忍魂 暁ノ章 暁REG→赤満月→暁REGという最高の展開で大量上乗せ!?

シリーズ名
MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜 (毎週月曜日更新)
話数
第67回
著者
大和
自分はゲームがかなり好きだったりするのですが、神がかったデキの作品に出会ったときは、クリアした途端に続編が待ち遠しくなります。皆さんもゲームに限らず、小説やドラマ、アニメ、映画なんかで同じように思ったことがあるのではないでしょうか。

ゲームの場合、何ならシステムはそのままでいいからストーリーだけ変えて出してくれたらな…なんて思うような作品が沢山あります。もちろん、2作目以降でさらに磨きが掛かって、より凄い作品に仕上がる場合もあるし、全く違う内容に変貌を遂げたものの、それはそれで面白い! って思う場合もあります。

ただこれはゲームの話で、ことパチスロにおいては当てはまらないかなと。なんだかんだで初代が最も完成度が高かったっていう台が多いような気がします。

だからといって、「初代は良かった〜」「昔は楽しかった〜」なんてことばかり言っていると、若い打ち手の方からおじさん扱いされてしまうので、気を付けないといけませんね。

昔の台も良いけど、面白さだけで言えば今の方が面白い台が多いと本気で思っている大和がお送りする「MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜」。

今回は、初代がめちゃめちゃ面白く、2代目はシステムが変わったにもかかわらずこれまた名機と言って良いレベルのデキだった忍魂シリーズの3代目、「忍魂〜暁の章〜」でミッションクリアを目指します。

ミッションは以下の通り。

[1] 忍之一字で150G以上上乗せ
[2] 暁BIGで200G以上上乗せ
[3] 暁REGでフリーズ発生


本機はボーナス+ART機で、ゲーム性は初代忍魂に近いものとなっています。なので初代を意識して打ってもらえれば問題ないかと…と言っても、初代が出たのは2007年の1月と8年以上も前。初代を打ってはいたけどもう忘れたっていう方や、その頃はまだパチスロを打っていなかったっていう方もいると思うので、打ちながら簡単なゲーム性を説明したいと思います。


ARTの入り口は主にボーナス中の抽選と通常時に成立したチャンス目での抽選の2つ。チャンス目成立時は滞在状態で当選率が変化し、高確ならチャンス、超高確ならART確定となります。

チャンス目はボーナス同時当選も期待できるので、まずはチャンス目成立を目指しながら打つことになります。


で、いざ打ち始めると…いつまで経ってもチャンス目が出現しないんですよね。チャンス目は3種類あって、合算すると約1/150。400G消化した時点で一度も出なかったので、なんかおかしいなぁと思って調べてみると、ハズレ目でもチャンス目の可能性があることが判明。

ただし、チャンス目成立時は第3停止後にPUSHを押すとリールフラッシュが発生するため、演出や出目からチャンス目かもと思った時には、PUSHを押して確認したほうが方が良さそうですね。

ということで、きっとハズレ目が停止したチャンス目を見逃していただけだろうなと思って再開したのですが、考えてみれば怪しい出目や、アツそうな演出+ハズレ目といったものを一度も見ていないので、ただ単に400G間1/150を引けていない可能性が高そうです。


チャンス目が引けないのなら、もう1つのART当選契機であるボーナスが頼みの綱となりそうです。ボーナスはチャンス目以外からの当選もありますからね。

とういうことで、思惑通りチェリーからBIGに当選!



BIG中は予告音が発生した際は左リールの2種類のチェリーのどちらかが成立しており、この2択に正解するたびにART抽選が行なわれます。

予告音発生時に右リール上・中段に2連BARをビタ押しすると、どちらのチェリーが成立してるかが出目から見抜けるという技術介入要素があるので、目押しに自信がある人は若干有利になりますね。

ビタ押しに失敗した場合は、2択を当てなければチェリーが入賞しないので、成功率は50%なのですが、ビタ押しにチャレンジせずに順押しした場合は70%で成功扱いになるので、自分の目押し力と相談して打ち方を決めた方が良いでしょう。

