アナザーゴッド ポセイドン プレミアのレインボーボタンから出てきたのは待望の……!?

シリーズ名
F山科の自堕落な日々 (毎週金曜日更新)
話数
第63回
著者
F山科
これまで書いてきたコラムでも実戦していることが多かったGODシリーズ。個人的にも大好きなシリーズなので、新作が出た際には、やはりGODを一度は降臨させておきたいと思う次第である。


4号機初代の初GODは、忘れもしない「遅れ」からの7テンパイだった。あの時の衝撃は今でも記憶に残っており、中段GODの赤フラッシュテンパイは目に焼き付いている。ゴールドXRは10回近く引いたかもしれない。

5号機最初の作品である「神々の系譜」では、ブラックアウトフリーズでGODが降臨…そのタイミングには驚かされたモノだった。4号機はレバーONからしばらく固まった後に暗転したが、5号機はレバーONと同時である。目の前の20インチ液晶がいきなりブッツンと消えるのだから、驚かない方がおかしい。

後のシリーズ作品である、ZEUSver.はGG中のボタン「激熱」から。ハーデスは演出ナシから。神々の凱旋は天井GG中の「激熱」から降臨。それらは抽選されている確率である「1/8192」にしては早めの段階で引けていた。

…しかし、海皇だけはなかなか引けなかった。4/26に発売されたパチスロ7の漫画「打めんず7」でも打ってはいたが、神降臨はおろか青7揃いすらも自分には引けずじまいだった。

ユニメモのトータル消化ゲーム数を見てみると、すでに8192Gを超えている。そういえばパチンココラム担当の1人である「さやか」も、神々の凱旋でなかなか降臨せず苦労していたような。今度は自分が苦労する番か…コイン持ちが良いのがせめてもの救いではあるが。


海皇と対峙する際は、できる限りプロメテウスゾーン(PZ)の高確を意識して打つようにしている。要するに、400や800といった高確移行のゲーム数にできるだけ近い台…である。ハーデスと一緒ですね。

PZ中にGGを当てて、そこからトライデントアタックで伸ばせないと、GG延命のカギを握る盾もロクにストックできないからね…。あと通常時の天井は、あくまでも神降臨を逃した時の保険として打つようにしています。

そしてある休日。700Gあたりから打ち始めて、800G台のPZ当選を逃し、1200G付近を目指していた時のこと。レア役を固めて引いたのが良かったのか、1150Gあたりで普通に奇数が揃った。

1200GならPZ高確移行確定なんだけどな…。

今日もGG単発ヤメだろうか…。

と、後ろ向きな気持ちでGGを消化し始めた直後だった。


筐体の下皿から風も吹き出すボタン演出。しかし、いつもと様子が違う。よく見るとボタンがレインボーに光っておる。プレミアである。

思わず「ああっ…」と声が出た。一人で打っているのに。周りに誰もいないのに。神降臨を目標として打っている自分にとって、このプレミア演出は神々しいモノだった。

おそるおそるボタンを押すと、伝統演出である「扉」が閉まる。おそらくは確定役である。なので、左図柄にアレが止まれば。「7」が止まれば。間違いなく神は降臨してくれるだろう。


その願いは形となり、誰もが初見は撮影しているであろう中段GODテンパイが姿を見せる。待ち焦がれた光景である。ようやく望んでいたモノが手に入ったのだ。



さて、神が降臨してくれたのはいいが、この台はハーデスと同じアナザーゴッドシリーズである。恩恵が大きいとはいえ、その後に「己の力」で伸ばさなくてはいけない。


海皇のGODは、まずGG100Gを獲得。さらにGGストックが3個あり、そのうち1つは必ずトライデントアタックを経由。さらにループストック抽選は必ず50%か80%を選択する。

なので、もしGODを引いた後、何もできずにループストックがなければトライデントの最低保証111Gに、GG2回分の100G、GODの100G…。合計311GのGGで終了することになってしまうのだ。

