他人には迷惑を掛けていないつもりでも、気付かない所で迷惑を掛けているのかも…と考えさせられた1日

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第74回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

今のこの時期、じめじめしていて嫌ですよね〜。でも、ホールに入ってしまえば空調のおかげで快適に過ごせるので、そこまでの我慢と思い、いつも汗を拭きながらホールに向かっています。

『そういえば俺、未だに長袖で稼働してるよな。今は昔に比べてヌルい空調の時代になったというのに…。こういうところでも昔の名残が出ちゃってるな』

これ、昔からパチンコを打ってらっしゃる読者さんなら、どういうことか分かりますよね?

ほんの数年前まで夏場のホールは空調がキツすぎてほんまに極寒。1日中半袖で打っていると凍えてしまうくらいだったのです。そのため、専業で打っている人を見分けるには、「夏なのに長袖シャツやジャケットを羽織ってる」というのが、ひとつの簡単な判断基準にもなっていました。

今、俺の通っているホールはどちらかというとヌルい空調の部類。最近の常連さんの格好を見ても、Tシャツにバミューダパンツ(言い方が古くてすみません)、そしてサンダル履きという軽装の人が多くなってきました。そんな中、ジャケットを羽織っている俺は変に目立ってしまっている気がするんですよね。

そんなわけで、今日はジャケットを脱ぎ捨て、長袖シャツのみでホールに出向くことにしました。


2017年06月12日(月)

今日も相変わらず蒸し暑いお天気。ですが、足取りはなんだか軽い気がします。それは単純にジャケットを着用していないというのもあるんですが、例の腰痛が今朝はかなりマシだったからです。

『やっぱ、土日をゆっくり過ごしたからかな。ほんま、今日は快調やわ』

いつもの梅田巡回もスムーズにこなし、それでもカラダが軽く感じられたので、久しぶりにちょっと足を延ばしてお気に入りランチを頂きました。


大好きなエビフライ定食です! あまりの美味しさに調子こいてご飯をおかわり。そのせいで、いつものホールに向かおうと店を出たら、お腹が苦しくてさっきまでの軽快な動きが消え失せてしてしまいました。しかもそれだけでなく、

『うう、苦しい。つーか、ここはどこや?』

大阪グランフロントあたりで迷子に。いや、どこに居るのかは分かっているのですが、いつも通る道ではないところに入ってしまったせいで、無用な遠回りをしている気がします。しかも、食べ過ぎでお腹が痛くなり、トイレを探して更に遠回り。挙句の果てには、中国の方らしき人に英語で道を聞かれ上手く説明が出来なかったため、ヨドバシカメラまで同行するという始末。

それでもなんとかいつものホールにたどり着き、入店するや否やここんとこお世話になっているアイマリンのお手打ち台へ。嬉しいことに、誰かが20回転の試行だけしてブン投げた状態で俺を待っていてくれたのです。

『ふ〜ん、ボーダー意識を持った人がブン投げたんかな。でも、最初の千円で見極めるのは、最近の台ではちょっとヌルいんちゃうか〜』

偉そうなこと言いますが、そこはいつも打っていて俺が感じていること。ほんま、最近の台ってムラが激しいので、本来の回転率を探るには5Kは必要かなと感じています。

とはいえ、5K入れて80回転しか試行できなかったからと台移動ばかり繰り返していたら「試し打ち負け」してしまうのは必至です。だからこそ、今の時代は「得意機種を絞って、打つホールの各台の癖を把握して立ち回る」というジグマスタイルが一番効率良く稼げるんじゃないかと思っています。

でも、このスタイルはパチンコライターとしては失格ですよね〜。やっぱ、ライターは色んな台に詳しく、そして勝つためのポイントをきちんと押さえないとダメやと思います。

そんなわけで、今回も再びアイマリンです(笑)。ポンコツライターですいません!


『あ〜、今日もええ感じ〜。500円で13回の試行や。初っ端から回ってくれるんはほんまに有難い』

実はこのお手打ち台、少しインターバルを取ると最初はあまり回ってくれないんです。極端なところでは、最初の千円で12回程度だったのに、2K目でいきなり28回とか、ムラの上下が非常に激しい特性を持っています。

なぜそのような状況になるのか。俺的に「ステージが仕事したかどうか」の違いだと感じています。単純に玉がよくワープ入口を抜けるというのも大切なのですが、それだけでなく道釘からの乗り上げも大きく影響しており、やはりこれはある程度の玉の流れが出来た上で成立するものですからね。こういうことがあるから、先程早い見極めはヌルいと言ったのです。


次の500円。単純に今の流れなら千円26回は試行せなあかんなと思っていたら、19回転目にチャンス目連続から泡予告が発生し、カメのシングルで大当たり。

『さあ、ここが勝負どころやぞ。この初っ端の当たりから連してくれたら楽な展開になる』

俺、いつも最初の大当たりでこんなことを思って単発ということが多いのですが、今日は有難いことにST抜け後の時短で引き戻し。結果的には少し物足りない3連でしたが、早々に持玉を作ることができました。


しかし、この程度ではまだまだ安心できません。再び現金投資を覚悟しつつ、以後も集中して丁寧に打ちます。

すると、その甲斐あってか順調に持玉は増えていき、今日はそつのない仕事になるなと気を抜いた、その時です!

