パチンコ好きは、演出にイチイチ敏感に反応するタイプだと思っていたら全くの無反応タイプもいる

シリーズ名
運留のふっといでぇ (毎週土曜日更新)
話数
第61回
著者
運留
うわ、赤保留。うわうわ、群。うわうわうわ、役モノ完成。

あちゃ〜、緑カットイン…。

なんて具合に、自分はパチンコの演出にイチイチ敏感に反応するタイプ。「自分は」というか世のパチンコ好きはみんなこんな感じでパチンコを楽しんでいるもんだと思っていました。

だがしかし、そこは十人十色の世の中。中にはボタン押し演出が出てても一向に反応せず、ただ淡々と打っている人もいらっしゃいます。隣でコレをヤラれると敏感派の自分としては無性にボタンを押したくなり、でも突然隣からボタンを押したらクレイジーすぎるかと思い我慢しておるわけですな。


そんな事を考えていると、ま〜た隣の台に赤保留発生でボタン押し画面。今なら金セリフだとか玉ちゃんだとかたぬ吉だとかキレパンダなんかが出るんちゃうのん!? 頼む! 押してくれ! と願うが、お隣さんは一向に反応せず。

横目で気になっていると、アツい展開のままリーチも後半にさしかかり、カットインのボタン押し。キリンとかゼブラとか虎柄とか出るかもしれんやん!? 押せ! 押してくれ! と願うも、お隣さんはやっぱりま〜ったく無反応。で、しっかり大当たり〜!

いいな〜、なんて思うけど、当の本人は全く無表情。でもタバコに火を点けたという事は、少しは嬉しかったのかな? なんて思ったりするわけです。

ま、パチンコの楽しみ方は人それぞれ。イチイチお隣さんの動向に反応する方が良くない事は分かってます。向こうからしてみれば、いちいちボタンなんか押しやがって、このプッシュマンが! なんてあだ名をつけられてるやもしれないですしね。


その点、導入されたばかりの「ぱちんこ水戸黄門3」は、何のこっちゃない弱リーチでもバンバン当たってくれます。

最近のパチンコにおける弱リーチってのは強リーチの前段階。まずそこで当たる事はなく、その後の発展を占うための演出になってますわね。だからこそ自分の様な演出敏感派は発展しろ! と願い、お隣の無反応派の動向にやきもきしてしまいます。


しかし水戸黄門3は、八兵衛リーチみたいな「ハイハイどうせハズレね」的なリーチでズドーンと図柄が揃っちゃうから面白い。エッ、コレでいいの!? なんて思っちゃいます。

最近の機種では無視できない保留変化にもそこまで依存していないから、当たる時は、よりサプライズ度がアップします。

赤保留なんか見たことないし、緑保留でも期待度が約27%あるので結構当たってくれるんです。


うわ、赤保留。うわうわ、群。うわうわうわ、役モノ完成。あちゃ〜、緑カットイン…ってな演出のドキドキ感もいいけど、サプライズ大当たりに勝るものナシということを再認識させられる機種なんですな。

お隣の無反応派のお方も、お銀のキャラリーチで直当たりした時に少しおケツが浮き上がってた気がしました。無反応派の人も無反応なりにやっぱりけっこう楽しんでるのね!


水戸黄門、サプライズ当たりとツボった時の1万発くらい出る爆発力。おススメの1台ですよ〜!