牙狼 魔戒ノ花 媚空を打って、いまさら牙狼の面白さに気付いて苦手意識を克服!?

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第57回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

このコラムを通じて読者さんから質問や感想が寄せられることがあります。直接このサイトだけでなくSNSを通じて寄せられることもあり、いつも嬉しく思っている次第です。ありがとうございます。

そこで、たまには俺からも質問をさせてもらいたいなと。


「皆さんには不得手なスペックやタイアップ機ってありますか?」


自分について言えば、「海、好きっすよね〜」とか「海物語ばかり打つのはプロだからですか?」というアプローチが多く、こういった質問をされたことがありません。なので直接触れたことはないかもしれませんが、もちろん苦手なものはありますよ(ちなみに、海ばかり打つのは時間効率の良さやゲージ特性で回る台を見つけやすいからです)。

もちろんパチンコライターという性質上、不得手なスペックやタイアップ機も打たざるを得ない状況もしばしば起こります。もちろんプロですから、そこはしっかりと…と言いたいところなのですが、何せ自然と愚痴が出てしまうので、編集部から指示がない限りは得意な台や得意なスペックばかりを打つことになります。その結果として、海ばっかり打っているという印象になるんでしょうね。


では何が苦手かというと、「変則スペック」ということになります。というか、オーソドックスなループタイプではないもの全てに苦手意識があるんですね。最近はシンプルなループ機の勢力が弱いので避けることはできないのですが…。

また、タイアップ機で苦手意識が強いのが「牙狼」。TV放映を全く見ていないということもありますが、自分はこのコンテンツの世界観が全く分かっていません。それなのにホールに占める割合が高まるばかりで「知っていない方がおかしい」的な圧力が余計に気分を萎えさせます。

もちろんここまでの人気シリーズですから、全く打ったことがないというわけではありません。特に初代に関しては誰もが打っていましたからね。それなのに、打たずに済むのであれば打ちたくない…という位置付けになってしまったのは、まさに初代機での記憶を引きずっているからこそ。


いま思えば単に打ち込みが足りなかったというだけの話かもしれませんが、少なくともその時はアツいと言われていたVFXや赤エフェクトが出ようがハズれまくっていたので、何が出ても当たらないという悪いイメージしかありませんでした。またあれだけ連チャン機として名を馳せていたにも関わらず、俺が打つとどうにも連チャンしなかったので、最終的に「俺には向いていない」と決め付けたんです。

その後のシリーズについても、自分はST機に対する苦手意識が強かったため積極的に打ちに行くことはほとんどありませんでした。ましてやロングST機なんて!! 結果、牙狼のシマはいつも素通りするという状況。

いやはや、牙狼を避けるなんてパチンコライター失格ですね。自分は全てのパチンカーのために原稿を書く立場なので、これからは好き嫌いせずに積極的に打っていければと思います。そんなわけで、今日はきちんとパチンコライターとして立ち回るぞと心に決めて家を出ました。


2017年02月13日(月)

世間では翌日がバレンタインデーということで、梅田の繁華街は午前中から賑やかです。多くは大学生なのかな? こんな時間に若い女性らが連れ添って買い物を楽しんでいました。

そんな中、急ぎ足で進むおっさん。その先には綺麗な女性でも待っているのか…と思いきやそこでにっこりほほ笑んでくれるのは2次元のマリンちゃんのみ。実に今日も情けなくも悲しい週明けのスタートです。


『相変わらず金富士は満席か…。まあそのうちのんびり打てるわな。それまでJAPANで凌ぐも良し。今日もがっちり手堅く稼働しよ』

そんなことを思いながら、今日のこの後の立ち回りを頭の中でイメージ。

「まずは軽くランチを摂って、その後はいつものホールで千円27回レベルのJAPANを打つ」

いつもと変わり映えしない展開ですが、結果さえ良ければ何の文句もありません。ところが、打つ前から俺の予想図は崩れてしまいました。



『何が軽めのランチやねん!』

ガッツリの肉食で、思わず自分で自分にツッコミを入れてしまいました。でも、ボリューム満点で美味かったので良しとしましょう。


その後、いつものホールへ着くと真っ先に金富士のシマへ。空き台があれば打ってやろうと思っているのですが、予想通りの満席。それじゃあ予定通りJAPANを打とうかな…と思っていたのですが、この日の計画を修正しなければならない事態に陥ってしまいました。



これ、写真ではヘソが開いているように見えますが、明らかに先週から板2枚閉められています。それでも千円27回から23回程度に落ちる程度かなと思い、試し打ち感覚で打ってみると…

『あかん! これは歯が立たないわ』

最初の千円で僅か13回転。次の千円でも18回転というレベルにゲロを吐きそうになりました。念のため両サイドの台もチェックしてみると、一律調整かと思われる閉めっぷり。


