1人スロオブの1位は旧基準機を含めても、これほどアツくなれることのない『アノ機種』

シリーズ名
町民プールで鮪釣り (毎週火曜日更新)
話数
第47回
著者
ラッシー
「スロオブ」とは、毎年「パチスロ必勝本DX 2月号」に掲載される「パチスロ・オブ・ザ・イヤー」のこと。

当然ながら俺も2016年版にノミネートされた機種の順位付けに加わったのだけれど、やはりライターのみんなが付けた点数と俺の点数は大きく違ったので、今回は俺のランキングとともに2016年の機種を振り返っていきます。もう1月も下旬だから少し遅すぎるけど。

すでに発売済みの「パチスロ必勝本DX 2月号」と見比べながら読んでもらえると、より楽しんで頂けるかと思います。

読者ランキング&ライターランキングについては実際に誌面を読んで頂きたいので、ここではあえて書きません。まずは俺の10位〜4位をご覧ください。


10位…天下布武3
_ 9位…ドリームハナハナ-30
_ 8位…バジリスクIII
_ 7位…クランキーセレブレーション
_ 6位…テラフォーマーズ
_ 5位…A-SLOT北斗の拳 将
_ 4位…バーサス


コラムでも度々扱ったマシンばかり。ドリームハナハナ-30を9位にしてしまったけど、今ならもう少し順位を上げちゃうかも。完全確率抽選と分かっていても、偶然起こった連チャンが偶然でナイように感じてしまう華の魔力!


天下布武3とバジIIIは、どちらもゲーム性は面白いと思う。ARTの継続システムや上乗せシステムも洗練されてるし。ただ、まとまった出玉を得るのがなかなかね。もう少し出玉のバランスが良ければ…。まあ、バジIIIはこれからも打つけども。

天下布武3は真・天雅の突入&上乗せシステムも良かったし、通常時の状態移行システムも完璧でした。ホント、不満は出玉面だけね。


クラセレは、まだ打ち込めていなかったのでこの程度。割と高設定が使われているようなので、これから深い部分まで追究していけば、もっと好きになる可能性が高い。


テラフォに関しては誌面でコメントしているので、そちらをご覧ください。非常にバランスの取れた機種で、ボーナスの使い方も上手だったと思います。


北斗将は、前にもコラムで書いた通り「5号機リール制御のお手本」みたいな機種。ある意味でパズルゲームや脳トレをしているような感覚。第1停止でココまでスベったから、成立役はコレとコレ。第2停止でコレが消えたから…1枚役同時当選だ! あのボーナスの可能性は第1停止時点で消えてるから…みたいな感じね。

単純だけど、それがイイ。そして演出モードを選択できるのも◎。それぞれに特徴や法則があるから飽きにくい。この機種はもっと評価されても良かったと思うけどなぁ。


バーサスは正直好きかどうかさえ分からない。ただ、ホールに入って真っ先に行くのがバーサスとハナビのシマなんだよね。睡眠・食事・トイレ・風呂・バーサス(ハナビ)という感じで、大袈裟に言えば生活の一部です。

配列はハナビとほぼ一緒だけど、リール制御は違うし、演出の意味も違う。予告音ナシならチェリー狙う必要がナイので、手抜きできるのも良い。色んなところを狙えるし。

とにかく無心でボーっとできる。最近は設置台数が少なくなってきて少し残念。2017年もお世話になると思います。



そしてここからTOP3!

3位は…


ゲッターマウス。

これも誌面でコメントしているので、詳細はソチラをご覧ください。もう、基本的には言うことナシ。とにかく出目・入賞ラインの法則性が芸術的。


そして近年の機種ではこのゲッターマウスでしか体験できないであろう珍しいリール制御も素晴らしい(詳細は過去のコラムで語っているハズ)。

ゲッチュー演出は好きだけど、演出OFF機能があっても良かったかな。ボーナス成立ゲームでのゲッチュー演出発生率が高かったので、もう少し不意打ちでリーチ目が出現してほしかった。

他のアクロス系に比べ稼働期間は短かったけど、読者ランキングでもライターランキングでも上位だったので、機種としては成功だったと思います。



2位は…


クレアの秘宝伝〜眠りの塔とめざめの石〜(クレア2)。

コラムでも取り上げまくったクレア2。ボーナス揃えの最適手順があるのは良いんだけど、リール制御は少々物足りない。しかし、それを補って余りあるほど演出が面白い! 特に大都の歴代機種の演出を楽しめるRT中ね。


芸が細かいんですわ。RT中にボーナスを引いたら、ボーナス中の操作音も歴代機種のモノに変化したり、ビタ押し成功時のクレアの音声も変化したり。

遊びやすいスペックも◎。「遊技機」のあるべき姿だと思います。設定看破が簡単そうで、意外とそうでもないところもイイ。あまりにも分かりやすいと興ざめするし、分からなすぎても打つ気が失せるし。クレア2は絶妙なバランスでした。

もしフェイクの高確率でもリプレイ確率が上がったり、リール制御も凝りまくってたら名機確定でしたわ。



そして1位は…


パチスロ トータル・イクリプス。

案の定、ライターランキングでも読者ランキングでもランク外でしたわ。でも、これほどアツくなれる新基準機が他にあるだろうか。

ARTの継続率は最大94.27%。よく「そこまで継続率を上げられれば楽しいんでしょ?」と言われるけど、本当に楽しいのはそこに上げるまでの過程。ART中のボーナス成立時のレベルアップ抽選システムこそ面白いんですわ!


レバーを叩いた瞬間、そしてリールを止めた瞬間、「うわぁぁぁ…」と仰け反ってしまうほどアツくなれる。そんな機種、旧基準機でも稀でしょ!


ART中の演出バランスも堪らん! ダブルナビは右が選ばれるとアツい、ルーレットは桜柄の「激熱」があるだけでアツい、下パネ消灯はいつだってアツい…などなど、法則性も豊富。


弱そうなカットインでも、ARTの残りゲーム数次第ではRC(擬似ボーナス)確定だったり…。とにかくART中の演出は、近年稀に見るデキですわ!


そして忘れちゃいけないのが上乗せ特化ゾーン「帝都燃ゆ」。その上乗せ性能は言うまでもなく魅力だが、なにより突入抽選のシステムが素晴らしい。


RCの最終ゲームでレア役、特にチェリーとチャンス目を引けばアツい。そのシンプルさ! RC最終ゲームで押し順ナビ非発生…これだけでもアツくなれる。ここでチャンス目を引いたら、イスから転げ落ちるくらいの悶絶モノ!

設置台数が少なく稼働もイマイチだったから、広く受け入れられることはなかったけど、俺は認めます。認めざるを得ない! 新基準機の中で…いや、旧基準機を含めても、これほどアツくなれる機種はそうそうない。

いやね、改善点はあるよ? あるけど個人的には名機と呼んで差し支えないデキだと思う。まあ仕様が仕様なだけに、毎日打てるほどのお金の余裕はないけど。



これが俺の「2016年パチスロ・オブ・ザ・イヤー」。全く同じっていう人は、おそらくいないでしょう。それでもイイ。ただパチスロ トータル・イクリプスの開発陣には、心から最大級の賛辞を贈りたい。