麻雀格闘倶楽部2 周期ゾーン狙いでARTを射止める

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第45回
著者
クボンヌ/二星しょうた/畑ヒロフミ
非常に遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。編集Sです。

さて、個人的には新年一発目のコラムでこんなことを書くのも気が引けるのですが…僕の財政事情が非常に厳しくなっております。貯金がみるみる減って口座の残高が危険水域です。

それもそのハズ。大晦日にパチスロコラムであるにも関わらず『ポケモンGO』にハマっていることを書かせていただいたのですが、コレに結構お金を使ってしまったんですよね。ゲーム内への課金はもちろんのこと、レアなポケモンに出会うための交通費などで〇〇万円ほど(金額はご想像にお任せします)。

元々、僕は何かにハマってしまうと極端に視野が狭くなって夢中になりすぎてしまう性分なんですよ。ただ…このままではさすがにイカンと。「緩みきった財布のひもをガッチガチに縛って無駄な出費を抑えよう!」と断固たる決意で2017年を迎えたのですが…ある日のこと。

我が愛車である「黒王号(※チャリの愛称)」に乗って、自宅付近を走ってたんですよ。そしたら、後輪で何かを轢いた音がしましてね。「なんだろう?」と引き返してみると…


自分のスマホでした。

液晶がバッキバキに割れてました。

人間ってあまりにも想定外なことが起きると混乱して何も考えられなくなるんですね。現実を受け入れられないというか…。

その後はいつも通り帰ったのですが、自宅でゲームをプレイしている時に液晶の亀裂で指を負傷しまして。ここで初めて「新年早々、なんてツイてないんだ!!」と負の感情が爆発したのであります。

っていうか、何でジャンパーに入れてあったスマホが後輪で轢かれる位置に落ちるんだよ。ありえねぇだろ、なんで…(泣)。


こんな感じで防げた(かもしれない)無駄な出費にテンションだだ下がりの編集Sですが、いつも通り実戦は真面目にやってまいりました。では、実戦結果報告に参りましょう…。


実戦結果
※注釈がない実戦データは50枚貸し出し→等価交換のホールで実戦

【戦国乙女2〜深淵に輝く気高き将星〜】
打ち始め…650G
ヤメ…52G
投資金額…10000円
流した枚数…189枚
換金額…3500円
収支… -6500円
※47枚貸し出し→53枚交換のホールで実戦

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜III】
打ち始め…741G
ヤメ…23G
投資金額…9000円
流した枚数…867枚
換金額…18400円
収支… +9400円
※47枚貸し出し→等価交換のホールで実戦

【マジカルハロウィン5】 ※PICK UP!
打ち始め…157G
ヤメ…65G
投資金額…9000円
流した枚数…2256枚
換金額…45000円
収支… +36000円
※錬金ポイント狙いで実戦

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜III】
打ち始め…756G
ヤメ…31G
投資金額…14000円
流した枚数…38枚
換金額…500円
収支… -13500円

【北斗の拳 修羅の国篇】
打ち始め…563G(17連敗)
ヤメ…22G
投資金額…4000円
流した枚数…435枚
換金額…8500円
収支… +4500円

【北斗の拳 修羅の国篇】
打ち始め…17G(17連敗)
ヤメ…20G
投資金額…6000円
流した枚数…782枚
換金額…15500円
収支… +9500円

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆】
打ち始め…63G(BC9スルー)
ヤメ…BC後1G
投資金額…3000円
流した枚数…1156枚
換金額…23000円
収支… +20000円

【バジリスク〜甲賀忍法帖〜III】
打ち始め…1173G
ヤメ…11G
投資金額…2000円
流した枚数…299枚
換金額…5500円
収支… +3500円

【北斗の拳 修羅の国篇】
打ち始め…770G
ヤメ…16G
投資金額…2000円
流した枚数…240枚
換金額…4500円
収支… +2500円
※47枚貸し出し→53枚交換のホールで実戦

