押忍!番長3の対決ゾーン狙いは有効!? 濃いゾーンのマイナス3回から検証してみた結果……

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第61回
著者
クボンヌ/二星しょうた/畑ヒロフミ
読者の皆さんは一向に勝てる気がしない台ってありませんか? その感じ方は人それぞれだと思いますが、言い方を変えれば極端に相性が悪いと感じてしまう台。最近、個人的にそういう印象を猛烈に感じている機種がありまして。その台は『パチスロビビッドレッドオペレーション』。


先月設定が入りやすい状況にあったのでよく打っていたのですが、打つ度に負け、負け、負けの繰り返し。高設定を打てていないからと言えばそれまでですが、"偶然出ちゃいました"的なマグレすら起きてくれないんですよ。ここまでキツいと感じた台は久しぶりかもしれません。

でも、解析を見る限りは「どうあがいても出ない」という感じでもないんですよね。設定状況が良くないホールでもイイ感じに出ている台を見たことがありますし…。出るポテンシャルは十分に有しているようです。

つまるところが、出せない原因は半分以上が己のヒキ弱によるもので、それを発揮できない自分には向いていない台ということ。

もちろんパチスロの相性なんて考えはオカルト以外の何物でもないですが、そう思わないと納得できないくらい出る気が起きなくて。まあ、言っても新基準機ですし、スペックが低いから出にくいと言えばそれまでですが。


面白いけどキツすぎて打てない。最近はそう感じてしまう台が不幸にも多い気がします。やっぱりスペックって大事ですよね。未だに旧基準機が支持されているのも仕方ないのかな…と。つくづく感じてしまう今日この頃です。


実戦結果
※すべて50枚貸し出し→等価交換のホールで実戦

【ゼクスイグニッション】
打ち始め…451G
ヤメ…15G
投資金額…2000円
流した枚数…1108枚
換金額…22000円
収支… +20000円

【GI優駿倶楽部】
打ち始め…447G
ヤメ…5G
投資金額…4000円
流した枚数…1254枚
換金額…25000円
収支… +21000円

【ガールズ&パンツァー】
打ち始め…602G
ヤメ…5G
投資金額…2000円
流した枚数…455枚
換金額…9000円
収支… +7000円

【エウレカセブンAO】
打ち始め…550G
ヤメ…32G
投資金額…7000円
流した枚数…151枚
換金額…3000円
収支… -4000円

【北斗の拳 強敵】
打ち始め…955G
ヤメ…25G
投資金額…14000円
流した枚数…451枚
換金額…9000円
収支… -5000円

【アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-】 ※PICK UP!
打ち始め…900G
ヤメ…31G
投資金額…9000円
流した枚数…664枚
換金額…13000円
収支… +4000円

【ゼクスイグニッション】
打ち始め…朝イチ317G(前日117G)
ヤメ…21G
投資金額…12000円
流した枚数…506枚
換金額…10000円
収支… -2000円
※据え置き傾向の強いホールにて実戦

【押忍!番長3】
打ち始め…ベル110回
ヤメ…10G
投資金額…4000円
流した枚数…268枚
換金額…5000円
収支… +1000円

【恵比寿マスカッツ】
打ち始め…550G
ヤメ…4G
投資金額…3000円
流した枚数…176枚
換金額…3500円
収支… +500円

【戦国乙女2〜深淵に輝く気高き将星〜】
打ち始め…594G
ヤメ…3G
投資金額…2000円
流した枚数…65枚
換金額…1000円
収支… -1000円


▼TOTAL収支
狙った台数…10台
総投資金額…59000円
総換金額…100500円
収支… +41500円


考察

今回の考察機種は「押忍!番長3(以下、番長3)」となります。天井はベル・MB中の小役(チャンス目目は除く)が合計200回(※)入賞すれば到達となるので、ベル140回あたりから狙えば期待収支がプラスなのではないかと予想しています。
※設定変更時は128回に短縮

今回考察するのはこのハマリ台狙いではなく、規定ベル回数狙い…いわゆるゾーン狙いに相当する狙い方です。


まずは、規定ベル回数について簡単に説明します。

規定ベル回数は1〜64回のいずれかに振り分けられ、規定回数到達時は対決発展確定となります。規定ベル回数振り分けはモードの影響を受け、モードによって振り分けられやすい回数が存在。


規定ベル回数振り分けの目安
ベル回数 通常A 通常B チャンス
1〜7回
8・9回
10回
11〜14回
15〜17回
18・19回
20回
21〜23回
24回
25〜29回
30〜32回
33回
34〜38回
39回
40回
41〜43回
44回
45〜47回
48・49回
50回
51〜55回
56〜64回


上表はモード別の振り分けが濃い規定回数を記号で表したものになります(▲<〇<◎の順で振り分けられやすい回数)。

◎部分が最も濃い回数になるので、この◎部分の回数を狙い打てば対決に当選しやすい=ART初当たりに繋がりやすい…ということになります。前作の200G・400G台のゾーンを打つ感覚と似たような狙い方ですね。