「ドン!」

『またか…』

はい、また台のドツキです。が、そのドツキの主は俺の視界には存在しません。そうです、俺が打つ台の裏側のシマで台をドツいている人が居たのです。

『この裏のシマの金富士、やたらドツく人がおるけど…。玉掛かりとか頻繁に起こってるんかな?』

最初のうちは素直にそう思って、別に気にも留めていなかったのですが…。

「ドン!」「ドーン!!」

段々、ドツき方がエキサイティングになってくるじゃありませんか。それでも俺は平静を装って自分の台に集中します。


すると、本日7回目となる通常時の大当たりをゲット。きちんとSTでも当たってくれて、入れた玉以上の玉が出玉となって返ってくるという展開に感謝です。

そして、よしんば次のSTでも当たってくれよと色気を出していたら、

「リーチ!」

心の中で1回転遅いんじゃと罵ってしまいました。というのもこのリーチ、ST抜けの時短1回転目なのです。

『なんとなくやけどこれ、ST中だったら当たってたかもしれんな〜。それが1回転ズレただけでほぼハズレの演出になってしまうとは…』

当たったかもというのは単なる希望ですが、ハズレ濃厚というのは根拠があります。そう、前回に掲載しアレがあるからです。もし当たりだったら無限マークになるはずですから。

なので、俺は明後日の方向を向いてタバコに火を点けました。すると…


えー!! 当たってますやん! それならまたあの無限マークを出してくれたら良かったのに!

そう思いながらもニヤつきながらラウンドを消化していると…!?

「ドン!」「ドーン!!」「ドンドンドンドン!!」

もうさすがにキレましたわ。裏のシマの奴、シバいたろかと…。

読者さんもこのような状況になればそう思いますよね? でも、こういう時はトラブルになりかねない行動を起こしてはいけません。俺はホールスタッフが通り掛かるのを待ち、そのスタッフにこう告げたのです。

「この裏の金富士、なんか台にトラブルでもあるんちゃう? さっきから猛烈に台を叩くんで、こっちにもその振動がガンガン来るんやけど」

ホールも客同士のトラブルなんて望んでいません。昭和時代のホールなら血気盛んな連中が、よく店外でドツキ合いなどしていましたが、俺はそんな状況になりそうだと感じる出来事に遭遇したら、すぐホールに丸投げしていました。

そもそも台をドツく人に「大当たりが止まらなくて困る…」なんて人はいません。当たらないことに苛立ってする行動なのですから、そんな人とまともに向き合うのは実にバカらしいことなのです。


『ほう、ドツキ止まったな…』

どうやらホールスタッフから注意されて収まったようです。これで快適に過ごせるわと安心して続行。華麗な魚群が決まり、マリンちゃんの「スーパーラッキー」の声が響いた途端、また大きな音と共に振動が。

「ドン!」

裏で大きな一発…。でも、先程とは違いその一発のみだったので気にせず普通にラウンドを消化していたら、見覚えのあるおっさんが俺を睨みながらシマに入ってきました。

『またおまえかっ! おまえ、2週連続でコラム登場にするぞ!!』

はい、前回のコラムで俺がパチゴロと認定したクソオヤジでした。どうやらドツキは俺への嫌がらせだったようですね(笑)。

で、このおっさん、俺に文句でも言ってくるのかと思ったら、普通に俺を睨んだだけで通り過ぎていくじゃありませんか。まあ、俺も喧嘩上等みたいなオーラを放っていたので、それを察知したのかもしれませんが…。

『でも、なんか言いたげな雰囲気やったなあ。まあ、いっか』

そう思いそのまま続行しようとしていたら、俺のスマホに着信があり保留の消化を見届けてから店外へ。そして要件を済ませて席に戻ったところが、

『うわっ、うるさっ!』

慌てて耳栓を再度着用する俺。しかし、その瞬間、こう思ったのです。

『俺が打ってるこの台、最大ボリュームやから、おっさんの台にまで大当たり時のサウンドが響いてたんかも』

俺は基本的に稼働中は耳栓を着用しているのですが、そんな俺でさえ、隣で最大音量でじゃんじゃん連チャンされるとイラっときます。もしかしたら、あのおっさんはそうなのかもと思うとなんだか申し訳ない気持ちになり、ここから音量をレベル2まで下げて打つことに。

『たぶん、そうやったんやなあ。あのおっさん、先週は隣の台の連チャンにイラついてドツいてたけど、今日は裏の「見えない敵」にイラついたんかも。もしそうなら、俺も台の音量には気を付けんとあかんよなあ』

その後、俺の予想が当たっているかのごとく、以降、裏からのドツキ攻撃は無くなり、そして俺の稼働もフィニッシュ。本日の最大ハマリは224回転という2倍ハマリがたったの1回だけという順調な展開できちんと日当も確保できました。


なんだか今日はちょっと考えさせられましたね。いつも他人さんには迷惑掛けずに稼働しているつもりでしたが、自分の気付かないところで他人さんを苛立たせていることもあるのかなと。

台の音量が苛立ちの原因かは定かでないですが、もしそうだったとしたら、あのおっさんもホールスタッフに「裏の台の音がうるさい」とか言えばいいのにと思いました。実際、客からのクレームで、台自体の音量が変えられたなんて台、俺の経験上でもいっぱいありましたから。とはいえ、稼働中のお客さんにホールスタッフが「台の音量を下げて下さい」なんて言ってるのは見たことありませんけどね(笑)。


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CRスーパー海物語IN沖縄4 withアイマリンSBB】
大当たり…43回

稼働時間…12:00〜21:00
投資…1000円
回収…38000円(3.3円交換)
収支…+37000円