ゴッド凱旋の天井狙いは650Gからでも十分プラス収支は可能!勝率はなんと45%!

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第51回
著者
クボンヌ/二星しょうた/畑ヒロフミ
どうも。パチスロ以外で唯一無二の趣味、「ポケモンGO」に再び熱を上げている編集Sです。

というのも、2月17日(金)に新たなポケモンが追加されまして。それで国内コンプリート(全234種類)を目指し、ポケモントレーナー・必勝本スタッフ代表(自称)として冒険の旅に出たのですが…その道程は非常に険しいものになりそうです。あるポケモンがコンプ達成を邪魔しておりましてねぇ。


その名は『アンノーン』。

コイツの凶悪さは"出現頻度"にあります。ポケモンはそれぞれ出現頻度が異なり、出現しづらいものはレアポケモンとして扱われているのですが、このアンノーンもレアポケモンの一種。

これまでレアポケモンは「お台場に〇〇〇〇が出現しやすい」といった具合で、プレイヤー間で情報が出回り、特定の場所に行って張り込めば何とか捕まえることができたのですが、アンノーンにはそれが一切通用しません。

3月3日時点で出現した場所は北区、板橋区、江戸川区、台東区…とあまりにも広範囲で出現傾向が読めないからです。しかも、ポケモン追加から約2週間が経過したにもかかわらず、出現報告数が都内で17件。1日に1回出現するくらいのレベルですな。正直、厳しい…。


いや、それでも僕は諦めません。という今も、原稿を書きながら某大型掲示板に張り付いて書き込みをチェックし、アンノーン出現報告が書き込まれたらタクシーで現地へ急行できるように準備万端の構えですからね。情報戦は初動が大事なんで。

この情報戦…パチスロにも通じるものがありますよね。ただ、パチスロは情報が出回った時点で動き出しても手遅れなので、その前に行動することが重要ですが。

自分で情報をかき集め、ホールで実際に打って調査する…これが我々「狙いドコロ」担当の仕事。これからも探究心を失わずにパチスロと向かいあい、読者の皆様に有益な情報を提供できるように努力する次第であります。

うん、いいこと言ったな。では、今回の実戦結果に参りましょうか。


実戦結果
※すべて50枚貸し出し→等価交換のホールで実戦

【パチスロJAWS〜it's a SHARK PANIC〜】
打ち始め…6スルー(89G)
ヤメ…25G
投資金額…5000円
流した枚数…1020枚
換金額…20000円
収支… +15000円

【牙狼-守りし者-】
打ち始め…朝イチ0G
ヤメ…ART後1G
投資金額…21000円
流した枚数…428枚
換金額…8500円
収支… -12500円
※設定変更台にてリセット天井(666G)狙いで実戦

【押忍!サラリーマン番長】
打ち始め…670G
ヤメ…260G
投資金額…11000円
流した枚数…506枚
換金額…10000円
収支… -1000円

【北斗の拳 修羅の国篇】
打ち始め…721G
ヤメ…18G
投資金額…3000円
流した枚数…583枚
換金額…11500円
収支… +8500円

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】 PICK UP!
打ち始め…671G
ヤメ…28G
投資金額…9000円
流した枚数…1149枚
換金額…22500円
収支… +13500円

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…朝イチ164G
ヤメ…50G
投資金額…9000円
流した枚数…624枚
換金額…12000円
収支… +3000円
※前日GG中閉店ヤメ台で実戦

【スーパービンゴネオ】
打ち始め…279G
ヤメ…451G
投資金額…6000円
流した枚数…0枚
収支… -6000円
※ゾーン狙いで実戦

【パチスロJAWS〜it's a SHARK PANIC〜】
打ち始め…5スルー(96G)
ヤメ…25G
投資金額…6000円
流した枚数…184枚
換金額…3500円
収支… -2500円

【スーパービンゴネオ】
打ち始め…349G
ヤメ…460G
投資金額…5000円
流した枚数…37枚
換金額…500円
収支… -4500円
※ゾーン狙いで実戦

【牙狼-守りし者-】
打ち始め…606G
ヤメ…20G
投資金額…8000円
流した枚数…110枚
換金額…2000円
収支… -6000円


▼TOTAL収支
狙った台数…10台
総投資金額…83000円
総換金額…90500円
収支… +7500円


考察

今回の考察は以前、コラム冒頭で触れた『スロ牙狼』を取り扱おうと考えていたのですが、考察するに値するネタを発見できず(しかも趣味打ちを含め全敗)。では今回、何を考察するべきなのか。僕はホールを巡回しながら考えました。

