率が0.4%であることを考慮すると、サロメモード超濃厚。

加えてAT準備中にも特殊アイテムを一つ追加したことで…


残り28Gもある状態で攻撃力アップのハイテンション、さらにブーストした状態でめぐるタメ攻撃MAXへ。そしてサロメの体力ゲージは1本しかない…もちろん次ゲームで勝利となりました。早すぎるわ!!


その後はAT33G消化後に粘って勝利する「ロスタイム勝利」でなんとか繋いでいき、最終的な結果は16連の1066枚。ATストック数は3or4個だっただろうから、本当に今作のツインはストック1個の価値が大きいということがわかる。

AT終了後、193Gで異色BIGに当選。今回はすみれのツンデレチャンスに該当する「クーデレBIG」で消化してみるか…と思ったら、すみれ様が「狙って。」と申しておる。


うわぁ。中段チェリーじゃないの。そのまま白7が揃ったじゃないの。これでATストック3個確定だよ、ひゃっほい!!

まあ、ボーナスが一切当たらず7連で終わりましたけどね…ツインBREAKはARTだけで増やす台ではないので仕方なし。


自分の台はその後も頑張って繋いでいたものの、1周期目をスカした後にどうにも挙動が悪くなってきたので台移動。ここで漫画家の井上さんがリタイヤしたため、自分が代わりにその台を打つことにする。

ボーナス合算も悪くないし、チェリー出現率も良かったですからね。ミドルが先行しているとはいえ、ミドル自体の設定差も割とありますから。


台移動をすると、こちらでも1周期目に到達間近。そろそろ持ちコインも尽きてしまう…といったところでチェリーを引き…


PUSHボタンが出てV表示。ボーナス同時当選でAT確定です。しかも当たったのがミドルだった。設定差のある特定ボーナスなので、良い材料ですね。


これで突入したATの1戦目に出てきた相手がトゥニエイツ。これをなんとかミドルボーナスで撃破し、ボーナス終了後…


64GハマってAT再開。準備中に64GハマるとATストック3個確定という特典があるのだが…これは有効なのだろうか。

なお、ATとATの間の準備中は、バトル勝利後からのカウントとなるので注意。特にノーマルモードだと勝利した瞬間が明確ではないので、間違えやすい。

そこから3戦目までは全て自力勝利。4戦目の勝利で当選したミドルボーナスを揃えると…


エリスさんですね。いや、違う。問題はそこじゃない。これ、ムービーがツイン3のモノになっているじゃないですか。ストック3個以上確定ですよこの演出。

…ということは、さっきの64Gハマリは有効だったようだ。なお、公式サイトにあるチェリーヌ通信でも同じことを書いているので、準備中のハマリは63Gを超えた瞬間に喜んでいいということですね。

あと3回は敵の体力を減らせなくても続く。この安心感が良かったのか、続くメアリ、トゥニエイツも体力を減らして勝利する。そして7戦目となるメアリ戦で…


2連カバンからリーチ目っぽい出目が停止している。2連カバンからリーチ目が出るのって珍しいな…? なんて思っていたら…


スペシャルビッグボーナス(SBB)である。この台を打っていた井上さんも2回引いていたので、この台で合計3回目。しかもストックはまだ消費していない。

これでSBBによるストック2個に、BIG消化中の白7揃いも加え、最低でもストックは6個あることに。


その後、トゥニエイツとメアリ戦で逃げられたため、2個のストック消費。10戦目のブラックカーテンはなんとか勝利してストック+1。11戦目のメアリをロスタイムで倒して、迎えた12戦目はトゥニエイツ。

するとブースト状態でレア役ナビ。左リールに白7を狙ってみたら


「中段チェリー!」の声がした。そのまま白7を揃えると、クルミが出てきてシリーズ定番のご挨拶である。さっきまでバトルをしていたのに、もう確定画面に移行しているとか、存在感あり過ぎだろアンタ。

このSBBでストックをさらに2個獲得。白7揃いもしたので、目に見えるストック個数は8個ある計算になる。嫁フリーズの時よりも多く所有していることに。


13戦目も普通に勝ち、14戦目はボーナスで勝利、かつ準備中にもボーナス。さらに15戦目もボーナス勝利で白7揃い。これでストックは9個。いよいよ終わりがみえなくなってきた…


そしたら、16戦目からどんどん敵に逃げられていくとか。36戦目までに引けたボーナスは1回のみ。その間、目にみえるストック獲得は2個。それでも15回逃亡するまでは頑張ってくれて36戦継続の2474枚に。どこでこんなにストックしていたんだろうか。


その後は出玉をちょっと減らして終了。チェリーとチャンス目Cからのミドルを5・6回は確認しているので、やはり中間設定はありそうだ。まあ、確認できたらデカいのは、カバンからの同色BIGだけどね。

▼カバン同色当選率
設定1…1/5461
設定2…1/4681
設定3…1/3276
設定4…1/2340
設定5…1/2048
設定6…1/1820

設定1と設定6で3倍の開きがあるので、早い段階で確認できた場合は期待大です。

ツインBREAKは比較的当たりやすい部類とはいえ、ボーナスとATが絡む展開にならないと、以前の自分(5万負け)になりかねません。妥協せずに高設定を掴みにいく姿勢を大事にしたい。