『見た目の釘だけで打ってはいけない釘調整やのに、2Kも入れてしもたやん。さあ、これは困ったぞ。いったい何を打てばええんやろ…』

途方に暮れた状態で店内を徘徊。沖海桜ライトやAKBなどライトスペック中心にヘソの開けだけをチェックして試し打つものの、どれもこれも千円20回程度。さすがに嫌気が差してきました。そればかりか試し打ちだけで8Kも使ってしまい、いよいよもって負けの王道パターンという様相を呈してきたのです。


そんな中で軽い気持ちで座った一台。見た目の釘といっても、日頃から触っていないのでよく分からないまま打ったところ、ポコポコとヘソに入賞してくれるので、このまま続けるかどうか迷いました。

よく回るならそのまま打てよという声が聞こえてきそうですが、その台とは俺が苦手意識を持つ台だからです。

『この人、媚空っていうのか…。ジャムやったかジャミやったかよく分からん人しか知らんぞ? まあ、魔戒の特別バージョンなんやな』

牙狼ファンには怒られそうなこと言うてますが、俺のレベルってこんな程度で、俺が把握していることと言えば、これに出てくる女優さんはみんなべっぴんさんということだけ。その他の部分についてはスペックを含め何も知らないので、台に設置してある説明書をじっくりと読み込むことから始めなければなりません。

『なるほど。変則スペックやな。つーか、通常時の初当たりはほぼ時短50回やから、いかに時短中に引き戻せるかってことか。それなら得意のトラ打ちでなんとかクリアできるかも?』

そんな安易な気持ちで打ってみたものの、どうしてもMAX機で大ハマリした嫌なイメージが払拭できず、不安ばかりが募ります。

その影響なのか、打ち出してからとうに100回転を超えるというのに『早よ当たれや!』なんて気持ちにならず、ハマって当然という心境に。MAXスペックでハマリ耐性が培われたのでしょうか…。


何にせよFOGも発生しないので、回転レベルだけは落とすまいと神経を尖らせています。すると、なにやら見たこともない演出が発生。

『こんなん魔戒で見たことないけど…でも煽りもショボかったし、当たらんわな…』

液晶では媚空というべっぴんさんと別のべっぴんさんがバトルしてはります。まあ、ありがちな演出やなと適当な気持ちでボタンをプッシュしたのですが…

「ギャイーン!」

『えっ、当たり!?』

なんかよう分からんけど当たりました!


その後、初めての右打ちで大当たりラウンドを消化し、いよいよトラ打ちパワーを発揮させる時が訪れました。ところが、ここで「俺としたことが…」という残念感が一気に噴き出したのです。

『くっそー、この釘が邪魔やなあ! なんでこんないじわる調整しよんねん!』

盤面右側を流れる玉、スルーは普通に抜けてくれるのですが、肝心の電サポに向かう誘導釘がちょこっと上げ調整されているせいで、連続入賞どころかほとんど手前でこぼれるという極悪調整だったのです。

『これやから打ち慣れていない台を打つと困るねん。ここ、重要ポイントやんけ。つーか、これは言い訳やな。普通、ここもチェックするのが当たり前やん』

少々、いや、かなり自己嫌悪に陥りました。


そのメンタルが反映したのか、それとも俺の力不足なのか、初当たりの結果はこうでした。


この台に使った金額は4.5K。回転数は124回転目でした。単純計算で千円27回強の回転率ですが、この台のボーダーを知らないという不手際から、安心していいのかどうかさえ不明です。

しかしその不安を払拭するかのように、この後はサクサクと通常時に当たってくれました。ヘソでのST突入大当たりは1回もないものの、時短で大当たりすることが多い恵まれた展開。

ま、途中この保留でハズれたんですけどね。


しかしこのハズレ後にすぐ当たって、4連。さらぶST後の時短が終了した1回転目(101回転目)にガロパトで大当たりするというサプライズまで発生してくれました!


そして、ここであることに気付いたのです。

『おもろいな、この台!』

あれだけST機は苦手とか、牙狼は嫌なイメージしかないと吹聴していた俺が今まさにめっちゃ楽しんでるじゃないですか(笑)。


確かにこの機械はST中の確率が1/66.66と通常時とそんなに変わらないと不満を感じますが、なぜかこの日はこう思えたのです。

『羽根デジの海物語で、100回時短の条件を獲得したら当たる気まんまんやん。この台はそれよりも前半は確率がアップするんやから美味しいやん!』

そう自分に言い聞かせ、右打ち中は『これは海物語、これは海物語』と唱えていましたわ。

本日の結果は日当に届きませんでしたが、俺的には少しは苦手意識が払拭されたかなと感じます。やはり、パチンコは当たれば楽しいんですよね。


どうやら俺の牙狼苦手意識は初代機で散々大ハマリしたのが原因のようです。これからは変則スペックにもどんどんチャレンジしていきまっせー!!


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CRA牙狼魔戒ノ花 媚空99ver.】
大当たり…33回

稼働時間…12:30〜21:00
投資…12500円
回収…28000円(3.3円)
収支…+15500円