【麻雀格闘倶楽部2】
打ち始め…414G(11周期)
ヤメ…31G
投資金額…2000円
流した枚数…541枚
換金額…10500円
収支… +8500円

【犬夜叉】
打ち始め…91G(ART間1604G)
ヤメ…ART後1G
投資金額…8000円
流した枚数…131枚
換金額…2500円
収支… -5500円

【麻雀格闘倶楽部2】
打ち始め…95G(3周期・夕方背景)
ヤメ…119G
投資金額…1000円
流した枚数…0枚
収支… -1000円

【麻雀格闘倶楽部2】
打ち始め…425G(11周期)
ヤメ…465G
投資金額…2000円
流した枚数…30枚
換金額…500円
収支… -1500円

【麻雀格闘倶楽部2】
打ち始め…1023G(27周期)
ヤメ…11G
投資金額…7000円
流した枚数…1133枚
換金額…22500円
収支… +15500円

▼TOTAL収支
狙った台数…14台
総投資金額…79000円
総換金額…160400円
収支… +81400円


考察

今回は最近お気に入りの麻雀格闘倶楽部2(以下、麻雀2)について考察していこうかと。前作はゾーン狙いで立ち回りやすい機種として記憶に新しいですね。もちろん、麻雀2も同様の立ち回りが有効となっております。

まずはART抽選システムについて簡単にご説明を。麻雀2のART当選契機は複数存在しまして…

【麻雀2・ART当選契機】
[1] 成立役による抽選
[2] CZ中の抽選
[3] 周期天井到達
[4] ロングフリーズ発生

大半が [1] [3] のいずれかとなっております。通常時は周期で管理されてまして、1周期消化までに要するゲーム数は約40G。消化中は成立役を参照してART抽選が行なわれますが、抽選の詳細は機種ページを見ていただけると幸いです。今回、僕が最もフォーカスしたいのは到達すればART確定となる『周期天井』。

周期天井は最大33周期となってますが、他にも選ばれやすい周期数が存在しまして…

周期天井振り分け(設定1)
周期数 選択率
1周期(1〜約40G) 2.0%
2周期(約40〜80G) 0.4%
3周期(約80〜120G) 7.0%
5周期(約160〜200G) 0.4%
7周期(約240〜280G) 7.0%
11周期(約400〜440G) 10.2%
22周期(約840〜880G) 25.0%
33周期(約1280〜1320G) 48.1%

ご覧の通り、3・7・11・22周期が振り分けの濃い『チャンス周期』となっております。ただし、22周期目は最大天井まで近いので、ART当選まで打ち切るべき。

なので、3・7・11周期のどれを狙うのか…となりますが、僕は基本的に11周期狙いオンリーで立ち回ったほうが良いと考えています。振り分けは約10%と心許ないですが、実際は他の契機でもART抽選が行なわれているのでヒット率も上がるハズですし。


では、11周期目をどのようにしてピンポイントで狙うのか。そのために欠かせないのが「通常時のステージ」。前作と同様に液晶ステージをチェックすれば現在の周期数を正確に把握できるのです。データ表示器が400〜440Gで放置されている台を見つけたら確保してコインを1枚入れてみてください。


ステージが『チチェン・イッツァ』だったら10周期目、『イエローストーン国立公園』だったら11周期目。コインを入れてこれらのステージならばゾーン狙いのチャンスとなります。

また、先ほど"基本的に11周期狙いオンリーで立ち回るべき"とお話しましたが、例外も。ステージは基本的に昼背景ですが、チャンス周期のみ夕方・夜背景となる可能性があります。背景は周期天井到達期待度を示唆しており、夕方背景ならばART期待度50%、夜背景ならば周期天井到達=ART確定です。


なので、チャンス周期のなかでは振り分けが少ない3・7周期(対応ステージは前者が「尾瀬」、後者が「イグアスの滝」)でも背景が夕方or夜だったら激アツ。少ない投資でARTを射止める大チャンスなので、見逃さないようにしてくださいね。


