パチスロサミットは8月5日開催

シリーズ名
業界最前線パチンコ・パチスロ新機種発表会 (不定期更新)
話数
第241回
著者
宇惨臭蔵


2017/6/14
8月4日はパチスロの日
パチスロサミット2017
プレス説明会
@日電協会議室
(日電協)


お馴染みとなった「8月4日」はパチスロの日。この日に近い休日に毎年開催されているファンイベントが今年も開催されることが発表された。



パチスロメーカー団体である日電協の会議室で行なわれた記者説明会で、明日の日電協を考える委員会の吉国委員長は「パチスロを元気にしたいという思いで定めた、8月4日のパチスロの日。今回のパチスロサミット2017では、業界を取り巻く環境の変化があるなか、未来のパチスロを考えるものとしたい」と今年のテーマについてコメント。

またパチスロ販売商社の団体である回胴遊商の大饗理事長は「パチスロ文化の活性化を目指しながら、パチスロファンへの感謝を表すのがパチスロの日。業界には逆風が吹いているが、そのなかでなにができるかを考え、『みんなで考えようパチスロの未来を』というサブタイトルをつけた」と語っていた。




今回の「パチスロサミット2017」は、8月5日(土)に東京・秋葉原のベルサール秋葉原で開催。ファン向けには日電協と日工組メーカーあわせて過去最大規模となる21社が最新機種や未導入機種を出展する大(ウルトラ)試打会や、人気パチスロライターによるステージなどが行なわれることが発表されている(業界関係者向けにはパチスロの未来を話し合う大討論会が行なわれる)。

色々と大変な時期だからこそパチスロを盛り上げたいという思いが込められた「パチスロサミット2017」、一人でも多くのファンが参加してみんなでパチスロの未来を考えよう!
(宇惨臭蔵)