すると導入からハマリ台狙いで打ち込んでいた、ある機種が目に入ります。スロ牙狼と同じく黄金の筐体でホールに鎮座する『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』。

導入からしばらくして当コラムで考察された機種ではありますが、導入から約2年が経過した今、そのハマリ台狙いの効果は結局どうだったのか? 個人的に採っていた秘蔵の実戦データを基に自分の考えを述べたいと思います。


さて、皆さん。凱旋のハマリ台を狙う際はどのラインから打ち始めていますか? 凱旋のイメージと言えば、

非常にコイン持ちが悪い
とにかく荒い
天井までハマって単発が怖い

…といったリスクを避けるためにボーダーを高めに設定している方が多いと思います。等価交換ならば800G、5.6枚交換ならば850〜900Gといったところでしょうか? でも、そのボーダーだと打てる台はほぼ見つかりませんよね? それでは意味がありません。

僕は導入当初からボーダーを低く設定し、なるべく多くの台数をこなせるように実戦してきました。そのボーダーラインと実戦結果はコチラ。

【凱旋ハマリ台狙いボーダー(等価交換)】
GG後…650G以上
設定変更後…150G以上
※5.6枚交換の場合は+100G、6枚交換は+150Gで実戦

【実戦データまとめ(サンプル:122件)】
トータル収支…+614593円
平均投資額…18019円
実戦1回あたりの収支…+5037円
実戦時間…約153時間
時給…約4000円
勝率…45.1%
※収支は貯メダル分を考慮したもの


たまに1000G付近の台を拾ったりもしましたが、実戦の大半は650G付近から打ち始めております。ハマリ台狙い1回あたりの収支が優秀であることは言うまでもありませんが、特筆すべきは勝率でしょうか。これはバジ絆のBC5スルー台を1Gから打ち始めた場合(※)とほぼ同じ数値です。
※シミュレート上の勝率は約42%、期待収支は+2411円

今となっては誰もが確保するBC5スルー台…それを打った時とほぼ同じ勝率なうえに、1回あたりの収支が5000円オーバー。実戦上の数値ではありますが、サンプルが100件を超えたにもかかわらずこれらの数値をキープしている。凱旋のハマリ台狙い時の"甘さ"が窺い知れます。

また、総収支の推移グラフを見ていただければ分かる通り、アップダウンはあれど全体的に見れば「凱旋=荒い」というイメージを払拭するほどの安定感が読み取れると思います。これについては案外共感してくれる方も多いのではないでしょうか?


さて、ここまで読んでいただいた読者さんの中にはこのように考える人もいることでしょう。確定役のヒキ強で勝ってるだけなのでは…と。では、実際に自分のユニメモデータを見ていただきましょう。


申し訳ありませんが、自分のユニメモデータで残っているのは一部のみ。実際は11万ゲームほど回しているのですが、打ち始めてからしばらくの間は確定役が全く引けなくて。

3万ゲームほど消化してようやくGODを1回引いたのですが、あまりにも引けなさすぎる。それで、GOD出現率が今後どのように推移するのか気になったんですよね。それから記録し始めた感じです。なので、上の写真だとGOD出現率は1/8481.7ですが、実際は約1/11000。ヒキ弱ですね。

赤7揃いも同様のことが言えます。ユニメモはSGG中に引いた赤7もカウントしてしまうため、回数は多く見えるのですが…純粋に成立している赤7揃い(1/5461)は引いた記憶がほとんどありません(恐らく1/7000〜1/8000くらい)。

…といった具合で確定役に関しては全く恵まれておりません。今後、実際の成立確率に近づいてくれればいいのですがね。そんな状況にもかかわらず大幅なプラス収支…ここからも凱旋のハマリ台狙い時の"甘さ"が窺い知れます(2回目)。


