いますぐできるホールでの風邪予防とは?

シリーズ名
あさってにむかって打て! (毎週水曜日更新)
話数
第45回
著者
「「ふぇっ、ふぇっ、ふぅえっくしょんっ!! うぅ…ずびびび…」

担当編集・しゃっく(以下、し) 「ちょっ! 風邪でもひいたんですか?」

「「うん。昨日の晩あたりから、鼻水と咳とくしゃみが止まらなくて…」

「うわっ、声もガラガラじゃないですか。うつさないでくださいよ、ホントに」

「「そう思ってマスクはしてきましたけど…そんなに冷たくうつすなと突き放すなら、今週くらいは休ませてくれてもよかったのでは…」

「そういうのはやってないので」

「「いまさらそんなに念を押さなくても…アナタの性格はちゃんと分かっていますから(苦笑)」

「ならよろしい。…それにしても、風邪が流行っていますねぇ」

「「ザッと周りを見渡してみても、編集部内にも体調を崩している人が多いものね。まあ、パチ屋は空気があまりよろしくないところが多いから、しっかりと自己防衛をしておかないと、体調を崩すキッカケをもらいやすいですからね。特にいまの季節あたりは」

「僕はあんまり気にしてないんですけど、嵐さんはどういうことに気を付けてるんですか?」

「「そうだねぇ。まず、マスクは必ず装着していきます。マスクをするだけで、喉・鼻に対するダメージはだいぶ軽減されますから」

「最近はホールで着けている人が増えてますけど、あれはみんな風邪予防だったんですか?」

「「全員ではないと思うけど、多いとは思います。あとは、打ち終わったあとはもちろん、打っている最中もトイレに行くたびに、しっかりと手洗い・うがいをすると良いと思います」

「ええ? 嵐さんって手を洗ったりすんですか?」

「「なに、その失礼すぎる驚き(苦笑)」

「いや、嵐さんって、トイレに行っても手を洗わずに出てくるタイプだと思っていたので」

「「バカチン。アタクシは特別綺麗好きというワケではないけど、タオルタイプのハンカチだけは常に持ち歩くようにしていますので。だからちゃんと手も洗います。まあ、紳士の嗜みというヤツですよ」

「山賊みたいな顔して紳士とは…これまた一本取られました。ハンカチを持ち歩いているとは意外でした。でも、手を洗ったら機械式のジェットタオルより、ちゃんとハンカチなどで拭いたほうが良い…と最近はよく耳にしますよね」

「「ジェットタオルは雑菌が繁殖しやすいうえに、手を乾かすための突風でその菌が舞い上がるから良くないらしい…という説があるみたいね。ただ、殺菌するための電灯がついているタイプのジェットタオルもあるので、一概に良くないとは言えないと思うんだけど」

「雑菌みたいな顔した人が、菌がどうのこうの言っても全くもって説得力がないですね。アハハハ(笑)」

「「うるさいわっ! でも、アタクシもそこまで菌がどうこう…というのは気にしたことがないんですけどね。ただ単に、ハンカチを持ち歩く習慣をつけてみたら、普通に便利&快適すぎてヤメられなくなっただけです」

「そんなもんですか」

「「騙されたと思って持ち歩いてみたら、意外とハマると思うよ?」

「あとは、何か気に掛けていることってありますか?」

「「そうだな…適度に水分を取って、喉をなるべく乾燥させないようにするとか? あとは、アタクシは臭いが苦手なのであんまり使わないですけど、アルコール消毒もかなり効果的みたいです。最近はトイレや出入り口などに備え付けているホールも増えましたから、出入りがけに手にかけて、しっかりと揉み込んでから打ち始めたり帰ったりすれば、効果的な風邪予防になると思います!」

「アルコール消毒のボトルは本当によく見かけるようになりました。それにしても、嵐さんがそれほどまでに風邪予防に対して色々と気にかけていて、正直ちょっと意外でした。ただ…」

「「ただ?」

「それでも風邪を引いていたら意味ないですけどね」

「「面目ねえ。この間、酔っぱらって自宅のソファーで腹を出して寝ていたら、朝方に凍死しそうなくらいに体を冷やしてしまった…というのが原因かもしれませんね」

「細かいことを気にする前に、まずはちゃんと布団で寝ましょうね」

「「面目ねえ」