前回ホームランを出したドラセグで今回は4万発オーバーを目指す!? が、いざ実戦を開始すると……

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第69回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

前回のコラムに掲載した「羽根デジでのホームラン」ですが、SNSを通じてたくさんの読者さんからお祝いメッセージを頂戴しました。自分では「羽根デジでホームランは絶対無理!」と決め付けていただけに、ほんまに嬉しかったです。これはひとえに、いつも応援してくださる読者さんのおかげだと思っております。ありがとうございました!

ただ、よくよく考えてみると、出玉については前回のコラムでも触れたドルフィンダイブが最高記録でした。当時の換金率は42個交換なので、98Kなら40000発以上出していることになりますからね。そう考えるとますます今の羽根デジでは無理そうですが、いつかこの記録を塗り替えられるよう頑張っていこうと思います。

それでは、5月2週目のコラム稼働にいってみましょう。


2017年05月08日(月)

この日は整骨院からホール巡回と、午前中は過密スケジュールで動きました。そのせいで汗ダラダラで喉カラカラ。そんな状況でランチに行けば魔が差しても仕方ないでしょう…。



コラム稼働日だというのに昼間っからビールですって。

先週のホームランから稼働の調子がすこぶる良いということもあり調子に乗ったのでしょう。ついつい2本目もおかわりしてしまい、ごちそうさました時には顔が真っ赤で最終的に3本も飲んでしまいまして…さすがにやり過ぎですね。


『少し酔いを醒ませてからホールに入らんと…最悪、出禁になるやんか』

読者さんもご存じかと思いますが、パチンコホールは基本的に飲酒はNGです。まあ、店内で遊技しながらビールを飲む人は滅多にいませんが、もしそういう行為をホールスタッフが見つけた場合は、即座に遊技を中止&退去を促されるはず。おそらくハウスルールとして遊技規約で明言しているところがほとんどだと思います。

ま、昭和の時代は朝っぱらからビールやワンカップを飲みながら打つおっちゃんがいっぱい居たんですけどね(笑)。


そこで思い出したのは十数年前、高尾のレディスナイパーという台を打ち込んでいた頃の話。夕方には稼働を終えて居酒屋で飲んでいたのですが、思ったより早く店を出たので偵察のつもりで近くのホールを覗いてみたのです。

すると、めっちゃ釘が良かったのでついついお金を入れちゃったんですね。で、あまりにもよく回るのでそのまま打ち続けていたのですが…

「お客さん! 退店して下さい」

ホールスタッフから肩を叩かれこう言われたのですが、俺は言われるまま素直に退店しました。だってね…打ちながら爆睡してたんですから! 上皿の玉はなくなり、スコンスコンとカラ打ちした状態で寝てるんですから、出入り禁止になって当然です。その時は「二度と来ないでくれ」といった文言は発せられませんでしたが、自ら出入り禁止とし、それ以来そのホールには行ってません。


そんな過去の苦い思い出が蘇り、この酔っぱらった状態から通常状態に戻そうとしばし喫茶店で涼むことに。

『う〜、あの時とおんなじだあ。めっちゃ眠い…』

ゴールデンウイークは原稿の仕事が多く、そしてそれらに思いのほか時間がかかってしまったせいで寝不足気味…という影響もあるとは思うんですけどね。さらにちょうど前日が最後の追い込みで、かなり遅い時間まで仕事をしてしたので、その無理がアルコールで一気に出てきたって感じかなと。


そんなこんなで、結局ホールに到着したのは14時過ぎ。それでも、先週のホームラン台である「ドラセグ」は朝から誰も打っていない状態でした。

『うんうん。釘の変化はなし。ありがたいこっちゃね〜』

本当にそう思っていたのですが、あの時の状態では些細な変化には気付けかったと思います。しかし、いざ打ってみると、千円26回あたりで推移しそうな感じだったので事なきをえました。


とりあえず連休明けということで、状況の変化を確認するために店内を徘徊していると、シマの中央あたりで常連のおばちゃんに声を掛けられたのです。

「兄ちゃん、えらい上機嫌やな。顔、真っ赤やで!」

自分ではもう大分ひいたと思っていたのですが、かなり大きな声で指摘されてビックリしてしまいました。店員にケチをつけられるとマズイと思い、そそくさと自分の台に戻りましたよ。



