パチスロ開発者が「絶対必要」だと言うノーマルタイプの派手な筐体や役物。その理由とは!?

シリーズ名
町民プールで鮪釣り (毎週火曜日更新)
話数
第58回
著者
ラッシー
この1週間も稼働したのだけれど、狙いがハズれまくって見せ場はゼロ。なのでここ1週間であった出来事や、感じたことを綴っていきます。前回のコラムの続きも少しだけ。


先日、パチスロの開発をしている方々と飲む機会があった。誤解なきよう書いておくが、もちろんこれからリリースされる機種の未公開情報や、俺だけが有利になるような情報は一切聞いていないのでご安心を。

話題は専ら昨今のパチスロ事情。やれドコのアノ機種が面白いだとか、アノ機種の変則打ちがどうだとか、アノ機種のシステムがどうだとか、そういった話がメイン。

ちょうど良い機会なので、前回のコラムで書いた「ノーマルタイプにハデな筐体や役物は必要なのか?」を聞いてみた。すると「絶対に必要」とのこと。やはりハデな筐体・役モノでないと、買い手であるホールが興味を示してくれないらしい。

ここまでは当コラムで何度も書いた通りだが、ユーザーの反応にも大きく影響するとのこと。せっかく新台としてデビューしたのに、筐体が地味だとホール内で見つけてもらいにくく、稼働が上がらないそうな。

パッと見で「この機種!」と分かりやすい筐体にすることは、とても大事らしい。やはり俺の「シンプルな筐体で十分じゃね?」というのは、しょせん現場を知らない素人の意見だったんですな。知ったふうな口を利いて申し訳ない。

ちなみに筐体が地味だから機種の価格が安くなるかというと、そうでもないそうな。開発費はたとえ液晶がなくても莫大になるらしい。つまり、この先も機械代が安くなることは望めないようだ。ホール・ユーザーの負担が軽くなることは、なかなかナイようですなぁ。


さて、ここからはスマホの話。およそ3年ぶりに機種変更しました。パチスロも情報が重要な時代。まあ、パチスロの情報くらいガラケーでも十分かもしれないけど、ホールからのLINEとか容量が大きいメールとかもあるしね。

今回はそういった情報を得るための機種変更ではなく、単純に前の機種の電池パックがボロッボロになっていただけなんだけど。フル充電で家を出ても、10分も歩けば残り20%以下になっていたから。電池パックを交換するだけでも良かったけど、それで1万円近く取られるなら、いっそ新機種にしたほうがいいかなと思ってね。


機種変更してみて驚いたのは、クラウドの利便性。みなさんはクラウドって有効利用していますか?

クラウドっていうのは…俺もよく知らないけど、ネット上にあるHDDみたいなものかな。これまではクラウドにデータのバックアップを取っていなかったけど、今回の機種変更のためにやってみたんですわ。

そして機種変更後にクラウドからバックアップデータを引っ張ってみたら…なんとビックリ! ホーム画面のアプリの配置まで完全再現。アプリのデータも、大半がそのまま復元されたんですわ! TwitterとLINEは改めて引き継ぎが必要だったけど。

ちなみに機種変更はiPhone5s→iPhone7。iCloudというモノが、まさかここまで便利だとは! 今までケチって容量を増やしていなかったのが恥ずかしい。

俺は仕事柄パチスロの写真を撮ることも多いし、快適に暮らすためにここはケチっちゃイケないトコロでしたな。


数年前にパソコンを買い換えたときもあまりに便利になりすぎて「もっと早く買い換えていれば良かった」って思ったなぁ。「なんであんな重いパソコンで我慢していたのか。一体どれほどの時間を読み込みでムダにしたのか…」と、自分を恨んだもんです。

自宅に置いたWi-Fiもそう。今はもうWi-Fiのない生活とか考えられないし。自宅にネット回線を引いている方は、ぜひWi-Fiを導入してください。世界が変わりますよ!

「クラウドとかWi-Fiとか分からないし…」と拒絶せず、受け入れましょうぜ! 俺も今度はBluetoothとかいうやつに手を出してみようかな。