既に年末回収モードに突入!? ということは年末年始に激回収しない……のか?

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第47回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

相変わらず腰痛を引きずっているのですが、かなりマシになってきたので、後は時間の問題だなと楽観視していました。しかしほぼ毎日の整骨院通いで治療費が嵩んでおり、腰の代わりに懐が痛くなってきましたよ。

最近のパチンコスタイルは少額での勝ち逃げばかり。このままでは経済的な危機にも見舞われかねない状況でもあるので、そろそろアクセル全開でぶっ飛ばしていきますよ!


2016年12月05日(月)

今週末は一般のサラリーマンに冬のボーナスが支給されるところが多いようです。そういうこともあり、例年この時期は俗に言う「ホールのエサ撒き」期間となるのですが、どうやら俺の環境はそうでもないようで…。どこのホールも、まるで今週で今年が終わるかのような超絶なマイナス調整ばかり。頼みの綱であるいつも通うホールさえ如実にそういった調整が見受けられるので、ここ最近は「ヒットアンドアウェー」に徹せざるをえません。

まあ、そう言えば格好がつくというだけで、実のところは腰痛が悪化しないよう短時間勝負に徹してたんですよね。とはいえ、そろそろしっかり打たないと本気で財布の中身が寂しくなってくるので、今日は打てると踏んだ台があれば全ツッパしてやるぜ! と意気軒昂に梅田巡回をスタートしました。


まず一店舗目を覗いてみたところ、ため息とともに店を出まして、続く二店舗目も「なんでみんな朝から打てるんやろ…」と首をひねりながらの退店。これだとどこも似たようなものだろうと、三店舗目は流し見でのチェックに終始してしまいました。

『これはもしかしたらこのままの調整で年明けを迎えるな。その代わり、ほんまの年末に激回収はしないということなのかも…』

そう解釈しないとこのヒドい状況は説明がつきませんよ。実際、ここ2〜3年は昔のような年末・年始の猛烈なマイナス調整は減ってますし。

これはあくまで予想ですけど、今の時代、ネットやクチコミ等の影響で「年末・年始は絶対に打ったらダメ」という風潮がかなり広く拡散されていますから、ホール側が「そうじゃないよ」と思ってもらうために年末・年始の回収目標を前倒しして分散させているんじゃないのかと思っているのですが…どうなんでしょうね。


梅田の状況から今日も厳しい稼働になるなと覚悟はしましたが、いずれにせよ俺は「釘さえ良ければ打つ」「勝てる要素が少ない台は打たない」だけです。そんな前向きな気持ちで巡回を終えて向かったのは…

『あいてててて…しかし酷かったな。去年の今頃はこんな感じやなかったのに。あ、いてててて』

勝負の前にまず整骨院で体のメンテナンス。先生に施術をしてもらいながらも色々と考えてしまいましたが、まあ、あれこれ考えるより行動やと思い、軽めのランチを摂っていつものホールに向かいました。


店内に入ってすぐに羽根デジのシマをチェックすると、先週と変わらない厳しい釘調整がそのまま残っていました。どうやら悪い予感が的中したようです…。

それでもんなんとかなりそうな台を探し出し、沖海3の羽根デジに着席。この台は見た目が厳しくても、ブッコミからかなり弱めな打ち方だと多少回るので、そこに賭けてみました。しかし、最初は千円22回で順調に推移していたものの、5K入れての試行が103回と伸びません。さすがに嫌気が差してブン投げてしまいました。

『1回くらい当たってくれても良かったのに…。つーか、ロクなリーチにもならんかったのが腹立つわ。それにしてもマジで回る台がないやんけ。今日は大晦日かよ…』

羽根デジに打てそうな台がないので沖海4のシマも覗いてみたのですが、良かった頃と比べると見た目の釘がかなりマイナス調整されているのでどうしても座る気になれません。ここまでの状況だと、打たないという選択師も考えなければなりません。