席に戻ると、さきほど声をかけてきた方とは別の常連のおばちゃんが隣に座っていました。ひとまず、迷惑が掛からないようタバコは吸わず、酒臭さを抑えるためにも水をガブ飲み。ま、これで大丈夫でしょう。

すぐに大当たりしたので自慢のトラ打ち態勢に入ったのですが、今日は初っ端からRUSHは取れそうにありません。時折、それらしい演出は入りますが、全て決め手に欠ける演出展開ばかりでハズレの嵐。


そんな時です。隣のおばちゃんが、露骨にパウチされた台の説明書で扇ぎだしたのです!

『なんやねん、タバコの煙が嫌な人がするような扇ぎ方はっ! こちとらタバコを我慢しとんねん!』

一瞬、イラっとしましたが、すぐに反省しました。おそらく、俺が酒臭かったのでしょう…。俺もかつて酔っぱらいに隣に座られたことがあるので、その嫌な気持ちは分かります。申し訳なくなった俺は、時短スルー後にすぐに近所のコンビニに向かいガムを購入。それを噛みながら続行しましたよ。


すると、またすぐに大当たり。ここまでの現金投資額は4.5Kなので、まだまだ気持ちに余裕はありますが、できることならRUSHに突入して欲しいものです。

すると…



やっちゃいました。

さあ、ここから4万発オーバーですよ! やりまっせー! と、気合を入れまくったものの、30回転のSTはクソリーチが1回発生しただけで華麗にスルーしましたけどね。

でも、時短が70回もあるのですから、まだまだ余裕のよっちゃんとばかりにシコシコとトラ打ちを継続。が、時短残り回数も既にカウントダウンが始まり、俺的にはやっちまったなと諦めていました。


ところがっ! 電サポ保留のラストの消化となる105回転目にリールが赤フラッシュ。そしてトリプルリーチが発生したのです!

『これは当たったな。まるで先週とおんなじ展開やん。またやっちゃうのか!』



『くっそー、復活演出してもええくらいアツかったのに…』

このハズレは本当に痛かったですわ。


これはまだまだ現金投資が続くかも…と危惧していたのですが、運良くまたも持玉内で大当たり。そして、時短はスルーするもののまた早い回転数で当たるという、実に安定する展開に。持ち玉は全然増えていかないですけども。

『これ、酔っぱらってるから? もしかしたらそうかも…』

そう思うのは、眠気と酔っ払いのダブル効果で止め打ちタイミングがいつもより遅くなっていて、いつもは保留3個で止めているのにしばしば保留満タンになっている上に、多くの当たりがその4個目の時だったからです。

『ほほ、ジャッキー・チェンの酔拳みたい。酔えば酔うほど強くなるって映画やったけど、これ以上は飲めんしな。つーか、ほぼ醒めてきたけど…』

酔いの方は醒めてきたのですが、依然として睡魔は襲ってきます。とにかく、早いとこRUSHに入れて日当確保をせねば…。この状態でハマリの大波に襲われたらひとたまりもないですからね!


その後は、中ハマリするもののRUSHで回復するという展開が続くのですが、どうにもこうにも睡魔に勝てません。たぶん、今打っている台が海物語なら完璧に寝てるやろなという気がします。

『もうアカン。眠い、帰ろ…』

定刻まで打たない、日当も持って帰らない。どんだけポンコツやねん! と。何が4万発やねん! と、思いましたが、この日は無理をせず撤退することに。


そして自宅に戻り、風呂あがりにシュポっとビール!

「かーっ!美味い!」

今日はどんだけ飲んどるねんって感じですが、これからの季節はどんどんビールが美味くなっていきますよね! でも、やはり稼働する時は飲まないようにします。そして睡眠不足にも気を付けていきたいと思います!


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CRドラセグ2 WBA】
大当たり回数…28回
稼働時間…14:30〜19:45
投資…4500円
回収…15000円(3.3円)
収支…+10500円