最後に「天井直前までハマって単発が怖すぎる! しかもそれが連続したら…」という声にお応えしたいと思います。確かにこのようなケースが連続してしまうと負債が雪だるま式に増えてしまいますからね。ここで、僕が最も地獄を見た期間のデータを見ていただきましょう。

-28000円
+1620円
-4020円
-11560円
-20200円
-10600円
-18800円
-30260円
-2900円

合計… -124720円
※収支は貯メダル分を考慮したもの

○は天井到達→単発を喰らった実戦データになります。微妙なプラスの後に怒涛の7連敗…これが最多連敗数です。天井単発が連続したり、天井直前でGGが当選したりで非常に苦しかった記憶がございます。ただ、この後も実戦を継続し負債はすべて取り返しましたけども。

凱旋のハマリ台狙いはトータルで考えると"甘い"のですが、上で挙げた実戦データのように短いスパンだと悪展開の連続で結果が出ない時期もあります。それに耐えきれる資金力・精神力が重要なのです。結果が出るまで辛抱強く待ってあげてください。苦しみのその先には天国があるから…と経験者(編集S)は語る。


さて、ここいらで考察を締めたいと思います。今回は自分の実戦データを基に考察していきましたが、ハマリ台狙い時のボーダーの決め方は人それぞれだと思います。読者の方々には今回のコラムの内容を鵜呑みにせず、ご自身の判断で動いていただけると幸いです。

最近、「旧基準機が今年中にすべて撤去されるかも…」という噂をよく耳にします(去年も同じ噂が流れたような…)。それが現実になるかどうかは今後の展開を待つとしても、凱旋は検定切れの時点でホールから姿を消す可能性が高いです。

それまでに+100万が達成できるように私、編集Sは凱旋と心中する覚悟でございます!


PICK UP

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…671G
ヤメ…28G
投資金額…9000円
流した枚数…1149枚
換金額…22500円
収支… +13500円


今回のピックアップはこれまた凱旋です。考察で触れた地獄の実戦データ…これを第1次暗黒期とするならば、ここ最近は第2次暗黒期。天井単発終了を繰り返し、気づいたら約10万もの大金が吹っ飛んでいました。

そんな悪い流れを断ち切るべく、この日も凱旋のハマリ台狙いを敢行。すると、9000円投資で…


赤7降臨。

遅れ…だろうか。気付かずに全リール適当打ちで消化してしまった。なんて汚い写真でしょう!

このコラムを畑くんから引き継いでからもうすぐ4か月になりますが、いまだに慣れないことがあります。それが写真撮影。

見せ場になるシーンを写真で撮ればいい…それだけなんですが、見せ場なんていつ来るか分からないじゃないですか。下手したら見せ場ナシのまま実戦期間が終わってしまう可能性もありますし。なので、とにかく何か起きたら写真を撮るように心がけております。必然的にカメラを液晶に向ける機会が多くなるってワケです。

そうなると気になるのが他人の目。写真を撮りまくってると隣の人が…僕のことを見ている気がするんです。「調子に乗ってんじゃねーぞ」オーラを全開にしながら。しかもこの時は明らかに舌打ちの音も聞こえたし…ね? 非常に気まずいっス!

このSGGはいつも通り駆け抜けてほしいなぁ…と考えていると、


こういう時は揃うんだよね…しかも2回も。お隣さんも激しい貧乏ゆすりを始めてるし、イライラもピークに達してるっぽい。もう、早く終わらせて帰りたい!



いつもはノリノリのリズムでGGを消化できる『Aquarius 4V8』なのに、すごく重苦しい。このBGMに合わせてなのか隣人の貧乏ゆすりのビートが上がってるぅぅぅぅぅぅぅ!!!! もういいよ! はやく終わってくれ!! このままだと殺される(被害妄想)!



抜けた。4連で終わった。「これでヤメられる!」と安堵して席を離れようとすると…


お隣さん 「おい、ヤメんのかい? だったら打たせてくれよ」


唐突に声をかけられてキョドってしまったが、「どうぞ」と声をかけてメダルを流していたのですが…(元)お隣さん、1000円でGOD降臨。今まで見たことがないようなドヤ顔がそこにはありました。

何だろう、この感じは…。勝ったのにボコボコに負けた気分。しばらく悪い流れは変わりそうもないな、こりゃ。