「花の慶次 雲のかなたに」赤保留でキセル、7テンという激アツ演出がまとめてきたが……

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第53回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

前回のコラムで俺の悲惨な状況が公開されるやいなや励ましのお便りが届きました。その中に「去年も節分前に苦労してません?」というメッセージがあったので、俺はこう返しましたよ。

「俺、12月と1月は天中殺ですねん」

今時、天中殺なんて言葉を知らない読者さんの方が多いでしょうが、要は運気がすこぶる悪い状態って感じです。ほんまに毎年、この2ヶ月はいまいち波に乗れないので警戒はしてるのですが…今年はいよいよほんまもんの天中殺かもしれません!

泥沼の連戦連敗にとりあえずのピリオドを打てたという明るい兆しもあるにはあったんですが、だた…その初勝利金額というのがたったの1Kですからね! その後も10K超えの勝ちはまったくなく、もうパチンコを打つのが嫌になってきましたよ。

でも、明けない夜はない、止まない雨はない! と自分に言い聞かせ、今日もカラ元気全開で家を出たのです。


2017年01月16日(月)

狙い台は先週に引き続き「CR花の慶次X〜雲のかなたに〜」。この台、演出部分は初代慶次を継承していますが、俺のお手打ち台は初代機と同様に「弱め打ち」ですこぶる回ってくれるので、先週もドップリとハマっています(負けじと回転数の方もね!)。

ちなみに本日は、稼働スタートが15時とかなり遅くなってしまいました。前日にパチンコオリジナル必勝法の誌面企画があったため、毎週日曜日に更新しているブログやその他諸々の作業を月曜の午前中にスライドしたのがその主な原因です。決して天中殺に怯んだわけではないですよ。そして出遅れたとはいえ、梅田中心部の状況もしっかり確認してきました。


そして満を持していつものホールへ! 自分の中では松風に跨ったつもりでホールの城門(玄関入口)を突破しました。

『我、これより修羅(ハマリ?)に入る!』

もう慶次を打つ気まんまんです(笑)。

ま、正直言って内心はかなりビビってるんですけどね。また大きくハマって半泣きで帰るんじゃないだろうか、せっかく確変を引けてもワンセットで終わるんじゃないだろうか…。そんなネガティブな気持ちが俺の心の中から払拭されません。


しかしいざ打ち出してみると、その回転率のおかげでみるみるうちに自信が漲ってきました!

『5K入れて151回も試行できた!!』

いまのところ千円30回! この回転レベルを打ち続けたら相当な期待値になりますね。

回転率だけは落としてなるものかと、目の前で繰り広げられる演出はチラ見程度にとどめ、肩からヘソに流れる玉をじっと睨み続けます。途中、金の扇子や金枠セリフも発生していましたが、キセル予告が入らない時点でさっさと『これもハズレ』と見切り、すぐに元の視線に戻すという徹底ぶり! 気合入ってますよ!


そんな時、不意にRTC演出が始まりました。俺の中では『もう早よ終われ。うるさいだけやねん』なんて思っていたのですが…なにやら一発告知っぽいサウンドが? もしやと思い液晶に目を向けてみると…

『ん? これ、レインボーやんな?』

液晶上部の「花の慶次」ロゴ役物がレインボーに輝いています。しかしそこは天中殺ですから、これは壮大な「釣り演出」なのではないかと半信半疑に陥ってしまいました。そして最後までは信用ならん! と気持ちを切り替え液晶を見ていたものの、2台隣で打っているお兄ちゃんが先ほどの音に反応したのか、身体を盛大に仰け反らせてまでこちらを覗いてくるので、さすがにこれは当たったんやなと思いました。そこでようやくスマホのカメラ機能を立ち上げます。


『お〜、直江兼続! これって初代機でもアツい演出やったな〜』

実は今作で拝んだのはこれが初めてです。


そして、結果は見事に大当たり! 結局あれが一発告知の音だったのか、はたまはレインボーだったのかどうか分かりませんが、何にせよ嬉しい確変大当たりとなりました。


入れた金額は9.5K。さすがに千円30回レベルは維持できませんでしたが、週明け早々に確変ゲットで幸先いいのは間違いない。

しかし年明けからの悪い流れを考えると、この程度で運気が回復するはずもありません。ここで高望みはよくないということで、まずはささやかなお願いから。

『頼む! とりあえず2400個の大当たりをっ!』

何を隠そう、不肖たいがー山本、この台で確変が3連以上したことがありません。今回も連チャンは期待薄でしょうから、とりあえず2400発の出玉を確保したい!