『…いや! どこかに少しはマシな台があるはず!』

そもそもこの日は「打てる台で全ツッパ!」を覚悟していたこともあり、弱気な気持ちを捨て去って日頃立ち入らないルパンのシマへ。そしてじっくりと釘をチェックしました。

『このヘソならそこそこ回るかも? なによりワープ入口がええぞ。これなら普通に抜けてくれるはず』

この台の特筆すべきところは「ステージ性能の良さ」。そのため必死でワープ入口の釘調整をチェックしていたわけです。こいつと対峙するのは今日で3回目ですが、これだけは絶対やと思います。

ただ、いつもは満席となるルパンのシマが半分しか稼働していませんでした。そのせいもあって、周囲の人が俺に「そんなに必死で釘を見たって回らんよ〜」と言っているような気がしてならなかったのですが、そんな思い込みが逆に俺に気合をくれたのかもしれません。ここから腰の痛みなど一切忘れて全力集中で打つことができました。


まず最初の千円で21回試行。次も21回。そしてこのあたりからステージ落ち待ちのタイミングを完璧に把握。

『おっしゃーっ! 28回じゃ、このままブン回したる!!』

まだ3回目の実戦ということで、予告とかリーチといった演出関係はあまり詳しくありません。この点に関してはオリ法DVDで観たものくらいしか知識がないので、擬似3連しただけで異常に期待してしまうという始末。おかげで大分煽られましたよ。

しかし「とにかくブン回せばなんとかなる!」と気合を入れ直し、ひたすら試行に専念。すると何やら期待感を煽るサウンドと共に保留が変化。どこまでアツいのか分かりませんが、とりあえず液晶画面に向けてスマホを構えてみると…


『赤タイトルくらいじゃダメか…』

そう思ったのと、周囲の視線が痛かったこともあり、構えたスマホをそっとポケットにしまいます。


…が、次の瞬間、手配書みたいなものに「TAMACHAN」という文字と平和のプレミアキャラのイラストが目に飛び込んできたのです!

『あ、あ、当たったわ。しかも赤図柄でテンパイしたやん!』

再びスマホを取り出し撮影開始。周囲の人から「何を嬉しそうに写真撮っとるねん。そんなもん当たらんわい」という心の声を浴びながらシャッターを押しまくる俺。これでハズれたら台をブン投げるほど恥ずかしいです。


良かったです。やっぱり玉ちゃんは見間違いではなかったようです。そして何が嬉しいって、僅か86回試行で大当たりしたのです。しかも確変!


こいつが順調に連チャンしてくれて…と、言いたいところですが、残念ながら5連で終了。しかしここで奇跡の時短引き戻しを成し遂げ、都合8連となり持玉は万発超え。

『最近の俺ならここで撤収やな(笑)。しかし今日の俺は違うのだよ、これだけ厳しい環境の中で見つけた回る台や。日当だけ確保してあとは全ツッパだ!!』

使った銭は羽根デジに5K、この台には4Kなので都合9Kなので…あ、日当分を確保してしまうとあとちょっとしか打てなくなってしまいます。

『日当半分でも良しっ!』

ここで軌道修正。強はあくまで強気です。


その結果、またまたRUSHに突入して日当2日分確保! なんて展開に期待しましたが…

『あかん。次の当たりは取れんかった。でも、なんか久しぶりに本気で稼働したって気持ちやな。日当確保も大事なことやけど、今日はええ稼働やった。満足、満足』

目論見は外れましたが、ほんまに納得いく稼働ができました。今日のこのシマでどの台よりも高回転率を叩き出したと思いますし。明日は一番に台を押さえるつもりですが、もしピンポイントで釘が触られるようなら旅(ホール変更)に出ようと思います(笑)。


ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!



【ルパン三世 Lupin The End】
大当たり…8回

稼働時間…14:00〜19:00
投資…9000円
回収…19000円(3.3円)
収支…+10000円