今回のコラムは汚い話なので汚い系の話が苦手な方はちゅうちょせず、 静かに画面を閉じて下さい!

シリーズ名
ヒキ弱でもなんちゃない (毎週月曜日更新)
話数
第60回
著者
ヒラヤマン
どうもヒラヤマンです。

今週は体調を崩してしまったけん
パチンコの話は
お休みさせてください。

その代わり、ものっクソ
汚い話をする予定ですので
汚い系の話が苦手な方は
ちゅうちょせず、
静かに画面を閉じて下さい。
本気で本物の汚い話なので。

…ん? 何系の汚い話かによるって?
数行前にヒントが書かれとうけん
クイズ感覚で考えてみてね☆


‐‐‐‐‐‐キリトリ‐‐‐‐‐‐


朝、異常なほどの吐き気で
目が覚めました。
これはただ事やない、と
うちの身体が訴えかけてきたけん
まっすぐトイレに向かったっちゃん。

うち、高校の頃は胃炎持ちで
一晩中苦しんだ経験が何回もあるけん
「吐く」ということがトラウマになっとうと。
だけんお酒も絶対に飲まん。
味が好かんっていうのもあるっちゃけど
とにかく飲みすぎたりして
気持ち悪くなるのが嫌っちゃん。

でもこの日は我慢ならんやった。
30分くらいトイレにこもって
格闘しました。
前日の夜には250gのステーキを
ぺろっと食べきったほど
元気いっぱいやったのに
突然こんなことになるなんて。
人間の体って本当に不思議よね。


そのあと、上だけでこれほど苦しんだのに
下からもは猛烈な便意が!!

…さぁ、ここから汚い話に突入します。
じゃあ今までの話は汚くなかったと?
ってツッコまれるかもしれんけど(笑)。
自分の羞恥心とかを犠牲にしてまで
どうしても書きたいことがあるっちゃん。
それはもう、ものすごい発見をしたとって!!


それは下からう〇ちが
こんにちはしたときに起こったのです。

なんと…
出てきたのは下痢かと思いきや
通常のいつも見る形のやつじゃないですか!
胃はおかしいのに腸は正常と?
って一瞬びっくりしたのも束の間
すぐさま第2波が到来。
第2波はさっきのより
明らかにやわらかいけど
まだ原型は留めてるくらいのやつ。
そのあとしばらくしてから
第3波がやってきて
ここで完全に水になったとって!

この瞬間うちはひらめいたのです。
人間の体は
腸が炎症した瞬間に
正常やった便が下痢に切り替わるのではなく
炎症する直前に作られた便は
そのまま排出され
炎症してから水の便が
作られるということを。

つまり、便は作られた順番に
腸の中で順番待ちをしている状態なのです!

正常な便はのび太、
水便はジャイアンみたいな感じで
腸の中でやりあっとうっちゃろうなぁ。
吐き気や便意と闘いながらも
またひとつムダな知識が
脳に蓄えられたぞ、と
ほんのり喜んどったうちなのでした。


その後、もしノロやったら大変やけん
ひと段落したところで病院へ。

やけど、
トイレ→受付→トイレ→
待合室→トイレ→問診表記入→
トイレ→診察→トイレ→会計→トイレ…
と、何をするにも
トイレを挟まないかん面倒くさい状況。
それぐらい苦しかったっちゃん。

1番ツラかったのが診察中。
お医者さんが話しよるけど
気持ち悪すぎて
何言いよるか聞いとう場合やなかったもん。

とりあえずノロではなくて
急性胃腸炎ってことがわかったけん
そこは安心できたけど
吐き気と腹痛は増すばかり。
処方箋の受け取りさえも待てずに
トイレに猛ダッシュしたけんね。
ギリギリ間に合いました。


その後、なんとか薬をもらって帰宅。
家に帰ってすぐに飲むと…
嘘みたいに治りました。
薬って本当すごいよね。
何でこんなに効くとかいな?
さっきまであんなに苦しかったのに
ものの1時間で
お腹すいたってところにまで
至ったけんね(笑)。


こんなツラい1日を
過ごしたっちゃけど
う〇ちの順番待ちの発見が出来たけん
100%嫌な1日では
なかったかな。
それがなかったら最悪な1日やったけど。


体調がこんなやったけんか
今月の収支は
それはまぁ悲惨なことに
なりつつあります。
1、2月が調子良かっただけに
3月にツケがきそうで
バリびびっとうっちゃん。

やけど順番待ちの発見が出来たように
負けた中でも何かプラスに
なる出来事があれば
それだけでも打った甲斐があると思うけん
収支にビビらんで
楽しく打つしかないねっ☆

もうすっかり元気になったことやし
思いっきりパチンコを打って
思いっきりおいしいものも
食べたいな。

したらまたね!


おまけ♪



しおねえと。
夢幻闘乱の実戦してきたよ〜♪