ゼクスイグニッションのモードB天井は500G!上乗せ性能も高いので狙う価値あり!

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第56回
著者
クボンヌ/二星しょうた/畑ヒロフミ

狙いドコロの座談会が終了して、今回から第3期がスタートします。

冒頭の写真を見ていただければ分かる通り、男だらけで震えるほど華がないので「新メンバーに女の子を入れてください!」と座談会中に訴えたのですが、その願いは編集Sさんに却下されました。読者の皆様には第2期と変わらないメンバーでお届けすることを予めご了承していただきたいです(笑)。

そして、第3期の先陣を切るのは"ゆとり界のスーパースター"こと二星。繰り返します、二星がトップバッターです! 今期もトップ収支を目指してブチかましたるでぇー!

…と、ここで第3期コラムのリニューアルポイントについて説明させていただきます。基本的な内容は変わらないのですが、今期から各月の最終週で、月全体の総括を掲載する予定です。これまでの考察は機種に対するものが大半を占めていたのですが、もっと視野を広げた考察をしていきたい…と。

このマイナーチェンジがどう転ぶかは現状分かりませんが、これからも読者の皆様のお役に立てるように精進しますので、今後とも狙いドコロをよろしくお願い致します!


では、話は変わりますが、絶賛発売中の「パチスロ7」5月号について宣伝を。


二星は『それで勝てるのかよ!!(以下、それ勝て)』、ちょっと好評な『ニボシズム』、念願だった「タケシ(さん)の連れスロ」に出演させていただいております。藤波先生を"師匠"と呼ぶに値する驚愕の出来事…。今回の「それ勝て」は必見の内容となっておりますぞ!

そして…


なぜか、今回の「それ勝て」で二星よりも先に登場した親父にも注目です(笑)。

ただ、次号でそれ勝て実戦は最後となります…寂しい。1回目は伝説を残せず、2回目は勝ったにも関わらず師匠が見せ場を全部持っていったので、フィナーレで大きな爪痕が残せるようにブチカマしてやろうと思います。乞うご期待!!


実戦結果
※すべて47枚貸し出し→53枚交換のホールにて実戦

【ゼクスイグニッション】
打ち始め…410G
ヤメ…9G
投資金額…6000円
流した枚数…1399枚
換金額…26000円
収支… +20000円

【ゼクスイグニッション】
打ち始め…477G
ヤメ…15G
投資金額…1000円
流した枚数…120枚
換金額…2000円
収支… +1000円

【ゼクスイグニッション】
打ち始め…533G
ヤメ…123G
投資金額…9000円
流した枚数…61枚
換金額…1000円
収支… -8000円

【ゼクスイグニッション】
打ち始め…458G
ヤメ…27G
投資金額…2000円
流した枚数…226枚
換金額…4000円
収支… +2000円

【アナザーゴッドポセイドン】
打ち始め…988G
ヤメ…32G
投資金額…7000円
流した枚数…130枚
換金額…2000円
収支… -5000円

【アナザーゴッドポセイドン】
打ち始め…1044G
ヤメ…61G
投資金額…8000円
流した枚数…281枚
換金額…5000円
収支… -3000円

【アナザーゴッドハーデス】
打ち始め…850G
ヤメ…26G
投資金額…21000円
流した枚数…629枚
換金額…11500円
収支… -9500円

【ゴルゴ13 薔薇十字団の陰謀】
打ち始め…651G
ヤメ…121G
投資金額…13000円
流した枚数…435枚
換金額…8000円
収支… -5000円

【押忍!サラリーマン番長】
打ち始め…377G
ヤメ…454G
投資金額…4000円
流した枚数…0枚
収支… -4000円
※ゾーン狙いで実戦

【押忍!サラリーマン番長】 PICK UP!!
打ち始め…587G
ヤメ…266G
投資金額…10000円
流した枚数…5218枚
換金額…98000円
収支… +88000円

【押忍!サラリーマン番長】
打ち始め…189G
ヤメ…259G
投資金額…3000円
流した枚数…0枚
収支… -3000円
※ゾーン狙いで実戦


▼TOTAL収支
狙った台数…11台
総投資金額…84000円
総換金額…157500円
収支… +73500円


考察

今回の考察は『パチスロ ゼクスイグニッション』について。

この機種に搭載されている上乗せ特化ゾーン「ゼクスラッシュ」が凄い爆発力を秘めているんですよね。しかも、ART初当たりのたびに突入するチャンスがあるので、ローリスクでART初当たりを射止められれば…と色々と考えてみました。


まず、覚えていただきたいのがモードBの存在。通常時は規定ゲーム数消化時のART抽選に影響を及ぼすモードが2種類あって、モードAならば天井が999G(到達時点でART発動)となります。一方、モードBだった場合の天井はなんと…500G。半分になるのです(到達後は前兆を経由してART発動)!

