打ち納めは思い出に浸りながら打つハズだったが、まさかアノ機種が打ち納めになるとは…

シリーズ名
運留のふっといでぇ (毎週土曜日更新)
話数
第54回
著者
運留
新年も明けて早1週間。でも仕事初めから2日も経つとまた3連休が待っているとなれば、まだまだお正月気分も抜けないものです。

年末に紅白歌合戦見てしみじみしたと思ったら、年明けに酒喰らって寝っ転がりながら駅伝を見る。嗚呼バラ色の生活、年末年始。1年が365日あるから待ち遠しいわけで、いっそのこと1年を2日にしてくれれば毎日年末年始になるのにな〜、と夢想しているダメ人間運留です。今年もひとつよろしくお願いします。


さて、パチンコ打ちにとっての年末といえば打ち納めが重要な催し。打ち納めはパチンコへの感謝を込めて、お世話になった台を打ち倒す。はてさてワタシの打ち納めはというと、去年の12月29日。とある名古屋のパチスロ専門店にお仕事で赴き(コレ仕事納め)、ついでに5スロを触ったら


GODを引いて、さらにもういっちょGODを引いて、赤7とやらも引いて、てんやわんやの大忙し。最後は取りきれずに終了で7000枚オーバーの爆出し。5スロってことで3万勝ちで終了。やった〜!

つって、それでいいのか? パチンコ打ち。普段はほとんどパチスロを打たんクセに、たまたまお仕事のついででアナザーゴッドとやらを打ってわっしょいわっしょいピ〜ヒャララ。勝ったから良し、風呂入って寝よ、ではアカンでしょ!? パチンコ打ちとしては、同じアナザーでも最低限「アナザー牙狼」を打ってしかるべきではないか!?

と思ったワタシは12月31日、帰省先の大阪で久々に会う両親を家に残し、コレぞ最後の戦いとホールへ向かったのであった。


さあ、何を打とうか? 去年はMAX規制の年。前半お世話になったMAX牙狼の姿はすでにナシ。ならば後半に続々と出てきた新基準の目玉機種。沖海4、慶次、エヴァ、そしてルパンを吟味しながらパチ屋をブラブラしていく。

嗚呼、どれもこれも思い出深いな〜、なんつってひとりゆく年くる年状態で感慨に浸りながら座ったのは「CR新アレジン」。あのアレジンを完全復活させた2013年登場の機種だ。

おいおい、打ち納めはその年の思い出に浸りながら打つんやないかい! と自分で突っ込みを入れたくなる。確かに去年自分の中で新アレジンの思い出はほぼナシ。唯一あるとすれば浪速のガチプロ、たいがー山本氏が「むっちゃ回る台見つけた〜」つって、この新アレジンを打っていた現場にいたことくらい。

むっちゃ回るってどれくらいですのん? と聞けば「25回は余裕だぜ〜!」と決め顔で答える。いや、こいつのボーダーは3.5円で26回くらいですよと教えてあげたら、「どおりで回る思たわ〜」と悔しがっていたのを思い出します。

いや、この潜伏しまくりの台の魅力は回るか否かより、潜伏か否かを考えながら打つ事にアリ。ワタシの見つけた新アレジンは大当たり後30回転ヤメと、潜伏もあるかも的なデータだったんですよ。目の前にこんなデータが落ちてればもう打たなければいかんでしょ!? つって、打ち出すとソッコーで出玉ナシ当たりを引く。

おっ、早い当たり、ということは潜伏中だったかしらん? そして今はどちらかしらん? なんて具合にセグ判別をしないで潜伏か否かをドキドキしながらもう千円打つと、


出玉アリ当たり〜! しかもキュインキュインとパトランプが回転してラッシュ突入だ〜!


結果8連チャンで1万発超えのラッキーパンチ炸裂。3万ちょいの勝ちとなりました。

さ、はよ帰って紅白見よ! つって、運留の打ち納めは新アレジンにて終了したのでした。


ま、なんだかんだ言って勝てば嬉しいパチンコライフ。おかげで年末年始は楽しく過ごせました。

はよ、年末年始が来んかしらん!?