最後にヤメ時について注意点をいくつか挙げます。

まず、チャンス周期狙いがスカった場合は必ず次周期開始時の演出をチェックしましょう。麻雀2は『イベント対局』というART関連の抽選が優遇される状況がありまして、CZやバカンスモードなどがこれに該当します。イベント対局は必ず周期開始時に告知されるので、突入した場合は当該周期終了まで回したほうが良いでしょう。

対して、ARTを勝ち取った場合はいつヤメるべきなのか。ART終了後はリプレイ高確率状態となってまして、ベルこぼし目or転落リプレイ(停止形は中段リプ・リプ・スイカ)で終了します。このタイミングでヤメればOK(イベント対局を除く)。

ここで注意していただきたいのが、リプレイ高確率状態は ベルこぼし1枚役で転落しない …ということ。ハズレ目出現時は払い出し枚数のチェックを怠らないようにしましょう。ベルこぼし目の停止形については現在調査中ですが、ハズレ目+払い出しナシが連続したらリプレイ高確率状態から転落している…と考えて問題ありません。

また、チャンス周期狙いの成否を問わず注意していただきたいポイントがあります。それが…


MBの存在(9G継続・54枚獲得できるミニボーナス)。

右下がりにベル・ベル・リプと揃えばMB入賞となるのですが、入賞時はリールフラッシュなどの派手な演出が発生しないようです。そのため、MB入賞に気付かないケースも十分考えられますので、MBの停止形は必ず覚えてほしいですね。かく言う自分も遊技中に何度か見逃しそうになったことが…お恥ずかしい。


編集Sの麻雀2ゾーン狙い考察はこれにて終了。新基準機になってARTの出玉性能が低くなった今、投資額を抑えて立ち回れる機種はとても貴重だと思います。それにART当選時の演出…これが最ッ高に気持ちいいんですよ。読者の皆様もホールでチャンス周期の台を見つけたら是非ゾーン狙いで打ってみてくださませ!


PICK UP

【マジカルハロウィン5】
打ち始め…157G
ヤメ…65G
投資金額…9000円
流した枚数…2256枚
換金額…45000円
収支… +36000円


ある日、マジカルハロウィン5のデータ表示器をチェックしていると、錬金ボーナス2回→ART非突入台を発見。以前、二星がコラムで触れていた錬金ポイント狙いで着席してみることに。…というのは表向きの理由で、他にも理由があるんですけどね。


私、ローズ姉さんが大・大・大・大・大好きなんです。この人に逢うため、台が空くたびにしつこくデータ表示器をチェックしてるんですよ。そして、その機会が遂に巡ってきた…と。

ちなみに、編集Sの好みのタイプ(二次元)は

青髪[必須!]
ショートカットorポニーテール
おっぱいがでかい

につき、まさに「ドストライク」。理想の女性なんですわ。しかも、女王様気質の持ち主…最高だっ! 色々と虐めてほしいぜ。あと、ローズ姉さんの履いているパンツの色は個人的に黒だと予想しているのだが…どうなのだろうか。気になる。


さて、実戦の話に戻りましょうか。この日は早々と勝負所を迎えることになったのであります。9000円投資で…


魔界ステージに突入。ボーナス当選=スーパーカボチャンスなのでレバーを叩く手にも力が入るのですが…レア役を全く引けずにバトルへと発展してしまいました。

「もう、ダメだ…」と考えていると、



バトル中に次回予告発生→まさかの単独ボーナス(たぶん)。まさか、このタイミングで引けるとは。こんなに嬉しいことは無い…。



そして、パチスロ人生初のスーパーカボチャンスへ。残念ながら10連で終了してしまいましたが、



ストック分を消化している間にキンカボやら悪カボに突入してARTが大連チャン。そのおかげでローズお姉様の色々なお姿を写真で撮れたので大満足でござる。ボーナスがあまり引けなくて約2200枚で終わったけれども良いではないか、良いではないか。


後日談


実戦期間中の勝ち分でローズ姉さんのフィギュアを購入いたしました。編集Sは幸せです。これはコラム冒頭で触れた無駄な出費ではございませんのであしからず。