やじきた道中記 フリーズ合算確率約1/17万から始まったあっぱれチャンスで4桁上乗せ!これは楽しすぎる…

シリーズ名
F山科の自堕落な日々 (毎週金曜日更新)
話数
第61回
著者
F山科
最近、復活導入されているAT機の『やじきた道中記乙』。2017年3月8日更新のコラムでも久々に触れた際の実戦模様をお届けし、その時に「もっとスゴいことになった」と最後に書きましたが、そのお話が今回の題材となります。


それは初当たりを調子よく引いて、すべて茜ちゃんで50Gループの方を選んでは即終了…を2回繰り返した後に起こった。

通常時にいきなり、


この画面が出る。これは他機種でいう所の「ロングフリーズ」のような扱いなのだが、セリフも「忘れてたー!!」の一瞬で終わるので、知らない人から見たら、カットイン演出に見えるかもしれない。

だが、4号機である初代のやじきたを知っている人なら、コレがフリーズであることは分かる。実は自分、4号機時代に引いたことがあるんですわ。その時はレバーON後にしばらく固まって(液晶はそのまま)、ホワイトアウトした後に弥次さんと喜多さんがおにぎりを食べながら慌てている感じの演出でしたね。

初代なら、第3リール停止後に「今日は祭りだぁ!!」とATを告知するんですが、5号機である2代目はそれもナシ。しかし、発生確率と恩恵は相当なモノがあります。


発生確率は純粋なハズレ時の0.006%となっており、その確率は合算すると1/17万前後。ハズレの時に約1/16666.7を引けってことなんですが、数値を見返したらよく引けたな…と。

そして恩恵はAT初期ゲーム数を決める「あっぱれチャンス」が、必ず「やじきたは飛ぶよ! どこまでも!!」となります。突入時に祝福のコンチ音が鳴るヤツです。

これは毎ゲーム上乗せが発生し、その継続率は80%で上乗せ2回までは保障アリ。さらに継続する度に10→20→30……と上乗せゲーム数も増加する。100G到達後は+100G固定となるので、継続する度に100Gずつ上乗せする。


私は過去にこのチャンスを2回体験した。1回目は4回目の着地(+100G)で泣き、2回目は会社帰りに850Gという上乗せで手が震えていたのを覚えている。

そしてフリーズから始まった、この「やじきた」がどうなったのかというと…


4桁までいった。

純増2.5枚のAT機で。

さっきまで通常時を消化していたのに。

どえらいゲーム数が目の前に告知されている。ハーデスでもこんなゲーム数は自分の台で見たことがないのに。過去に5スロの初代シンデレラブレイドで1245Gを獲得したことはあったが、まさかそれを超えるとは…。

なお、この1250G上乗せでも十分スゴいと思うのだが、80%継続の猛者は他にもたくさんいらっしゃいます。当サイト(※ブラウザ版のみ)の機種情報の下にある「みんなの写真館」を見てみてください。1000どころか2000まで行ってる人だっていますし、『+4050G』という猛者もいらっしゃいます。4050G獲得は45連もさせる必要があるのに(2万枚出たらしい)!


なにはともあれ、AT1250Gである。上乗せが一切なくても3000枚近くは出る計算。この台で出玉やゲーム数を増やすためには、擬似ボーナスを当てるか、わっしょいチャンスを引き当てる必要があります。

基本的な小役であるベルやリプレイでもチャンスはありますが、レア役の方がチャンスが大きいのは当然。超やじきたボーナスを当てるためには強チャンス目などがほしいところです。


ここで、過去のコラムであることを思い出す。

それは同じ無料コラムを執筆してた嵐くんが、AT中の逆押し打法を紹介していた「1枚役ハンター」という内容。せっかくなのでやってみようと、読み返してみた。なお、機種情報には関連コラムのリンクも並んでいるので、興味のある方はぜひ読んでみてください(※ブラウザ版のみ)。

そして、その打法を試す時が来た。わっしょいチャンス中に上部の「やじきたランプ」が光ったので、逆押ししてみてると…


喜多さんレーダ演出で"普通"の女の子なのに、エラそうな出目が右リールに止まっています。強チェリー濃厚です。この後は別の女の子に切り替わって測定不能から上乗せをいただきました。

他にも強チャンス目は1枚役として獲得することもできまして。



喜多さんメガネルーレットで、逆押しをすると右リール中段にBAR停止。

この場合は残りのリールに天照絵柄を狙えば、1枚役として獲得可能です。液晶右下に「1」という払い出し数字があるのが、その証拠です。なお、この後は超やじきたボーナスをいただきました。


さすがに1250Gもあれば色々なことが起こります。わっしょいチャンスの上乗せ特化バージョンである「荒波」にも3回ほど突入しましたし…


わっしょいチャンスの集中ロングを示唆する神輿のキャラなしで、10枚役ナビが発生するとか(悶絶)、



AT中、滅多に出ない怪胴三姉妹の長女と次女が出てくる強演出が発生するとか。

超やじきたボーナス以外だと、通常時の2枚掛け警告画面とコレ以外では出てこないからね、この2人。次女の綾音ちゃんがツインテールで好みなので、思わず写真を撮ってしまいましたわ。

なお、長女の天音さんはスロカイザー氏のお気に入りで、確か完全限定受注生産の「みこしすたーずバスタオル」も購入していたハズです(誌面企画で見たが、私物とのこと)。

上乗せは強チェリーで「キター!!」ボタンから50G上乗せ。まあ、レバーONでやじきたランプが点灯していたんですけどね。この姉妹の演出はそれだけ貴重…ってことです。


最終的な結果は6000枚超えにて終了。わっしょいチャンスも42回当たっており、集中ロングの時は当たり前のようにBARが揃う様が楽しくてしょうがありませんでした。AT機の4桁は本当にスゴイね…。


最近、過去の機種が再導入されることが多いと思いますが、打ってみようと思っている台があれば、ぜひ当サイトの機種情報やコラムを読んでみてください。より楽しんで打っていただけるのではないかと思います。