周年記念日はホールもチカラを入れる所が多いため来年は狙い目!?

シリーズ名
ホールサイン解読術 (毎週土曜日更新)
話数
第9回
著者
葛ヤスナリ
12月に入ってからは稼働メインの生活を送っています。というのも、12月というのはかき入れ時なんですよね。"ホールが"ではなく"自分の"です。

それはなぜか。12月頭からクリスマスくらいにかけて、グランドオープンするホールが多いので、それを回るだけで忙しいんですよ。


…なんて話じゃ当たり前すぎてコラムのネタになりません(笑)。

12月はグランドオープン以外にもう1つ、別の狙い目があります。それは、ホールの「周年記念日」。グランドオープンが集中するということは、必然的に「グランドオープンから〇周年」といった周年記念日も集中することになりますからね。


実は今年の3月から、ホールをチェックする際にはこの周年記念日ということも意識するように心がけていました。

というのも、ライターとしての仕事を始めたら「〇の付く日」といった定期的な特定日に、毎回参加するのが難しくなりまして。そうすると、どうしてもホールの傾向などを掴みづらくなってしまい、結果として狙い台の精度も下がってしまうんですよね。

そこで考えたのが、周年記念日狙い。

年1回の特定日なら、月数回ある特定日よりも設定配分が高くなるだろうし、狙い台の精度がそこまで高くなくても、何とか勝負になるのではないかと考えたわけです。


ということで、今年の3月からは周年記念日のリストアップを続け、50軒近くのホールの周年記念日に実際に打ちに行ったりデータチェックをしていました。

なかには周年記念日なのに状況は通常営業そのもので、べタピンに近いようなホールもありましたが、半分くらいのホールは来年も通えそうな設定配分だといった印象。店内のほぼ全台が設定6!? なんていうホールもありましたし、とりあえず周年記念日狙いの土壌は整いつつあると思っています。


さて、それじゃあ12月もこの流れで周年記念日をチェックしようと、知り合いの力も借りてリストアップしてみたら…候補となるホールが40軒も見つかっちゃいまして(笑)。さすがグランドオープン集中月間だなと。そして一軒一軒状況を確認しているわけです。

今までの傾向から、来年以降も通えるのは半分くらいでしょうけど、それでも十分すぎるくらいの軒数です。

また、今年もグランドオープンするホールは都内近郊だけで10軒程度はあります。この日程をメモしておけば、来年のその日はホールの周年記念日になるわけで…12月の候補ホールは増えていくばかりですね。


今までの自分なら12月はグランドオープンをメインに稼働していましたが、状況が良ければ来年からは周年記念日狙いに切り替えるかもしれません。

もちろん、周年記念日よりもグランドオープンの方が設定配分は恵まれている可能性が高いです。また、グランドオープンに参加してホールの状況を掴んでおけば、その後も継続して通いやすい利点もあります。

ただ、グランドオープンには入場整理券の確保に時間がかかってしまいますよね。

ほとんどのホールが事前に整理券を配るので、その日は整理券を手に入れるためだけに早く並ぶ必要があります。しかも、整理券を手に入れるまでグランドオープンの日程もわからなかったりするので、普段仕事をしている方は参加しづらいですよね。

ということで、グランドオープンの日程だけメモしておけば…来年の1周年記念日には設定6を掴めるかもしれませんよ。