この時は3個目(目に見えるラスト)のGGストックでトライデントアタックが発動し…


この悲しすぎる写真。トライデントの結果画面を撮影する気力もなく、証拠のために撮った110Gの写真がとてもむなしい。GODを引いてから30分も経たないうちに、GGは早くも終焉を迎えようとしていた。

こうなったらアレである。ループストックに託すしかない。盾は1個しかないので、アトランティスゾーン(AZ)での引き戻しはかなり厳しい。リザルト画面が出た後の画面爆発から、奇数が揃ってくれることを祈るしかない。


そして本当に爆発してくれた。ループストックを獲得していたのである。トライデントがなければ50Gだけど、盾も保障がないけれど、そのまま終わるよりは遥かにマシである。

とはいえ、基本的に50%ループなワケだから、コレを伸ばせないとまず終わるだろうな…と思っていたら、


駆け抜けた後に3が揃って、また駆け抜けて5が揃う。リザルト画面から豪快な音ともに奇数が揃う様は、心の底から救われたような感じだった。

…というか、これは50%ループが運よく続いてくれているのだろうか。それとも80%ループ(選択率3.1%)なのだろうか。


そして3回目のループストック消化中、ようやく盾を2個獲得。獲得枚数は1218枚…純増2.0枚の新基準なら、これだけ頑張れば文句はないだろう。だから終わっても悔いはない…そんな気持ちでAZに臨むと、


盾を1個も使わずに2回もリール上に盾が揃う。三叉の槍も映っている理由は、ココが激しく光ったから。トライデントの煽りも出たが、残念ながらSU1で終了。それでも100G獲得とは…ありがたい限りだ。

その100Gが終了した後、またしてもループストック発動。これで4回目である。これはもしかして本当に80%ループを引いたのではないだろか。50%だとしたら1/2→1/2→1/2→1/2で1/16ですよ?


さらに、この後はAZ中に槍を構えているポセイドンが猛威を振るった。


盾を大量にストックしたわけではない。1個しかないのに、一発目の盾揃いカットインが液晶振動を伴う強パターンだったり、氷だけの弱い演出でもしれっと揃ったり。結果、100G→100G→50GとAZで繋いでいく。まさに己の力で伸ばすアナザーゴッドのゲーム性である。



まあ、そんなに長く続くワケもなく、AZで盾が揃わずに終わると、そのまま画面は爆発せずに終了した。それでも1800枚まで伸ばせれば上出来だ。


あとはGGの取りこぼしなどがないか確認して終了である。V揃いを引いて、3回目がGG終了後のオリオンステージで出てくる現象を目撃しているので、画面が爆発せずとも様子を見る必要はあるハズ。


そしたら本当に残っていた。出目が高モードを示唆していたので、自力で引いた可能性もあるが、何はともあれ引き戻し。この場合、盾も1個もらえるのでAZに挑めるチャンスもある。



これが本当に頑張ってくれるんだからたまらんよね。盾が1個しかないのに、海皇様ったら強カットインとかで頑張るんだもの。まさか初期の50Gより多い100Gもいただけるとは思わなんだ。



最終的な結果はご覧のとおり。綺麗に1が揃うゾロ目のトータルGGゲーム数で、獲得枚数は2000枚をギリギリ突破。

海皇の神降臨は本当に己次第で豹変します。最低保障で終わり下皿のママで終わった人もいれば、トライデントで444Gを獲得して4000枚を超えた人もいます。早い時間帯に起爆して、万枚を超えた人だっています。

今は旧基準である長男のハーデスと末っ子のゼウス(凱旋)が現役稼働中なので、新基準の次男ポセイドンは苦しい戦いかもしれません。

しかし、旧基準はいずれ全撤去される運命にあるでしょうし、そうなったらGODシリーズの血を受け継いだポセイドンに全ての運命は託されます。規制がさらにキツくなる5.9号機時代の前に出てくれた貴重な一台なのだから、今後ホールが大事に扱ってくれることを期待したい…。