狂乱と歓喜の第2弾

シリーズ名
業界最前線パチンコ・パチスロ新機種発表会 (不定期更新)
話数
第227回
著者
宇惨臭蔵

2017/5/19
CRひぐらしのなく頃に
〜叫(さけび)〜
プレス発表会
@東京タワーメディアセンター
(Daiichi)


「2013年に市場投入した『CRひぐらしのなく頃に頂』から、約4年ぶりのシリーズ第2弾になります」と紹介された待望のシリーズ最新作がお披露目された!

「日常生活のストレスを発散できるような非日常的な刺激を供給する。適度な射幸性の範囲内で遊べて勝てるイメージをスペックにする」という2つのコンセプトで開発されている(藤井本部長談)とのこと。

惨劇を回避できれば大当たりとなるST「身隠しモード」や視覚聴覚を刺激するギミックアクション、そして右打ち時の大当たりは88%が払い出し2400個の16Rであることや初当たり時には1350個+100回転以上の時短(100回転時短or130回転ST)が保証されるなどが特徴だ。



スペックは大当たり確率1/319.7(高確率時は1/124.3)のV-STタイプで、130回転で継続期待度約65%のST突入率はヘソが52%で電チューが100%、ヘソ大当たりでST非突入時には100回転の時短に突入する。



プレス発表会ではコンテンツの世界観を体感できるVRやパニックゾーンが用意され、ゲストで来場したテレビリポーターの阿部祐二さんも生リポートしながら実際にチャレンジ。「想像以上の恐さでした」とその感想を語り、実機については「実際にホールで体験したくなりました」とコメントしていたのだ。狂乱と歓喜に叫ぶ待望の第2弾、ホールデビューは6月中旬を予定。
(宇惨臭蔵)