タンタンタタタン……なぜパチンコは私に厳しいのだろうか……

シリーズ名
CoNe〜パチンコ錬金術!?〜 (毎週水曜日更新)
話数
第75回
著者
しおねえ
先日久しぶりに陸上の日本選手権を観に行ってきました。



ほとんどの人は陸上の大会に詳しくないと思うので念のため説明しますと、国内の大会で1番大きな試合がこの「日本選手権」なんです。細かな条件はたくさんあるんだけど、ここで活躍できると8月の『世界陸上』に出場できる可能性が高くなります。そう聞くと重要さも多少伝わるかな?

私としてはおそらく7年ぶりくらいの日本選手権観戦だったのですが、感想はというと、もうね、本当に…疲れた! 大きな試合をやる競技場ってすごく大きいので、炎天下というわけではなかったけど、会場を一周するころには汗だくでクタクタになっちゃいました。

でもこれは運動したってことよね? ということにして、夜は焼き肉とチーズビビンバをたらふく食ってやりましけどね!!! 運動したんだったら何を食べたっていいじゃん? と自分にはひたすら甘い私…。


自分だけじゃなく、あらゆるものが私に甘ければ良いのにと思うけど、いつもパチンコは私に厳しいです。特にこの1週間は全然甘くなかったですね…。当たらなかったってわけじゃないんだけど、内容が全然で。

まずはGANTZ。


特別アツくもない予告だったし超転送もなかったけど、千手観音の後半に発展。チャンスアップはGANTZ文字のみながらも大当たり。しかし再抽選で確変には昇格せず、通常。

時短5回転目、またも千手観音の後半に発展してハズレ…と思ったら「リベンジモード継続」という嬉しくないおまけ付き(=出玉なし通常を引いた)でした。


続いて水戸黄門。


最強リーチの御一行ストーリーリーチを盛大にハズした…と思ったら、次回転であっさりアニメで大当たり。ま、まぁ嬉しいですけど…。

小当たりRUSHで出玉が増やせるので、スルーでも良いからとりあえず確変に入って! と祈るも4R通常。もちろん時短もなし。これじゃあどうにもできません。


さらなる悲劇はリング。この1週間で一番悲しかった単発がこれですね。


どうしてもリングが打ちたくて、でも軍資金は大切に使いたかったので、貯玉だけで打とうと思い立ちました。まず1軒目はあっさり再プレイ上限到達。はい、移動〜。

しかし新台ということもあって、2軒目、3軒目は台に空きがありませんでした。普段なら適当に他の台を打ちながら待つところですが、再プレイ上限まで貯玉をフルでリングにブチ込みたい! という想いから、台が空くまでひたすら待機。2軒目も3軒目も待って待ってなんとか打つことに成功。

結局2軒目も当たらず、3軒目も当らないまま再プレイ上限到達…の間近でようやく大当たり。が、通常。時短でも引き戻せず、出玉を打ち込むも当たらず…。現金投資して続けようかとも思いましたが、ボーダーにちょっと足らなかったのでグッと我慢してヤメました。


とにかく単発しか当たらなかった一週間。

単、単、単。

そしてどこかにGANTZの「出玉なし通常」感を入れたくて、間に「タタ」を入れてみたのがタイトルのタンタンタタタンの意味です。ま、意味を解説しちゃうようじゃダメですよね…。


何にせよ、こんなんじゃ軍資金が増えるわけがありません。軍資金をしっかり確保して挑んでいる仕事実戦で勝てればそれをプライベート実戦に回せるんだけど…と思っていた矢先、仕事実戦で6万円の臨時収入。

ノリ打ちのノリ喰いですけどね…。ごめんなさい。

でも…遠慮せずいただきまーっすっ!! あざーっす(笑)。

現在、この軍資金をどう使おうか考え中です。


この前、青山りょうちゃんとプチ女子会をしたんだけど、色々と思うところがあって語ってしまいました。それは冒頭の日本選手権でのことがきっかけ。

試合に出ていた友人がたまたま競技場から帰るところに出くわしたので、声をかけようかと思ったんだけど、結局何もせずにそのまま帰ったんです。こう言ったら大袈裟かもしれないけど、その友人は、レッドカーペットを闊歩するハリウッドスターに群がる記者のように柵の向こう側からファンの方に握手やサイン、写真を求められていて、それを見てとても声をかけられる状況じゃないなと思って。

人気のあるライターさんが来店取材等でサインを求められてお客さんが長蛇の列をなしているのを見たり聞いたりすると凄いなと思うんだけど、そういうレベルじゃなかった。友人ではあるが、改めて凄い人なんだと再認識しました。


ただ、どんなに人気のある女優さんや芸人さんでも、全ての人から好かれるということはありませんよね。ファンの数だけアンチがいる…なんてことを言われたりもしますが、人気があればあるほど、目立てば目立つほど嫌いになる人も増えていきます。

でも、スポーツ選手ってちょっと違いますよね。活躍すればするほどたくさんの人に名前を知ってもらって応援もしてもらえる。卓球の愛ちゃんやスケートの真央ちゃんにどれくらいアンチがいるかって話ですよね。圧倒的にファンの方が多いでしょう。もちろん全員が全員、好きということはありえないけど、ほとんどの人が応援している(していた)と思うんです。

「それって凄いことだよね?」

とりょうちゃんと私で大盛り上がり!

周りの人が聞いてたら「何の話だよ!?」とつっこむような話をアツく語り合った夜(笑)。たまにはこんなガールズトークもありですかね。


なんでそんな話をしたんだろうと振り返ると、思い当たることがありました。ここ数年、女子ライターは出役の仕事が多くなり、人気商売化してますよね? 応援してくれる読者の方々が増えてくれるのはとても嬉しいことなんだけど、実際問題、自分の知らないところで会ったこともない人から嫌われたりするわけです。

もちろんライターなんて一般人も一般人。芸能人みたいな自覚なんてないから、「なんで知らない人に嫌われてるんだろう?」と悲しくなることもあります。もちろん私個人の意見ですけどね。

で、最終的に辿り着いたのが、

「生まれ変わったらスポーツ選手になろうね!!」

という結論。りょうちゃんと2人で固く誓い合いました(笑)。たくさんの人に応援されたい! 好かれたい! 人間だもの、これが本音。


じゃあ臨時収入の6万円は、生まれ変わる…前の現実的な話として、我が子にスポーツをやらせてスポーツ選手になってもらうために使おうかな? スポーツをやらせるのにはお金がかかるっていうしさ。よし、その資金に回そう!

いやその前に相手か…。本当の意味で現実的なところというと、結婚相談所の入会費ですかね。
(ヽ´ω`)トホホ

ではまた次回、CoNeでした☆