人それぞれのカラダに染み付いたスタイルって大事やなと痛感……

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第54回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

毎日寒い日が続きますね〜。雪国にお住まいの読者さんは、こういう時期はどんなスタイルで立ち回っているのか気になるところです。俺は冬が嫌いで、寒い日に外に出るのが苦手なんですよね。寒いならホールへの往復を完全防寒にすれば? と思われる方もいるでしょうが、そういうことを考えることすら面倒臭いと感じてしまうのです。

敵は道中だけではありません。例えば、稼働中にダウンを着ている人が隣に座った場合などがそれで、隣人の衣服が自分に干渉してきたりするとイライラが募ってきます。特に最近の台はボタンプッシュ演出が頻繁に起こるので、その度に隣人のダウンのもっこりがサワサワと触れてきたら…集中力を削がれて気が散ってしまうのです。

冬場になると、遠い昔に「打ち手の右腕、肩には絶対触れるな!」とパチンコ巧者の先輩方から強く言い聞かせられていたことを思い出します。今は昔ほどストロークの影響は受けないのでしょうが…。



2017年01月23日(月)

今週はちょっと期待しています。いったい何に? というともちろん「釘調整」にです。実は先週からやっとこさ俺の得意とする分野である羽根デジの釘が開放されてきたのです。そのおかげで、新年早々からミドルスペックで負けまくった負債を少しずつ返せる環境になり、なによりメンタル的にも「これが俺の本来のスタイルや!」と再認識している次第です。

と、言っても日当(20K)を獲るにはまだまだ厳しい釘。せいぜい千円22〜24回程度のレベルなので、それならミドルの千円26回程度のレベルを追い掛ける方が期待値は高いと思うのですが、やはり慣れ親しんだスタイルの方がしっくりくるんでしょうね。


そんなわけで本日の稼働機種は、先週後半からお世話になっている「CRAスーパー海物語 IN JAPAN with 桃太郎電鉄」です。

しかしこの日は週明け早々寝坊してしまいました。目覚めはいつも通りの時間だったのですが、あまりの寒さに布団を突き放すことができませんでした。そんなヌルさがその後の行動にも悪影響してしまい、いつもの梅田巡回もいい加減なチェックで、おまけに何を思ったか、遠出して大好物を食いに行くという暴挙に出るという。



『美味いもん食ってから稼働するのが俺の勝利のスタイルなんじゃ〜』

なんだか言い訳っぽいですが、こういうジンクスみたいなものは誰にでもあると思います。最近はランチも適当に済ませることが多かったので、こういう部分から見直していかないとね。ま、こじつけでしょうが(笑)。


いつものホールに到着したのは14時。入店したらそのまま真っ直ぐ桃鉄のシマに向かいます。

『ふぅ、良かったあ。どこかの誰かが2連してブン投げてくれてるわ』

先客がブン投げた台は2連して試行回数121回転。とりあえず釘は先週のままだということを確認して打ち出しました。するとイメージ通りの玉の流れで、2回目の貸玉ボタンをプッシュしてすぐにハリセンボンのチャンス目が停止したのです。

『おっ、早速好機やん! って、好機とか言うてるし…』

慶次を打ち過ぎたのか、最近私生活においてもなにかと慶次のイメージがつきまといます。


それはさておきこのチャンス目ですが、3連続したので超期待していたのですが、なんとテンパイ後に発生したのは普通の泡予告じゃないですか…。

しかし、泡だろうが何だろうが当たってしまえ! とプッシュボタンを長押ししていると、軽快なサウンドと共に液晶上部から役物が降りてきてクルクルと回転しながら発光してくれたのです!


