GWでも問題ナシ!? 特定日や取材を入れているホールに注目すべし!

シリーズ名
ホールサイン解読術 (毎週土曜日更新)
話数
第28回
著者
葛ヤスナリ
2年くらいホールで見かけなくなったスロプロの知り合いがいまして。で、まぁこんな時代だし、パチスロをヤメたのかなーなんて思っていたのですが、ついこの前、別の知り合いからそのスロプロの近況を聞いてビックリ。なんと今はプロのギャンブラーとして、海外のカジノを舞台に荒稼ぎしているんだとか(笑)。

その知り合いとスロプロも知人同士で、マカオ帰りのスロプロとご飯を食べたらしいんですが、食事の間ずっと、ブラックジャックがいかに稼げるかを力説していたんですって。

知り合いは話半分で聞いていたようですが、お会計になってスロプロがカバンを開けたときに、中に500枚以上の諭吉さんが裸のまま入っていて驚愕したとのこと。

これで、ギャンブラーとして稼いでいるっていうスロプロの話の信憑性が高くなったと言っていました。…それにしてもスロプロをヤメてプロのギャンブラーになるなんて破天荒すぎるだろっ!


このコラムでは以前、スロプロ生活をヤメた坂本くんの話をしました。その時は「スロプロをやっている時期っていうのは、長い人生のなかのお休み期間なんだな」という感じでコラムを締めたと思うんですが、スロプロのなかにはぶっ飛んでいる人もいますからね。

プロのギャンブラーとなった彼は、スロプロ時代もルールギリギリのやり方で勝ち続けていましたし、もう生粋のアウトサイダーなんでしょう。

ちなみにブラックジャックで勝ち続ける秘訣は「国語力と数学力」らしいです。自分には何が何やらさっぱりわかりませんでしたが、ピンときた方はギャンブラーの素質があるかも!?


さて、それでは本題に入ります。

世の中的には明日29日からゴールデンウィークとなるようなので、連休中の立ち回りを書こうか、なんて考えたのですが、自分の場合は普段とそこまで変わらないんですよね。

「GW中は高設定が入らない」というのがこの業界の定説ですが、最近はそこまで影響を感じないというか。いや、それでも普段より厳しくはなりますけどね。

地域にもよりますが、広告規制が始まってからは「休日の特定日」を大事にするホールが増えたと思います。

都内ではホールから情報を発信できないので、お客さんが一度離れてしまうと、それを呼び戻す手段が見つからないという恐怖感があるのでしょう。それなら、これまで力を入れていた特定日を大事にしようと考えているんだと思います。

また、あまりお客さんのいない平日よりもお客さんの多い休日に高設定を使って、できるだけ多くの人にアピールしようという動きもあります。

という事で、連休中は休日に力を入れているホール、特にそれが特定日と重なっていれば、少なくともべタピンみたいな状況は防げるかなと思います。


特定日はいいとして、休日に力を入れているホールをどうやって見つけるか。一番簡単なのは、休日に様々な媒体の取材を入れているかどうかに注目することですかね。

最近は情報誌だけでなく、人気ブロガーがホールの状況を精査する、といった内容の取材が増えました。ホールが直接言えないような内容を、発信力のある個人や会社に代行してもらうといった手法ですね。

人気のあるブロガーさんの取材だと、300人くらいは平気で集まります。それだけの集客力があるものだから、設定を使っていなければ悪評もすぐに広まりますし、必然的に設定配分の良いホールも多くなります。

GW期間中だけ取材を入れているようなホールだと「集客したいだけ?」なんて疑ってしまいますが、普段からこういった取材を大切に使っているホールなら打てそうですね。


あとは5月5日。言わずと知れた「GO!GO!」の日ですよ。

以前メーカーの方から聞いた話なんですが、5月5日は全国のジャグラーの出玉率を平均すると、100%を超えているらしいんです。まぁ全てのホールの出玉率を集計するなんてことは不可能なので、多少大げさに言っていると思うのですが、それでも狙い目であることは間違いない。

なので、ジャグラーは苦手だという方も、5月5日だけはジャグラーを打ってみてはいかがでしょうか。


そんなこんなで、自分がGW期間中に稼働を休むのは、特定日の少ない5月2日と4日くらいだと思います。

お客さんの多い期間ということで台移動もままならないでしょうし、朝イチ台がダメだったら、大人しく帰宅して連休を楽しむことにしますよ(笑)。