確率は収束するというが、ツイている人とツイていない人との間には決して超えられない高い壁がある

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第72回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。そろそろ時期的に梅雨入りですね。毎年、梅雨に入ると、これまた隣人がウザイと思うのは俺だけでしょうか?

今というか昔からホールには傘置き場が設置されているのが普通ですが、なぜか大阪人はそこに傘を置く人は少ない気がします。パクられたら腹が立つのでそれも分かるのですが、せめて畳むなり下に置くなりすれば良いのに、ボタン等で止めないまま立てかけてる人が多く、そのせいで隣に居る俺のズボンが濡れるということもしばしば。俺が大股開きで着席してるなら俺も悪いと思うのですが、背筋を伸ばしてピンと座っている人間に濡れた傘を当ててくるのは嫌がらせ以外のなにものでもないと思うのですが…。

冬場は隣人のダウンジャケットのモコモコが鬱陶しいとか、隣人に対して愚痴ばかり言ってるような気もしますが、それも全てホールの環境のせいですよね。物理的なことに文句言っても仕方ないのですが、まだまだ大阪は隣の台との間隔が狭いホールが多いので、早く快適な環境になって欲しいと思います。

あ、そういえば、東京のホールでドル箱を置く台のところに「傘掛け」なるフックがあるのに気付きました。やっぱ、東京でも自分の傘は自分の手許に置きたい人が多いんですかね。

ほな、梅雨入り間近の5月最終のコラム実戦に向かいます!


2017年05月29日(月)
今日は恒例の梅田巡回から。話題の新台「必殺仕事人V」を中心にチェックしましたが、どこのホールもあまり回転率は良さそうな印象は受けませんでした。それに対して沖海アイマリンの客付きがすこぶる良く、回転レベルも高そうなので、やはりこの時期は海なんかなあという気がしました。

今日は全部で6店舗をチェック。その後、どうしてもハンバーグが食べたくなって少し遠出してみました。


これを食べながら本日の作戦を練ります。

『やっぱり今日も沖海4アイマリンにすっか。仕事人は回す努力がかなり必要そうやし、なにより水戸黄門の二の舞になりそうやしな…』

実戦コラム的には話題の新台を打てよって感じですが、俺的にはまだまだ様子見です。なので、さほど回す努力が必要ないいつものお手打ち台を打った方がきちんと稼げると判断。


そして、いつものホールに到着し、前回のコラムと同じ台にタバコを置きました。

『よし、先週と変わらずやな。まあ、千円26回レベルは堅いから、なんとか28回まで持っていくように努力しますか』

これが本来の「回す努力」やと思います。低いレベルの台で必死こいて努力するより、土台となる回転レベルがボーダーを超えている台で更に高みを目指すことが重要やと思います。5月の中旬頃までレベルの低い台で必死こいてしまっていたので、やはり結果がそれなりだったことから痛感している次第です。


モードはシンプルな「海モード」を選択。この台ではハイビスカスモードがお気に入りですが、先週、ちょっと不ヅキが重なったせいでかなりイラついたんですよね。それまでは、意外とサクサクと通常時に当たってくれていたので、こっちの方が海モードより早く大当たりを察知できると思っていたのです。

しかし、ハマってると例のシャンシャン音やハイビスカスの揺れ具合、そしてデジタル始動時の図柄の移行変化などに翻弄されてイライラが募るばかり。やっぱりシンプルに「魚群待ち」が一番落ち着くかなと思いました。


そんなわけで、ひたすら魚群を待つものの、あっさりと10Kが溶けました(泣)。

『なんとか276回転。まあまあやるやん! 俺!』

なんて思うものの、なんで週の始めの初っ端から倍以上のハマリを喰らっとるねんという苛立ちが…。なにより、ここまでガセの魚群すら出ていないのですから、大当たりどころか演出のヒキまで最悪なようです。…と、嘆いていたら遂に出ました! 待望の魚群が!

『おっしゃー! これは頂いたぜっ! えいっ!!』

完全に大当たりを確信してボタンをプッシュ。

俺の脳内では既に「キュイン」と鳴ってるのですが、液晶では該当図柄が華麗に行き過ぎました。

『だ〜れがハズレの魚群を出せっちゅうてん。そんなんやったら初めから出てくんな、ボケ』

ここから恒例の不貞腐れモード突入です。表面上はクールに打っていますが、リーチになるたびに『魚群出ろや、ボケ』とか、泡予告からのSP発展では『泡でも当れや、カス』と、心の中で台に罵声を浴びせます。


そんな中で迎えた386回転目。

『そうきたか。なんのインパクトもない、お決まりパターンか』

ノーマルリーチでビタ止まりでした。

その後のSTはスルーしましたが、時短で大当たりしてかろうじて2連。これはちょっとヤバい感じやなと思いましたが、時短後にすぐ大当たりが2回続いて、実質的には4連した格好になりました。


『しかし、ここまでの大当たりで1回も魚群で当たってへんやんけ。俺は今日は魚群が見たいんじゃー! 当たりの魚群出せや、魚群をっ!』

なんだか本来の目的とは違うところに憤りを感じていますが、こうなってくると、魚群で大当たりさせないと気が済まない気持ちになってきました。

ところが、4回目の通常時の大当たりは倍ハマリで中出目再始動で単発。5回目は持玉で当たるもまたもや単発。そして6回目はまた倍ハマリで単発と思いきやギリで時短大当たりして2連。その後、またすぐに7回目の大当たりをゲットしたもののまた単発という実に厳しい展開が続きます。