ひとまずこいつが2連してくれ、さらに3連目となる大当たりをゲットしてラウンド表示ランプを見ると…

『うっひょー! 早くも16Rゲットしたぜーっ!』

もう今日は頂いたなと(笑)。


が、その直後、喜んでいいのか悲しむべきなのか、例の保留大当たりしている可能性がある桃鉄チャンスが発生したのです。

『ここで当たるより100回時短の方が嬉しいんですけど…。あーっ! やっぱり保留に当たりがあるやんけーっ!!』



せめて奇数図柄で大当たりをと願っていたら、その希望通り次の大当たりはカニで大当たり。その後のSTと時短は華麗にスルーするものの、いきなり持玉が2000個程度持てたので、この回転レベルの高さを維持できれば追加投資はないなと少し安心しました。


ところが、やっぱり今の俺にはそんな余裕はダメだよとばかりに持玉全滅の憂き目に遭ってしまったのです。



『電サポ回転数を差し引いてちょうど200回の試行か。単純に2000個を突っ込んだと考えたら千円25回やけど、2200個はあったんちゃうかな? それなら千円23回弱やな。やっぱりこいつのレベルはそんなもんかもしれんな』

そう思うものの、その後の現金追いでは千円26回ほどで推移してくれます。なので、ここは我慢のパチンコやと自分に言い聞かせて攻め続けました。


ようやく大当たりしたのは、これまたチャンス目連続から。今回は電飾演出はなく普通に魚群発生からのアンコウで大当たりです。



『追加投資は4.5K。現金で試行したのは107回か…。千円24回弱ということは、やはりこの程度の台なんやわ。こいつが単発で終わってしまうとまた苦労することになるな』

そんなことを懸念していたのですが、嬉しいことにまた4連してくれました。しかし、今回は16R大当たりはなかったので持玉は1500個程度。それでもこの3倍以上のハマリを克服したのですから、ここからは普通に当たってくれると楽観しています。



…しかしまたもや持玉全滅(泣)。

でも、STと時短を差し引いた回転数は160回。仮に1600個程度の打ち込みとしても千円25回弱と、回転レベルは維持しているので、こうなったらとことん追い掛けてやろうと、自販機で缶コーヒーを仕入れて気合を入れ直します


席に戻って一息ついてから打ち出しを再開。すると…?



ほんまパチンコって不思議な機械です。ちょっと間を空けただけですぐに魚群発生で大当たりしちゃいました。残念ながら単発スルーでしたが。


しかし、ここから一気に流れが変わったのです。とにかく確率分母内でビシバシと当たってくれます。

そして本日最高の連チャン数を達成した時、この日のクライマックスがやってきました! なんとラウンドが始まった瞬間、またもや桃鉄チャンスが発生したのです。



これも見事に成功し、俺的には6連達成やと大満足。でもこれだけでは終わらせてくれません。



これ、該当保留の1個手前の保留で魚群発生っすよ! しかも図柄は1-9でのダブルリーチです。一瞬、これは壮大な釣り演出と思いましたが、これも見事に大当たり! これで7連まで確定したわけです!


もう十分過ぎる展開でございます。なのに、この台は俺にもっと喜べと言わんばかりに大当たりをプレゼントしてくれるのです。



『くあ〜、有難いなあ〜。そうそう! こういうのが俺の羽根デジでのスタイルなんや。ミドルなら3倍ハマリは死亡遊技、羽根デジなら屁とも思わないで追い掛けるこのスタイル! 俺はいつもこうやって毎日凌いでたんや!』

なんかこの感覚が懐かしく思いました。その後も四苦八苦するものの日当を獲得するまで粘ってやるぜと頑張りましたが、日当には届かずで定刻終了を迎えました。


『前半の3倍、2倍ハマリが足を引っ張ったなあ。でも、俺はいつもこんな展開が多かったわ。やっぱり同じくらいの回転レベルなら俺には羽根デジが向いてるんやわ』

感慨深く、これまで羽根デジできちんと稼いでいた立ち回りを振り返りながら、夜の寒空の中をいそいそと帰りました。やっぱり、人それぞれのカラダに染み付いたスタイルって大事やなと痛感しましたわ(笑)。


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CRAスーパー海物語 IN JAPAN with 桃太郎電鉄】
大当たり…41回

稼働時間…15:00〜21:00
投資…9000円
回収…26000円(3.3円)
収支…+17000円