となると、気になるのはモード移行率。「天井が1/2になるモードBなんて、そんなに移行しないんでしょ?」と思った、そこのアナタ!

【モード移行率(ART終了時)】

『前回モードA』
モードAへ…87.5%
モードBへ…12.5%
※設定1

『前回モードB』
モードAへ…59.4%
モードBへ…40.6%
※設定1

基本的に滞在しているのはモードAなのですが、そこからでも1/8でモードBへ移行するんです。天井が約1/2で短縮される優秀なモードであるにも関わらず、この数値…現実的に引けそうだと思いませんか? しかも、モードBに移行すれば約40%でループする可能性がある…と。

このモード移行率を考慮して二星が編み出したのが"モードB天井を考慮したハマリ台狙い"。浅いボーダーから打ち始め、あわよくば500G天井に引っかかってくれないかな…という立ち回りです。現状、自分が狙うボーダーラインは等価交換なら400G、5.6枚交換なら450Gとしています。

「ちょっとボーダーを浅く設定しすぎじゃないか?」と思う方もいると思いますが、そんなことはありません。

この『ゼクスイグニッション』、50枚あたりの平均ゲーム数が設定1でも「約46G」と震えるほど優秀なんです。嘘みたいな話なんですが、千円で100G以上回ったことも多々ありますし。そのおかげでモードA天井まで到達しても13000円くらいしか使わないんですよ。非常にローリスクですよね。

また、ゼクスイグニッションは朝イチも非常に狙い目。なぜかと言うと設定変更時は設定1でも1/4でモードB天井が選ばれますから。朝イチに初当たりがない台を打つ際はもう少しボーダーを下げてもいいかもしれません。


最後に、ヤメ時についてお話します。基本的に即ヤメでも問題ないと考えていますが、ART終了画面で…


「水着画面」だった場合は100G以内の引き戻しに期待できるので、様子を見たほうが無難かと。二星の実戦上、水着終了画面は4/5で100G以内の引き戻しに繋がったので、回す価値は十分にあると思います。

そして、終了画面について捕捉なのですが、水着以外にも終了画面が存在します(コスプレ・congratulationの2種類)。現状、詳細は明らかになっていませんが、これらが出現した場合は必ず様子をみるべきでしょう。もしかしたら高設定確定パターンがあるのかも…予想ですけどね。情報が入り次第、機種ページに掲載されると思いますので、見逃しがないように注意してください!


いつか訪れるかもしれない、ゼクスラッシュからの爆乗せを夢見て、今日も二星はホールを巡回するのだった…


PICK UP

【押忍!サラリーマン番長】
打ち始め…587G
ヤメ…266G
投資金額…10000円
流した枚数…5218枚
換金額…98000円
収支… +88000円
※47枚貸し出し→53枚交換


二星、実はスーパースターではありませんが…どうやら、ヒキだけはスーパースター級みたいです。「これぞ、豪腕!」と自負しても致し方ない、今回の実戦模様を一部始終…ご覧ください!!

まずは軽く天井狙いから…


強弁当を引き「超番長ボーナス(以下、超番)」を射止める!!

ここまでは二星にとって普通の展開…だったのですが、この後とんでもないことが…。

天国中のボーナスを消化していると、完走して(100G消化)、まさかの…



そう、伝説の超番長二連続!! 厳密に言うと超番→天国ボーナス→超番長だから連続ではないけど、どうでもいいです! この興奮…どう言えば伝わるのでしょう…まさに震えたの一言。詳しくは動画に収めているので、ツイッターにて「#超番二連続」と検索してみてください!

そこから、コンスタントに上乗せを重ね、鏡ATのBGM変化(+100G以上の後告知確定)と、ノリノリな二星に訪れた…


読者さんの度肝を抜く超番3発目(笑)。これが動画撮影の時にできれば、スーパースターにグッと近づけたのに…と台に向かって独り言を呟いていたら、残り500GくらいあったはずのATが伝説的に駆け抜けるハプニングが起きてしまい、5218枚流して終了と相成りました。


やはり、絶頂を引かなければ万枚への道は厳しいと改めて痛感した一日でしたが、超番を3回引けたことは一生忘れられない出来事だと思います。

そして…二星を興奮させる「押忍!番長3」がまもなく導入を迎えます。パチスロに欠かせないビッグコンテンツなので、導入を楽しみにしている方々も多いことでしょう。辰巳出版から押忍!番長3の特集本も発売されますので、コンビニで見つけたら即ゲットやでぇ。

ちなみに二星は付録のDVDにて金のマントを身にまとい、絶頂ラッシュを本気で消化したので、どうか生温かい目で見守ってあげてください(笑)。では、恒例の合言葉で締めたいと思います。

また見てくれるカナ…いいとも!!