016年 私の3大ニュースは「異動・バリウム・完結」

シリーズ名
F山科の自堕落な日々 (毎週金曜日更新)
話数
第45回
著者
F山科
※年末年始特別企画「2016年 私の3大ニュース」というテーマで書いています

2017年になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。何事もなければ、今年もパチスロやパチンコの実戦記をつらつらと書いていると思いますので、よろしければ読んでやってください。

さて、新年一発目となる今回のコラムですが…なんでもテーマが決まっているとのこと。去年、つまり2016年で自分に起きた出来事のベスト3について書き綴ってほしいと。

パチンコやパチスロに関連してもいいのですが、それはいつも書いていることなので…仕事周りなどについて今回は書かせていただこうかと思います。


それでは、まず1位から。

大きな動きとしては、やはり"異動"でしょうね。2016年の5月を皮切りに、漫画誌であるパチプロ7とパチスロ7の編集長となりました。

昔から知っている人には、当時よく「おめでとうございます」と言われたものです。ただ、自分としては当初不安でしかなかったんですよね。

なぜなら、それまで攻略誌の編集作業、ビジュアルブックの制作、携帯コンテンツの作成など色々やってきましたが、漫画の編集というのは初体験だったので。一部お手伝いをしたり、友情出演してきたことはありますが、編集長として監修することはなかったわけです。

異動する前は、主にビジュアルブックの制作をほぼ一人で進行していたこともあったのですが、漫画の編集作業だと今でも苦労している部分が多々あります。特に漫画誌は作家陣に原稿を描いてもらってはじめて成立する雑誌なので、そのあたりも気をつかうといいますか。

すでに年齢も40歳。この職場で過ごしている時間が、もうすぐ人生の半分以上を占めようという時に、これは自分にとって大きな出来事でした。

すでに編集長になってから半年過ぎているので、今年は色々と動かなければいけない年になるでしょう。じゃないと、この会社にいられるかどうかも分からないし…ね…。


続いては3位。順番が前後してますがお許しください。

非常にくだらないですが「バリウム」です。2016年は40歳になったということで、健康診断でバリウムによる検査が加わりました。

検査を行なう10時間前からは水を含めて飲食禁止。その状態で発泡剤を飲み、さらにバリウムを流し込んで検査を行なうというものです。発泡剤もバリウムも、昔と比べれば味が付いて飲みやすくなったと言われています。たしかに不快な要素はなかったのですが、その後の検査がキツかったですね…。

仰向けになって、そこから全身をグルグル横回転したり、台の上で柱を握りながら斜めや逆さまになったりと。胃の中が異物で膨らんでいくのが、とてもキツかったです。

その分だけ、そのあと下剤を飲むために飲んだ水がとても美味しかったのを覚えています。この検査が来年もあるのかと思うと、少し憂鬱です。


最後に2位。


マジカルハロウィン5のビジュアルブックである、パーフェクトコレクションを制作したこと。このマジハロ5で、主人公であるアリスとローズの物語は完結します。

本自体は4月末に発売されてましたが、前準備として2014年末から物語の話自体はある程度うかがっていました。そしてシリーズを通してつながっていく物語性に、鳥肌が立ったものです。

なぜ、マジハロ2のカボチャンスで、下の帯に天使の翼と悪魔の羽根があるのか。

なぜ、アリスの父親であるグレンは、魔族であるセシルから魔力を分け与えられても無事でいられたのか(普通の人間なら絶命します)。

なぜ、10年前の事件でセシルはローズの母であるメリッサを襲ったのか。

他にもまだまだありますが、これらの要素が全てひも解かれる全7話のエピソードボーナスは圧巻でした。全部つなげたら、もはやアニメ一作品と同等のレベルです。

パチスロのオリジナルコンテンツでありながら、徹底した世界観とキャラクターの設定。その物語の完結に少しだけお手伝いできたことをとても光栄に思っています。

マジハロ2を制作した時から物語の全体像は決まっていたらしいので、それを小出しにしていくのは相当な苦労があったそうです。とはいえ、あくまでも終わったのはアリスとローズの物語。マジハロの世界観が終わったワケではありません。

2017年…今年は初代マジハロが出てから10周年を迎える年です。ファンの方々は何かしらのアクションが起こることを期待しているかと思います。私もその一人です。

パチスロが5号機になってから、衝撃的な面白さでハマったのが初代マジハロでした。また、あの時の衝撃が来ることを、待っております。