4号機の完全リメイク機があってもいいと思う。4thリールやドットなんかも今でも十分楽しめるハズ

シリーズ名
町民プールで鮪釣り (毎週火曜日更新)
話数
第57回
著者
ラッシー
しばらく実戦記が続いていたので、今回は昨今の機種に対するおっさんの小言を書きたいと思います。「聞いてもいいよ」っていう心の広い方のみ、お付き合いください。


最近のノーマルタイプについてなんだけど、ゲーム性の面では文句ナシ。特にアクロスの「A-PROJECT」系機種は、リール制御も素晴らしいし、あの短いRTもアクセントとしてちょうどイイ。

他メーカーのノーマルタイプにも様々な工夫が見られ、今後に期待できそうだ。しかし…もうちょっと大胆になってもいいんじゃないかと。とてもくだらないけど筐体のことです。


「人間工学に基づいて設計しました」というのは、とてもありがたい。昔の筐体は操作性が悪いものも少なくなかったから。

しかし、ゴテゴテした装飾は要らないんじゃないかと思うわけです。特に4号機のリメイク機。ズバリ言えば「ビジュアル的には4号機の初代のままで良いんじゃないの?」と思うわけです。

メーカーの気持ちは分かります。これまで何度も繰り返し当コラムで書いてきた通り、昨今のホールは豪華な「専用筐体」じゃないと買ってくれない。だから目立たせるため、デカい液晶やド派手な役モノを付けねばならないらしいから。

いや、いいですよ「パチスロ みんなで楽シーサー」は。初代から役モノが派手だもの。むしろ役モノがデカくなければ「楽シーサー」じゃないからね。まあ、「楽シーサー」の初代は5号機だけども。


アクロスのリメイク機は、その点も素晴らしい。筐体も完璧に再現…とまではいかないが、余計な飾りがなく、昔にタイムスリップして打っているような感覚に浸れる。

ちなみに「専用筐体」なんてモノが登場したのは、4号機末期の頃じゃないかな。その前も専用筐体に近い役モノ搭載機はあったけど、こんな風に新機種のたびに専用筐体が用意されることはなかったと思う。

専用筐体は当然生産(開発)コストが嵩むので、台の値段が高くなり、当然ホールも機械代回収に躍起になる。結果、ユーザーが割を食う形になるわけだ。

アステカ・獣王・ハードボイルド・アラジンA・主役は銭形…などなど、4号機の名機はほとんど専用筐体ではない。花火百景はアルゼディスプレイ搭載機第1弾なので、これも専用筐体とは呼べない。

パネルを入れ替えるだけの筐体でも、ユーザーはあまり気にしないと思うんですよ。挙げた機種が爆裂機ばかりだから説得力がないかもしれないけど。


既述した「もうちょっと大胆になって良いんじゃないの?」とは、ビジュアルが4号機そのままのリメイク機をリリースしても良いんじゃないの? ということ。この大型液晶時代にあえて小さい液晶を搭載し、初代を完璧に再現! みたいな。

4thリールや5thリール、ドットでも良いでしょう。面白ければ液晶非搭載でも受け入れられることは、すでにアクロスが証明してくれました。ムダに大きな液晶や役モノは、必要ないんじゃないかな。


もしも4号機そのままの筐体でリメイク機が登場したら、俺はマジで感動すると思う。当然、操作性やゴト防止のセキュリティなんかは改善しなきゃいけないけど。

筐体を同じにしたところでリール制御の完全再現はできないわけだが、それでも構わない。あの昔のチープさが、最高に「パチスロ」だったんですわ。何を言っているのか分からない人が多いと思うけど、きっとウンウンと頷いてる人もいるハズ。


アルゼの4thリール、アルゼのリール下にあった小さな液晶、山佐のテトラリール、平和・オリンピアの4thリール、サミー・ロデオ・IGT・平和・オリンピアのドット、山佐のリール上の長細いドット、アリストの4&5thリール、山佐・平和・オリンピアの縦長液晶…などなど、今でも十分楽しめるハズ。

つい先日、とある液晶付きノーマルタイプを打ったら、レア役を引くたびに結構強めの演出が発生。レア役きっかけで偉そうなステージへ移行することもあった。

でもその機種は単独ボーナスがメインなので、レア役はあまりアツくない。加えてリール制御が素直なので、出目からスグにボーナスの当否が分かってしまう。もう液晶とリールがバラバラなんですわ。液晶要らないじゃんと思ってしまう。それでも液晶がないと売れないから、メーカーが液晶を付けちゃうわけで…。


メーカーには「今さら4号機みたいな筐体じゃ、恥ずかしくてリリースできないよ」という考えも、少なからずあるのでしょう。「自社の開発力を見せつけたい!」なんて意見もあるかもしれない。

でもこんな時代だからこそ、逆に昔みたいに控えめな筐体があれば目立つと思うんです。ユーザーも昔っぽいチープな筐体じゃダメなのかな? 俺は4号機のハードボイルドやアラジンA、アラベスクとか最高にカッコイイと思うけど。

筐体の派手さに釣られて買って、痛い目をみたホールも多いでしょう。そろそろホール側にも学んで頂きたい。筐体が派手じゃなくても、面白い台を評価してあげよう。

安価で面白いノーマルタイプが増えれば、メーカーにとってもホール・ユーザーにとってもWIN-WINだと思う。