これぞ破滅型ギャンブラーの競馬!投資金額は15万と決めたが実際の投資がエラいことに!?

シリーズ名
回胴皇帝的必勝塾ドッカーン (毎週木曜日更新)
話数
第56回
著者
スロカイザー
やってしまった。ああ、やってしまった、やってしまった。

今から約半年前、当コラムで競馬にチャレンジ(2016年8月11日更新「お馬さんと戯れて」参照)して、その結果は-9400円だった。結果だけを見るとただの負けなのだが…

総投資:18万6000円
総回収:17万6600円

と、なかなか壮絶な内容だった。そして、この競馬チャレンジのコラムがアップされてから世界が一変。

飄氏は「カイザーの賭け方は危うい」と私を破滅型ギャンブラーとして扱うようになったし、よく「マカオに行こう(カジノ目的)」と誘ってきたくり氏さえも「ザーさんはマカオに行かないほうがいい。マジで破産しそう」と言うようになった。ちなみに、マカオは興味があるのだが、長時間の飛行機が怖いので断っている。

うむ、自分の財布が痛むだけでなく、私のイメージが悪くなる+他者を不安にさせるのなら、しばらく競馬は封印したほうがイイなと固く心に誓った。




3月4日。


もう"しばらく"経ったからイイだろう、解禁だ。KEN蔵氏、畑氏と一緒に中山競馬場へGO。

ちなみに競馬場に行くのは今回が初めて。中山競馬場は家から遠い+第1レース(朝10時)から勝負するので、前乗りしてホテルで宿泊。後日、競馬をするために前乗りしたという話を聞いた大和氏は全力で苦笑した。

ちなみにちなみに、前日は深夜3時まで作戦会議していた。私とKEN蔵氏は真剣にああでもないこうでもないと語り合っていたのに、畑氏は「直前にならないと本気になれない」とぼーっとTVを見ていた。戦う前から勝負が始まっているのが競馬。それなのに畑氏ときたら…。私の中の愛川欽也が「はい、消えた」と囁いた。

ちなみにちなみにちなみに、前回は投資額が色々とおかしかったので、


今回は上限15万円と設定。うむ、人間は学習する生き物なのだよ。



で、決戦の地に到着。

さあ、勝つぜ。前回の負けを取り戻すぜ。目標はミリオン、帯付きの札束をゲットするぜっ!!

…。

…。

…。

やってしまった。ああ、やってしまった、やってしまった。もはや、笑うしかない。もはや、全力で笑うしかない。どうしてこうなった。まず総投資額を発表すると



23万6000円。

上限15万円と設定したはずなのに、余裕の20万超え。そして、戦績は…



13戦2勝

本当は目の前でレースが行なわれている中山競馬場だけで勝負するつもりだったが、第12レース(最終レース)は阪神競馬場にも挑んだ。それで色々と察してくれるとありがたい。

皆に言いたい、ギャンブルは熱くなったら色々とエラいことになる、と。


余談になるが、その2勝でどれぐらいの払い戻しがあったかというと…


第7レースで7万8000円。払戻額を見ると、おおっとなるが投資額が計3万円なので+4万8000円。この画面を見て判るように、私はこんな感じで13レース賭けまくっていた。1口2〜5000円というペースで賭けまくっていた。だから、総投資額が20万円超という壮絶な内容になったのだ。

で、もう1戦の払い戻しは


第5レースで6万3500円。

…。

…。

…。


…ではなく、63万5000円だっ!! 配当は馬単で127倍。いえーい、万馬券を獲ったぜ、人生二度目の万馬券だ。いやっほー、うぇーいうぇーい。

ということで、

総投資:23万6000円
総回収:71万3000円

+47万7000円の大勝利。

やってしまった。ああ、やってしまった、やってしまった。エラいことになった。ぶっちゃけ、投資額が20万円を超えたのは懐に余裕があったからだ。

もちろん、今回の競馬デュエリストの中で一番勝ったのは私だが、勝率が一番高かったのは意外や意外、畑氏で13戦7勝(うろ覚え)と驚異的。全然、"消えて"いなかった。ただ、投資額が控えめだったのでプラスは1万円ちょいだった。

一方、KEN蔵氏は…触れないでおこう。戦績だけでなく「やらかした、やらかした、やらかした!!」と全力でゴミ箱に走っていったということで色々と察してほしい。


競馬で大勝ちして、ホクホク顔の私。会う人会う人に写真を見せて自慢するのだが、皆が皆、63万円獲ったということに驚いたあと「万馬券に5000円賭けたの!?」とドン引き、「総投資額が23万円!?」とドンドン引き。ある意味、私はヒキ強だ。

うむ、やはり競馬は"しばらく"封印したほうが良さそうだな。