最新台の狙い目を考察!テイルズとツインエンジェルBREAKは天井狙いに注意!

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第65回
著者
クボンヌ/二星しょうた/畑ヒロフミ
最近の出来事で特に嬉しかったのは、ガルパンの設定6を久しぶりに打てたことでしょうか。


あんこう祭りで6個ストックに当選したので設定6確定。それまでは偶数っぽいけど6とは断言できない展開だったので、これが確認できなかったらどこかでヤメていたかもしれません。

6でも苦行の時間帯は必ず訪れるので、その時に高設定を確信できる要素が出ていないと粘り切れないことも多いんですよね。設定看破は簡単そうで意外に手こずるのがガルパンです。


気になる出玉はご覧の通り快勝。あんこう祭りの複数ストックが効きました。メシマズな結果ですみません(笑)。


ってか、このガルパンも撤去候補リストに入っているんですよね…。下手をすると今年中に姿を消す可能性もあり得るみたいですし。もしも撤去されてしまったらパチスロの楽しみがまた1つ減ってしまいます…。

ホント、規制には困ったもんだ。何でこうなった。あ〜嫌だ嫌だ。

と、誰もが思っている心の叫びを嘆いたところで実戦結果に移りましょう。


実戦結果
※すべて50枚貸し出し→等価交換のホールで実戦

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】
打ち始め…5スルー台(50G)
ヤメ…AT後5G
投資金額…53000円
流した枚数…1780枚
換金額…35500円
収支… -17500円

【パチスロ キン肉マン 〜夢の超人タッグ編〜】
打ち始め…686G
ヤメ…10G
投資金額…2000円
流した枚数…292枚
換金額…5500円
収支… +3500円

【戦国コレクション2】
打ち始め…541G
ヤメ…5G
投資金額…2000円
流した枚数…145枚
換金額…2500円
収支… +500円

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…朝イチ570G(前日175G)
ヤメ…27G
投資金額…2000円
流した枚数…273枚
換金額…5000円
収支… +3000円

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…朝イチ455G(前日不明)
ヤメ…34G
投資金額…25000円
流した枚数…3147枚
換金額…62500円
収支… +37500円

【アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-】
打ち始め…1057G
ヤメ…34G
投資金額…9000円
流した枚数…234枚
換金額…4500円
収支… -4500円

【アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-】
打ち始め…朝イチ1116G(前日117G)
ヤメ…34G
投資金額…18000円
流した枚数…498枚
換金額…9500円
収支… -8500円

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…740G
ヤメ…20G
投資金額…10000円
流した枚数…1240枚
換金額…24500円
収支… +14500円

【鬼浜爆走紅蓮隊 愛】 ※PICK UP!
打ち始め…ART間1067G
ヤメ…31G
投資金額…4000円
流した枚数…257枚
換金額…5000円
収支… +1000円

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】
打ち始め…5スルー台(10G)
ヤメ…AT後15G
投資金額…12000円
流した枚数…650枚
換金額…13000円
収支… +1000円


▼TOTAL収支
狙った台数…10台
総投資金額…137000円
総換金額…167500円
収支… +30500円


考察

今回は最近導入された「パチスロ テイルズ オブ シンフォニア(以下、テイルズ)」と「パチスロツインエンジェルBREAK(以下、ツインエンジェルBREAK)」について触れていきたいと思います。

導入されてから日も浅いため、実際に打つことはできませんでしたが、自分の経験を踏まえて考察させていただこうかな、と。また、天井のシステムについても触れていきますので、まだ初打ちを済ませていないかたの予習に役立てば幸いです。


まずはテイルズについて。

天井は通常時967G消化で到達し、その後32Gの前兆を経てART突入となります。狙い目は650G以上からが妥当でしょう。

注意点はCZ当選でも天井ゲーム数がリセットされる点。液晶のゲーム数はCZ当選でもリセットされる正確なゲーム数となるので、ハマリ台を探す際は液晶ゲーム数を確認しましょう。

ちなみに、何店舗かのデータ表示機を見た限りだと、CZ当選でもデータ表示機のゲーム数はリセットされていました。つまり、データ表示機のゲーム数を見ればハマリゲーム数がわかるということになります。ただし、その確認が取れていないホールで探す場合は手間が掛かりますが、液晶ゲーム数を確認したほうが安全でしょうね。

ヤメ時はゲーム数リセットのタイミングとなるボーナスorARTorCZ終了後にCZ前兆を確認したのち。CZは引き戻しの要素があるため、CZ失敗でゲーム数がリセットされた後も前兆を確認してからヤメましょう。

天井到達時のARTは2セット以上確定の恩恵があるため、複数台が設置されていて狙えそうなホールがあれば積極的に探してみて下さい。


次はツインエンジェルBREAKについて。

天井は通常時999G+α消化でART確定のCZに突入。600G以上からが狙い目と考えています。ちなみに、設定変更時は天井が666Gに短縮されるので、設定変更後なら300Gくらいから狙うことができそうですね。

また、333G・666Gに仮天井的な要素がありまして、これらゲーム数到達時はCZ突入確定となります。333GでのCZは約20%、666Gなら約50%でART当選に期待できます。そのため、ハマリ台狙いは700Gから打つよりもゾーン手前の600Gから打ったほうが期待値は高くなると思われます。

もし666G手前の台と666GのCZ失敗直後の台が同じタイミングで空いていた場合は、前者の666G手前の台を打つのが正解です。まあ、そんな贅沢な状況は滅多にないと思いますが。

ヤメ時ですが、ART非当選のボーナス後はエンジェルチャンス終了後にヤメ、ART終了後の場合は基本的に即ヤメで問題ないと思います。状態を考慮するならステージが夕方に滞在している間は打ち続るのもアリです。


これら2機種はそこそこ導入台数が多いので、狙える機会も多くなります。知識が浸透し切っていない今は優先的にチェックするようにしたいですね。


PICK UP

【鬼浜爆走紅蓮隊 愛】
打ち始め…1067G
ヤメ…31G
投資金額…4000円
流した枚数…257枚
換金額…5000円
収支… +1000円



ART初当たり時の上乗せ特化ゾーンから超鬼カードに突入しました。

超鬼カードの平均上乗せ枚数は約450枚。本機を代表する強力な上乗せ特化ゾーンです。


しかし、期待とは裏腹に継続保証の4Gであっさり終了…。上乗せ枚数は170枚。平均を大幅に下回る結果でした。


そこで、ですよ。この手のたま〜にしか突入しない上乗せ特化ゾーンについて1つだけ言わせて下さい。

個人的に平均を大きく上回る"上ブレ"には一切興味がないので、確実に平均的な上乗せが保証される機能を搭載して欲しい。プレミア的な上乗せ特化ゾーンでは特にそう思います。

例えば、特化ゾーン突入時に選択画面が出てきて、「平均上乗せで満足」or「上ブレを目指して勝負する」の2択式にするとか。前者を選択した場合は、平均上乗せに到達した時点で強制的に特化ゾーン終了という形で。まあ、これだと予想外の展開が起きにくいので夢は無くなりますけどね。

真に打ち手の求めるモノって何なんでしょうか。やっぱり上ブレが起きたときの高揚感が無くなるとパチスロは面白くないのかな。自分は下ブレが起きたときのストレスが軽減されるのなら、別に上ブレが制限されても一向に構わないです。そっちのほうが安定して勝てそうだし。皆さんはどう考えますか? 安定よりも波乱派でしょうか?


って、何をいきなり語ってるんだよって話ですが(笑)。

だって、最近のパチスロは特にストレスを感じる場面が多いんですもの。こう愚痴りたくもなりますよ(笑)。