◎部分で特に注目したいのが、通常A・通常B・チャンスどのモードでも◎のゾーンとなっている以下の回数。

15〜17回
30〜32回
56〜64回

この3箇所は天国以外のモードで振り分けられやすい回数となっているので、ゾーン狙いはこの3箇所を狙う形になります。


ゾーン狙い時はカウンターの数字をチェックし、前述のゾーンからマイナス3回以内から狙う形が無難でしょう。例えば、15〜17回のゾーンなら12回から狙い目になります。

打ち始めて規定回数の後半(17・32・64回)まで到達させたあとは基本的に対決へ発展しなければヤメ、対決へ発展した場合は対決敗北後に特訓の有無を確認したのちにヤメとなります(ART非当選時)。

ART当選時はART終了後の引き戻し当選の有無を確認し、引き戻し非当選かつベル回数が前述のゾーン以外ならヤメましょう。


では実際にこれらのゾーンを狙った際は、どの程度の割合で対決発展に期待できるのか? 件数は極小ですがサンプルを集めてみたので紹介します。


【15〜17回のゾーン】
12件中9件が対決発展

うちART当選2件

【30〜32回のゾーン】
6件中2件が対決発展

うちART当選0件

収支:-752枚(1台あたり約-41枚)


対決発展件数は規定ベル回数到達時以外の契機も含めた数値で、レア役等の契機を問わず対決へ発展したら1件としてカウントしています。

30〜32回の対決発展件数は低いですが、これはただ単にサンプルが少なすぎるだけで、本来は15〜17回のゾーンと変わらない程度に発展すると思われます。なので、これら◎のゾーンはやはり対決発展期待度が高いと思って良いでしょう。


ただし、対決へ発展しても当然ながらARTに繋がらないと出玉は得られません。ゾーン狙い18件中、ARTに繋がったのは僅かに2回…。サンプルが少ないのでこれが少ないのかどうかわかりませんが、ARTまで繋げるのはなかなか難しい印象ですね。

ちなみに、この2件のARTは3連・単発というショボショボの結果。これもマイナス収支の要因の1つでしょう。件数をこなせばどこかで固まった連チャンのサンプルが取れるハズなので、その時に収支がどうなっているか…でしょうね。

それでも依然としてマイナス域だと使えない可能性が高まってしまいますが、この狙い方なら設定1でも高設定に匹敵する初当たり出現率になると思うので、期待値がマイナスとは考えにくい。当たりにくいところを避けて当たりやすい部分だけを打つワケですから。

このゾーン狙いの有用性は、もしかしたら誌面で正確な検証がなされるかもしれませんが、それまでの間はとりあえずこの狙い方で打ち続けてみるつもりです。


番長3は人気機種で設定状況は良好です。そのため、基本は高設定狙いで攻める立ち回りがベスト。でも、高設定を見込めない状況などでは、この規定ベル回数狙いが活躍するかもしれません。

現状は期待値的にプラスという根拠がないため強くオススメできませんが、投資を抑えて番長3を遊びたいという方にはうってつけです。リスク軽減を兼ねてこの狙い方を実践してみてはいかがでしょうか?


PICK UP

【アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-】
打ち始め…900G
ヤメ…31G
投資金額…9000円
流した枚数…664枚
換金額…13000円
収支… +4000円




ポセイドンで初めてのGOD降臨の結果がコレ。トライデントアタックは111Gで、アトランティスゾーンの上乗せも50Gだけで他はすべて駆け抜けて終了しました。

こういうこともとりわけ珍しくないのがポセイドンだと思いますが、いざ自身が体験するとさすがに萎えますね。ああ…せっかく1/8192引いたのにって(笑)。


ってか、結局のところポセイドンってみなさんはどう思われていますか?

出玉はハーデスに敵うはずがないのでそこは比べませんが、ゲーム性はハーデスと比べてどうでしょうか。アリ派ですか? ナシ派ですか?

自分はポセイドンのゲーム性に関してはアリ派です。盾ストックのシステムはハーデスのゲーム数上乗せよりもムラが大きくて正直キツいと感じることが多いですが、盾ストックは具体的にゲーム数が表示されているわけではないので、盾1個当たりに未知数の可能性がある…と思えるんですよね。その結果はGG消化後までわからないので、そこまで期待感を持続できるといいますか。

あと、ポセイドンはGG中の状態がハーデスよりも圧倒的に重要なので、ステージチェンジの度にアツくなれる点も好きですね。上位状態なら押し順黄7でも上乗せに期待できるのでレア役待ちにならないですし。超高確中の盾ストック乱獲時のイケイケ感はクセになります。


ですが、もちろんポセイドンにも嫌いな部分はあります。それは皆さんも同じかもしれませんが、"天井の性能"について。天井ゲーム数はコイン持ちを考えれば1800Gでも問題ないと思うんですが、そこまでハメたことに対する見返りが欲しかったですよね。ただのGG当選で1800Gはさすがに気が遠くなりますよ。

ハーデス・凱旋も天井に恩恵があるからこそここまで支持されてきたと思うので、ポセイドンもプレイヤーが納得する天井性能は必須だったような気がします。

まあ、射幸心の問題で天井の恩恵を過剰にできないという面があったのかもしれませんが…。ただ、1つ言えるのは、天井の恩恵が"トライデントアタック確定のGG当選"だったら稼働は今とまったく違っていた可能性大ということ。ゲーム性が作り込まれているだけに今の稼働状況はもったいないですよねぇ…。