しかし、そんな気持ちをあざ笑うかのように、俺の心を挫かせる現象が起こっていたのです。

『あかん…どないやっても持玉が減りよる』

ちなみに、電サポ中はトラ打ちで消化していました。時短中でもないのになぜこんなことをしているかというと、確変中の大当たり確率が悪いので早く当てたいという気持ちが急くんですよね。まあ戻しが1個だという理由も大きいのですが。


『あかん。上皿に補充してもうたやん…』

みるみると出玉が削られる中、「ブオー」という法螺貝の響きが…。アツい演出がない中でのこの音は不気味な前触れにしか聞こえませんやん。

『わあ、やめて〜』

右打ち開始から既に400回を超えていたのですが、ここまでに「継続」が4回と、もうおしっこがチビリそうになってます。ここでまた敵襲来だったらさすがに守りきれないか…と覚悟したその瞬間、ほんまに襲来されました。そして、目の前で紅軍がバッサバッサと切り捨てられるのを呆然と眺めるしかありません。

俺の期待値はどこにいったのだろう? とボヤいていると、俺の隣で景気良く10連超えしているおばさまが確定音をじゃんじゃん鳴らしまくって神経を逆撫でしてくれます。

『俺の期待値はこの隣のおばちゃんに行ってるんか…』

羨ましくも恨めしく隣の台に目をやる俺。それでもまた黙々と試行を続けます。すると、なんと奇跡的に時短後87回転でまた大当たりを射止めたのです!


残念ながら単発大当たりでしたが。そして時短もあっさりとスルー…。


その後、当然のごとく全ての持玉が全滅。それでも高い回転率だけを頼りに再び現金投資を再開しました。

今日は早めの大当たりがあったので、少々の確率超えは覚悟せなあかんなと覚悟して打ち続けたものの、本心では『今日もまた負けるのかよ』という思いに憑りつかれています。


そしてあっという間の確率線超え。やっぱりなと思いながらもこの台で一番ムカつくことをこのコラムで書いてやろうと思い、この演出が出たところでカメラ機能を立ち上げました。


これ、俺はめっちゃ期待してプッシュするんですよ。青保留なら残念ですが、緑保留なら更に成長するんじゃないかと期待します(成長したことないですけどね)。

なのに、プッシュした途端にガシャンと壊れるというのはいただけません。俺の期待した気持ちを返してくれって気持ちになるのです(笑)。


無事にこの画像をカメラに収めた後、ガシャンと壊れる画面を想像しながらプッシュすると…


思わず声が出ましたわ! 初めて赤保留が出た!

しかも…


七テンしてキセル演出まで発生したのです!!

そしてこの結果は…








はいっ! やっとこさ当たりましたよ! 追加投資金額はジャスト10Kです。

回転レベル、また落としちゃっていますが、なんとかこの確変大当たりをモノにしてやるぞと気合を入れ直しました。

『これまで欠損した期待値は必ず返ってくる! それが今やっ!!』

モードは一発告知を選択。嬉しいことに早い回転数で2回も告知が入ってくれ、なんだかほんまになんとかなりそうな気がしてきました。


…が、また300回超えしたなと嫌な気がした途端にあっさりと紅軍が敗北。殿を必死で務めましたが、これまたあっさりスルー…。

その後、少しだけ打ち込みましたが、定刻までまだ時間はあった中で「負けないパチンコ」にこだわるという名目で撤収することに。


『また今日もショボイ勝ちやけど…。まあ、いっか…』

今年になってまだ日当確保をしたことがない俺。いったいどうしたんでしょうね。俺の積み重ねた期待値はどこに行ったのでしょう?

ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!



【CR花の慶次X 雲のかなたに L2-V】
大当たり…1回

稼働時間…15:00〜20:30
投資…19500円
回収…21000円(3.3円)
収支…+1500円