『この台、ふざけとんな。俺のヒキはさておき、ここまでで魚群がたったの4回しか発生してへんやんけ。しかも当たったのは1回だけってどういうこっちゃ!』

パチンコが確率の機械である以上、大当たりにムラが生じるのは当然のこと。演出も同様に抽選されるのですから、海の演出の王道である魚群を引っ張ってきても中身がハズレというのが重なっても不思議はありません。…が、今日の俺のように魚群を見たい人間にとっては酷なことですよ。


頭の中では苛立ちマックス。でも、外見は涼しい顔でお金を入れ続ける俺。そうしてやっと当たった8回目の大当たりは、もう海モードはええわとハイビスカスモードに切り替えた直後でした。


これ、切り替えてすぐにハイビスカスがチカチカしたんですよね。なんか、ちょっと自分の中でオカルトが入った気がしましたよ(笑)。

『もう魚群なんかどうでもええんじゃ。そんなことより、もっとイラついてきたわ、なんやねんこのデーターは!?』


実は本日ここまでまだ1回もST大当たりしていないのです! 本機のST時の大当たり確率は1/9.9です。つまり、STで通算4倍ハマリしているということに。

『そんな殺生な…。今日は魚群どうのこうのより、俺自身が全く確率に勝てない日なんやわ。回す努力うんぬんより当てる努力、いや、当たる努力が俺には欠けているんか…』

どうやら今日は俺の持論「回るだけでは勝てませんわ」の日のようです。ここまでに入れた金は22.5K、この時点で30K負けまで覚悟しました。


そんなところに先週お隣になった例のばあちゃんがまた俺の隣に座ってきたのです。

「どうも。こんにちは」

軽い挨拶してくれるこのばあちゃん。あの日以来、毎日このホールでお会いします。先週もほぼ負けなしと見受けられ、ほんまにこのばあちゃんは今までの人生で徳を積み重ねてきたんやろなと感じています。

「キュイン♪」

ばあちゃんの台にいきなり軽快な一発告知が鳴り響きました。すぐさま隣の台に目を向けるとそこには華麗に流れる魚群が…。

『すっげー! 俺を弟子にしてくださいっ!』

マジで思いましたよ。だってね、そこからSTで当てまくりで一気に7連してるんですもん。そのヒキ、マジで伝授して欲しいっす。

と、羨ましがっていたら遂に俺も本日初となるSTでの大当たりをゲットしました!


通常時の大当たり10回目ですから、49回転目のSTでやっとこさ当たりました。隣のばあちゃんとは雲泥の差ですね。

でも、ここからまるで台が息を吹き返したかのごとく、STで当たるわ時短で引き戻すわというよくあるパターンに入ってくれ、これはそこそこなんとかなるかという雰囲気になってきました。


すると、隣のばあちゃんが俺に何か訴えるような表情でこっちを向いているので、いったい何事かと隣を覗いてみると、それはウリンチャージが発生した状況だったのです。

「これね、リーチになったら当たりなんですよ!」

そうお教えした瞬間、今まさにタコがテンパイしようとする煽り演出に。

「ポコーン!」

なんと4個目の電チュー保留でテンパイしました。すると、ばあちゃんは「ボタンを押すの?」というジェスチャーを。

「押して下さい! 当たりましたよ!」

実は俺、この台はかなり打ち込んでいると思うのですが、この僅か4回もしくは5回転で当てたことありません。なので、こういう演出展開になるのかと参考になりました。


そして更に参考になったのは…。

「プオプオ!(サイレンっぽい警告音) 入賞口に異常を検知しました」(マリンちゃんの声)

このばあちゃんが俗に言う「オヤジ打ち」するのは前回のコラムでお伝えした通りで、本日も同様だったのですが、なんとゴト対策用の警報が発報されたのです。ヘソにやたら入賞させたとかも関係あるのかな?

『やあ、最近の台ってこういう対策が施されているんやなあ。めっちゃ勉強になったわ、ありがとうばあちゃん!』

しかし、当の本人はどこ吹く風という表情でそのまま打ち続けます。仕方ないので、俺がコールボタンを押してスタッフを呼んだのですが、そのスタッフの言葉にもビックリしました。

「少し時間が経てば直りますから」

そうなんや、解除とか必要ないみたいです。これまた勉強になりました。

最終的に隣のばあちゃんは昼から打ってる俺より大当たり回数を上回り、俺はなんとか入れた金の半分程度を取り戻すという結果に終わりました。


しかし、今日ほど持論の「回るだけでは勝てませんわ」を実感した日はないかもしれません。確率は収束すると申しますが、確かにホール全体では収束するんでしょうが、客という打ち手だけ見ると、ツイている人とツイていない人との間には決して超えられない高い壁があるように思います。

今日は通常時の大当たりはそれなりにチョイ不ヅキでしたが、ST時の不ヅキが負けの要因なのは明らか。俗に言う「確変負け」という展開だっただけに、俺もこのばあちゃんのように徳を積む人生(俺の勝手な思い込みですが)を送るよう努力したいと思います。回す努力よりも当てる努力、更に徳を積む努力こそが、これからのパチンコ勝利の必須条件なのかもしれませんね。


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CRスーパー海物語IN沖縄4 withアイマリンSBB】
大当たり…35回

稼働時間…12:00〜20:30
投資…25000円
回収…13000円(3.3円)
収支…-12000円