熊酒場2でロングフリーズ発生!設定4以上が確定している状況で500Gハマリは堪える…

シリーズ名
ホールサイン解読術 (毎週土曜日更新)
話数
第40回
著者
葛ヤスナリ
前々回のコラムで取り上げた熊酒場2丁目店。思ったよりも高設定が投入されている…と言っておきながら自分で打たないのは違うだろうということで、熊酒場2、打ってきました。今回はその実戦の報告を。


向かった場所は日本有数の熊の盛り場(笑)ともいえる某所。熊酒場2をシマで設置しており、通常営業から高設定と思しき台を見かけるホールです。

この日は抽選結果にも恵まれ、見事狙い台を確保。そしてメニュー画面から"通うお店"を選択します。


ボーナス告知時のセリフが選んだ地方の方言に変わるというだけで、特に目新しい機能でもないんですが、こういったお遊び要素ってわりと好きなんですよ。ということで、出身地である岐阜県に近い名古屋を選択しました。


打ち始めると144GでBIGを引き当て、BIG後15G目からリプレイが3連続。本機はリプレイとの同時当選がメインで、さらにボーナス成立後はリプレイ確率がアップします。つまりリプ連するほどボーナスの期待感が上がっていくわけですね。

そしてリプレイからの同時当選には設定差があるので、リプ連は演出の面でも設定看破の面でも楽しい要素だったりします。

このリプ連から当たってくれると良いんだけどなぁなんて考えていると…。


ロ、ロングフリーズしてるー!


いやぁビックリしました。フリーズはBIG確定であると同時に設定4以上も確定します。実戦の前日に、必勝本DXの付録DVDで熊酒場2の解説動画を見ていて良かったー。

実はこの後、いきなり500Gハマリを食らったんですが、フリーズしていなければ捨てていたかもしれませんね。

なんにせよ、設定456が確定した以上、あとはとにかく回すだけ。もともと狙い台だったし、設定6も期待できる状況です。機械割119%のノーマルタイプを打てる機会なんて滅多にないので、テンションが上がりますよね。


そこからわき目も振らずに打ち続け、5000Gを消化した時点でBIG27、REG22の合算1/102。

これね、傍から見たら設定6でしょうよ。ただ、数値ってのは正直なものです。この時点でボーナス出現率以外の挙動から、ほぼ設定4じゃないかなと。


まずは小役出現率。ベルが1/10.0で設定4ぴったり。加えて角マグロが1/90。設定4は1/84.5、設定6は1/72.9なのですが、これが設定4以下の数値に落ち着いているのは頂けませんね。

さらに残念なのが、中段マグロが引けていない(設定1〜3は出現せず、設定4・5で1/16384、設定6で1/8192)ということと、単独ボーナスが1回しか確認できていないこと(設定1〜5で1/4096、設定6で1/2048)。設定6のみ優遇されているこの2つの要素がまったく引けていません。

さらにさらに、致命的なのはBIG中の赤文字セリフです。

BIG中の赤文字セリフは発生した時点で設定4以上が確定するのですが、これの設定差が非常に大きい。設定4で2.9%、設定6で9.2%ですからね。BIGを27回引いて1回も確認できていないのはもう設定6を否定していると思って間違いないでしょ。


実は3000G消化した時点で、設定6はほぼないなって思っていました。それまでのボーナス告知画面は、奇数示唆が1回で偶数示唆が6回…。終了時のセリフによる奇偶示唆は1:1だったのですが、告知画面があれじゃあ設定4濃厚でしょう。

それでも設定5の可能性もないわけではないので、徐々に奇数設定よりの挙動になってくれないかなぁと思いながら打ち続けることに。

結局、それ以降も偶数挙動のままだったので、設定4と判断して午後8時すぎにヤメ。7300GでBIG32回、REG32回、合算1/114という結果でした。

2600枚ほど浮いてくれたし、初打ちにしてはまぁ良いほうではないかなと。


それにしても、設定4の機械割が105%というのは絶妙ですね。

都内で主流になっている5.6枚交換で、機械割105%の台を8000G打った場合の期待収支は、機種にもよりますが大体約2万円程度。当然、設定5以上を狙って立ち回りますが、それが結果的に設定4だったとしてもギリギリ妥協できなくもない。

2000Gほど消化すれば設定もほぼほぼ看破できそうな感触を得たのですが、今回のように設定5・6狙いをした結果設定4にたどり着いて、そこからどうしようかと悩む姿が目に浮かびますね(笑)。


ここ最近のデータを見ていると、さすがに熊酒場2の設定6らしき履歴の台はほとんど見かけなくなりました。ただ、今回のように推定設定4、もしくは設定5なら通常営業でも出会えそうな気がします。

ちなみに熊酒場2は機械割だけではなくゲーム性も魅力的。完全告知機ではありながら、次ゲームBETでの告知を搭載しているため、リーチ目でボーナス当選に気づくこともある。完全告知機にありがちなマンネリ感はありませんでしたね。

近くのホールに熊酒場2があれば、そこが盛り場になっているかどうか、のぞいてみてはいかがでしょうか?