ホールを訴えるなら確信と覚悟が必要!やるなら心していかないと後々大変になるぞ

シリーズ名
現役ホールマネージャーだけど、なんか聞きたいことある? (毎週日曜日更新)
話数
第39回
著者
アタマキタ
先週の出玉に関する質問についてだが、読者の方から指摘があったので触れておきたい。多くの人が理解していると思ってスルーしてしまったが、誤解があると困るので基本的なことについて書いていこうと思う。

最近のパチンコで大当たり中に表示されるのは、「差玉」ではなく「総払い出し玉数」である場合が多い。たとえば北斗無双だと、賞球15個の10カウントで1R150発、これが16Rで2400発。オーバー入賞などがあればさらに増えていくことになるな。

しかし実際に払い出しを受けるためにはそれだけ玉を打ち込んでいるわけだし、ラウンド間に玉がこぼれればその分はロスになる。つまり北斗無双の場合で言うと、液晶表記が2400発になっていても、増加分の出玉は14個×10カウント×16Rで2240発ということだ。

最近はおまけ入賞口なども増えて総払い出しは増える傾向にあるが、実際の純増玉数はそれほど増えていないという場合もあるので注意したい。


それでは今週もみなさんの質問に答えていくぞ!



【ゆうまパパさんの質問】
自分の行ってる店の北斗転生のある台が朝イチ900あべしちょうどで当たります(天破経由で確認)。最初は偶然だと思っていましたが、自分が確認しただけでも6回はあります。リセットか据え置きは分かりませんが、朝イチ最初の当たりが毎回900はさすがに店側が何かしてますよね? 警察に相談したほうがいいですか?


【回答】
朝イチ900あべしジャストなんて、不思議なことが続くもんだと感心していたが、これをもって店が何かしていると考えるのは早計だと思う。ふとしたことでホールに不信を抱く場面というのはあると思うが、店側にどんなメリットがあるのか? という部分は冷静になって考えた方が良いだろう。

今回の例だと、あべしの回数は実際の回転数とは関係ないわけだから、900ジャストということなら確率として特別に辛くしているわけではないだろう。従って意図的にこのようなプログラムを組んでサブ基盤などを改造しても店にとってメリットはなく、リスクばかりを抱えるような気がするな(もちろん改造ができるかどうかは別問題で、あくまで改造できるとしたら…という前提で書いている)。

よって店がなにかしているというのは、まずありえないだろう。もし何かあるとすれば、ゴト師に機械をイタズラされたか、単純な機械のバグと考えるのが自然だと思うが、それらも相当なレアケースだと思われる。もしそれでも気になるようだったら、店舗のスタッフに聞くか、またはメーカーに直接問い合わせた方が良いと思う。

もし実害があると感じたなら、被害届を出して警察に調査してもらっても良いが、その場合は覚悟が必要だろう。結果として異常が認められなければ、ホール側は今後の単純な嫌がらせなどを防ぐためにも損害賠償を求めてくる可能性が高いからだ。仮に調査などのせいで稼働を3週間停止させたとすると、その21日間の売り上げとして少なくとも100万円程度の補償、そして風評被害として追加の請求まであると考えるのが妥当だ。

ホールの片棒を担ぐわけではないが、やるなら心して行かないと後々大変になる。それくらいの確信があるかどうかってことだろうな。ま、手っ取り早いのは、信用ができないホールには行かないという防衛策をとることではないだろうか。



【take2さんの質問】
初代まどか☆マギカの実機が欲しいです。撤去が進めば中古価格も値崩れして手に入りやすくなりますかね?


【回答】
市場で認められている機械には検定期間というものがあり、初代まどか☆マギカは登場からまもなく3年ということで、もうすぐこの台の検定が切れてしまう。

検定切れとなると新たな増台などが不可能となるため、極端に需要が減少するだろう。当然、そうなれば一気に値段が下がるはずだ。恐らく来年1月には値崩れするだろうから、もう少し待った方が良いだろうな。



【トイレのはなおさんの質問】
よく行くホールのトイレの入り口に最近、イタズラ防止のためか監視警備強化実施中の貼り紙が…。これって防犯カメラを設置してるんでしょうか? プライバシーの侵害にはならないんですかね?


【回答】
監視警備強化実施中と書いてあっても、さすがにトイレ内にカメラをつけているということはないんじゃないかな。もし設置したとなれば…確かに「プライバシーの侵害」になる気がするよ。そんな貼り紙に抑止効果があるとは思えないので、今すぐ外すべきだと思うけどな。



【ローリングマシーンさんの質問】
スロとパチの2点で質問があります。まずはスロですが、私の住んでいる地区ではかなり前から、「ホールスタッフによる目押しをお断りします」という貼り紙による告知がされています。その理由として、「法令により」とか「コンプライアンス」となっていますが、この法令というのは風営法でしょうか? 以前は目押しもホールのサービスだったように思うのですが…。

私は1.5号機の頃から嗜み始め、今でもユニバ系のAタイプでビタ押しを楽しんでいる58歳のジジィですが、目押しに苦労されている年配の方が結構いるので何か納得がいかなくて。

次にパチンコについてですが、私は昔から「羽根物」「一般電役」「権利物」が好きで良く打っていました。しかし最近はどこのホールも、いわゆる「セブン機」ばかりで寂しい限りです。アタマキタさんのホールでは上記の3種類はどういった位置付けでしょうか? また、アタマキタさんは想い入れとかはありますか?


【回答】
まず目押しサービスが禁止されている理由だが、まさに風営法の解釈だ。簡単に言うと、本来その遊技者が続けて打った場合と目押しを手伝ってもらった場合とでは違う結果をもたらす可能性がある…ということだろう。

これは固定ハンドルが禁止されていることと原理的には同じ。パチンコは玉を打つ場所によって結果が違ってくるわけだが、ハンドルを固定してしまうとその差がなくなりかねない。目押しサービスも同様の可能性があるため、もし店側がやってしまうと…建前上は完全にアウトだ。

うちの店の場合は、目押しのできる常連客に店員が頼みにいって代わりに押してもらうようにしている。厳密に言えばこれもアウトになる危険性があるけどね。


もう一つの「羽根物」「一般電役」「権利物」の位置付けだが、俺は非常に大切だと思っている。店内を見回しても、似たようなセブン機ばかりだと、どうしてもやる気が失せてしまうからな。

とはいえ、機種の多様化が求められているという現実はあるものの、プレイヤーへの訴求度が小さいという部分からどうしても販売台数は少なくなってしまう。メーカーからすれば作っても儲からないということだ。となれば必然的に熱心に開発するメーカーは少なくなってしまうよな…。可能性を信じて、もっともっとセブン機以外の開発に力を注いで欲しいのだが。



質問を送る