自分は少しばかり目押しに自信があるので、ビタ押しにチャレンジしながら消化したものの、ほとんど予告音がならなかったというのもあって、残念ながらARTには当選せず。


そしてBIG終了後しばらくすると…


今度はREGに当選。こちらは消化中(8G間)にフリーズが発生すればART当選となるのですが、こちらも不発。そう言えば雑誌にREG中のフリーズは実戦上未確認って書いてあったのを思い出しました…。


チャンス目が引けない、ボーナス中もダメ…となると、どうすればARTに入るんだよ! って不安になってしまうのですが、実はこの3代目、初代にはないもう1つのART当選ルートがあるんですよね。それが「忍ノ破片」システム。

忍ノ破片はレア役成立時の一部や一定ゲーム数のハマリ、REG連などで獲得でき、これがMAXになるとボーナス当選時にARTに当選するのです。

忍ノ破片獲得時は演出で獲得の有無や獲得量を示唆することがあります(紫色の塊が出現)。また蓄積量を示唆する演出(紫色の光が溢れる)もあり、どちらも大きさが量を表しています。

先ほどのREG後、500Gほどハマったタイミングで蓄積示唆パターン大っぽい演出が発生したので、おそらく次のボーナスで発動してARTに入るでしょう。

そんなことを思いながら消化していると、そこからさらにハマって900Gでボーナスに当選。通常時968G消化で天井ARTとなるので、何もこんなとこでボーナスに当選しなくても良かったのに…。


まあこれはさすがに忍ノ破片はMAXになっているでしょう。ということでボーナスを揃えてみると…


なんと暁REGに当選。基本的にART中でしか暁REGのチャンスはないと思っていたのですが、忍ノ破片MAXでREGを引けば暁REGになるんですかね。真実は分かりませんが、いきなりミッションクリアのチャンス到来です。

暁REGの時点でARTは確定。あとは8G以内に1/12で発生するフリーズを引くことができれば、セット数上乗せかつミッションクリアになります。

次のチャンスはいつ訪れるのか、そもそも訪れるかどうかも分からないので、ここは是が非でもフリーズを発生させたい!








そんな切なる願いが通じたのか、最終ゲームでフリーズが発生! これでセット数上乗せ! そしてミッションクリア!

なんとかチャンスを生かすことができました。しかも、ここからさらなるチャンスが訪れます。


ART準備中が赤月状態になっているじゃありませんか!

赤月状態はART中のチェリーAやハズレ時の抽選から移行するゲーム数上乗せ高確率状態。ここでレア役を引くことができれば上乗せ確定、ボーナスなら暁BIGor暁REGになるので、かなりアツい状態であることは間違いないのですが、実戦上3or5Gで終了してしまうため、ここで何かを引くのはなかなか難しかったりします。

ただこれはART中の話のようで、ART準備中は赤月状態が終わりません。もしかしてART突入までは継続するのか…と思いながら消化すると、やはりART突入まで赤月状態は継続しました。

この間、レア役でコツコツ上乗せしていたので、それなりのアドバンテージを得られたのですが、ARTに突入してすぐに…


ボーナスに当選! ちなみにまだ赤月状態のまま。

これでBIGなら平均180Gの上乗せに期待できる暁BIG、REGなら先ほどと同じ暁REGとなるので、できることなら暁BIGで2つ目のミッションクリアを目指したいところでしたが…残念がら出てきたのは暁REG。


しかも、今回はフリーズせずに終了と2回目のチャンスはモノにできませんでした。


それでも、ゲーム数上乗せ+セット数ありというなかなかの状態でARTを消化できるのだから、ロング継続に発展する可能性は大いにありま…






…せんでした。

ART中はボーナスを引くこともなければ上乗せもさっぱりで、淡々と減っていく残りゲーム数を眺めながら消化するという悲しい作業のままARTは終了。初ARTでミッションコンプリートしてやろうと密かに思っていたのに、その野望は30分足らずで潰えてしまいました。

果たして、後半は前半を上回るドラマが待ち受けているのか!? 乞うご期待!